長野県のりんご農家を舞台!映画『実りゆく』上田市でアンコール上映舞台挨拶

2020/11/30 15:08

映画『実りゆく』上田市でアンコール上映舞台挨拶

S__273104908-(002)

堤幸彦監督や大根仁監督を擁するオフィスクレッシェンドが主催する「MI-CAN 未完成映画予告編映画大賞」は、未だ存在しない映画の予告編だけを制作し、グランプリ受賞者には映画化の権利が与えられるという企画。

3回大会(2018)で“堤幸彦賞”と“MI-CAN男優賞”を見事受賞した「実りゆく長野」は、芸能事務所タイタンのマネージャー八木順一朗が企画・監督し、若手漫才コンビ“まんじゅう大帝国”竹内一希が主演を務める異色作。

その後、主演・竹内一希×八木順一朗監督の再タッグで映画撮影が長野県で開始され、田中要次、三浦貴大、小野真弓、山本學など日本映画を代表する俳優陣も集結し、さらに島田秀平や爆笑問題が本人役として特別出演。可笑しくも深みある人間模様が楽しめる作品として映画『実りゆく』が、10月2日(金)より長野県先行公開、10月9日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開されている。長野県のTOHOシネマズ上田では、好評につき、アンコール上映がスタート、123日(木)まで上映される。

1128日(土)には、アンコール上映を記念して、長野県・TOHOシネマズ上田で舞台挨拶が行われ、太田光代エグゼクティブ・プロデューサー、メガホンをとった八木順一朗監督が登壇した。

映画の舞台となった長野県でのアンコール上映が決定したことを受け、太田エグゼクティブ・プロデューサーは、「この作品には、美しい“ふるさと”の姿がたくさん詰まっています。今、コロナですぐに移動できる時ではありませんが、ぜひこの作品をご覧いただき、ふるさとの良さを実感していただけたら幸いです」と作品の魅力を伝えた。

続いて八木監督は、「一度は上映が終了したものの、皆様からのお声でこうして再上映させていただけることになりました。この作品は、本当に長野県の皆さまに支えられた作品だということを実感しております。短い期間ですが、さらにたくさんのお客様にご覧いただければと思っておりますので、宜しくお願いいたします!」と笑顔とともに力一杯頭を下げた。

本作は、長野県のりんご農家を舞台に、“母親の死後、笑わなくなった父親を笑顔にしたい”という秘めた想いを持つりんご農家の跡取り息子・実が、父親の願いとりんごに背きながら、お笑い芸人になる夢を諦めずに目指していく姿を描いた青春物語。また、撮影中の2019年、台風19号が長野県を直撃し豪雨被害に見舞われた経緯から、映画の力で長野の魅力を伝え、復興に導けたらという想いも込められている。

 

 

関連記事


Page Up