岩田剛典&新田真剣佑 映画『名も無き世界のエンドロール』メイキングカット解禁!

2021/1/21 18:00

岩田剛典&新田真剣佑 映画『名も無き世界のエンドロール』

【1_21(木)18時解禁】名も無き世界のエンドロール_メイキングカット(1)

主演・岩田剛典、共演・新田真剣佑が表裏一体のバディを演じるサスペンス・エンタテインメント、映画『名も無き世界のエンドロール』(1月29日(金)全国公開)のメイキングカットが解禁となった。

何よりも強い絆で結ばれた幼馴染みのキダ(岩田)とマコト(新田)。2人は10年もの歳月をかけて、表と裏それぞれの社会でのしあがり、住む世界の違うある女性に近づき、プロポーズをしようとしていた。だが実はそれは、日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だった—。

本作は、過去と現在が激しく行き来しながら物語が進み、ラストの20分で真実が繋がっていくという仕掛けが見所。今回解禁されるのは、過去パートである学生時代の一幕と、日本中を巻き込んだ”ある壮大な計画”を実行する為に2人がそれぞれ”闇の交渉屋”と”実業家”へと変貌を遂げた現在パートの撮影現場を押さえたもの。

 

【1_21(木)18時解禁】名も無き世界のエンドロール_メイキングカット(2)【1_21(木)18時解禁】名も無き世界のエンドロール_メイキングカット(3)【1_21(木)18時解禁】名も無き世界のエンドロール_メイキングカット(4)

佐藤祐市監督は「過去と現在の違いを表現するために、大切な思い出が詰まった過去のシーンは”暖色のアンバー系”に、ある壮大な計画に向かって邁進する現在を”寒色のブルー系”のトーンで撮影しました」と語る通り、学生時代1枚とその他の写真を比べると色のトーンの違いが見てとれる。また、学生時代の楽し気なムードから一変、真剣な顔つきへと変化した窓の外を見つめるふたりの表情で、現場の雰囲気も衝撃のラストシーンの撮影に向かうにつれて緊張感が高まっていったことがわかる。

 

 【1_21(木)18時解禁】名も無き世界のエンドロール_マコトの部屋

併せて、計画の準備を進める基地となる現在パートにおけるマコトの部屋全貌もお披露目。”過去”と”現在”の色彩の違いは美術セットにも反映されており、マコトの部屋はカーテンやソファー、絵画まで青系で統一されている。成功を収めたマコトは、誰もが羨む一等地のタワーマンションで暮らすが、部屋はどこか冷たくさみしい雰囲気が漂う…。岩田と新田の熱演はもちろん、ふたりの心情を反映した空間と工夫を凝らした映像にも注目だ。

 

映画『名も無き世界のエンドロール』
1月29日(金)全国ロードショー、「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」は映像配信サービス・dTVで1月29日より【全3話】独占配信
©️行成薫/集英社 ©️映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
配給:エイベックス・ピクチャーズ

関連記事


Page Up