尾上松也、百田夏菜子、石田ニコルが和装で登壇、それぞれを褒め合い!映画『すくってごらん』スペシャルイベント

2021/3/2 21:57

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

尾上松也が初出演し、ももいろクローバーZの百田夏菜子が初のヒロイン役を演じる世界初!?の金魚すくい映画『すくってごらん』(3月12日(金)公開)。「3月3日金魚の日」にちなみ、その前日の3月2日(火)、日本橋・アートアクリアム美術館「金魚の杜」にて“プレ金魚の日スペシャルイベント”が開催され、尾上松也、百田夏菜子、石田ニコルが、映画の世界観さながらの和装で登壇した。

 

319A2500s

本作は、大谷紀子の同名コミックが原作で、とある失敗で左遷されたプライドは高いがネガティブな銀行員・香芝誠(松也)が、都会から遠く離れた地で出会った「金魚すくい」を通じて、思いもよらない成長をしていく物語。ヒロイン生駒吉乃を百田が、香芝に思いを寄せているカフェ店員・山添明日香を石田が演じている。

 

319A2311s

冒頭、松也は「2年前に撮影して、いろいろ心配される状況になっていましたが、無事公開を迎え、こうして素敵な金魚に囲まれ、挨拶できることをうれしく思っています」と満面の笑顔を浮かべた。

オファーを受けたときの印象について、松也は「最初原作を読ませていただいたときは大変面白かったのですが、いざ脚本を読ませていただいたら全く訳が分からなかったです。この映画はいろいろなエンタメ要素あって、急に歌が入ってくるのは全く予想がつかなくて、脚本を読んだだけでは全くイメージしづらかったです。この人(監督)は大変なことをしようとしているんだと、違和感と強烈な共感を持ちまして、なんとかこの映画を形にしようと思いました」と述懐した。

 

319A2317s

百田は「ミステリアスな女性という役で・・・、それは私でいいのか?自分で大丈夫かなと。でも、私も想像できなかったこの世界だからこそ、飛び込んでみたいなと思いましたし、飛び込んでみて本当によかったなと思っています」と満足げに語った。

そして、石田は「金魚すくいにはこんな奥深さと美しさがあるのかと思いました。そのあと台本を読んだら、また違う構成の新しい風を感じるなと思って、どんなふうになるんだろうってドキドキワクワクし、自分がその作品の一部になれることをすごく楽しみにしていました」と振り返った。

 

319A2333s

二人の印象を聞かれた松也は百田について「切り替えがはっきりしている。撮影の合間にはふわっとしていて、始まった瞬間にスイッチが切り替わる。現場を明るくくれるし、役としてもその世界に引き込んでくれた」と、また石田については「一緒にいて安心感しかありませんでした。何にも動じないし、豪快に笑ったり・・・」と、「この二人に癒やされつつも引っ張っていただいたという印象です」と百田、石田を称賛した。

 

319A2389s319A2483s

百田は、「(松也とは)奈良での撮影では連日一緒で、すごく気さくな方だなと。そして、石田さんは本当に綺麗じゃないですか。私は気付かれないようにこっそり見ていました。何でこんなに足が長いんだとか、番宣でご一緒のときも後ろから見ていました」と二人の印象を語った。対する石田は「元々、ももクロのファンで、初めてお会いしたときに『うわぁ、お姫様がいる!』って思って、なんて可愛いんだろう。すごく明るくて、すごくしっかりしていらっしゃる。何でもやってくれる」と互いに褒め合った。

松也は「百田さんとは、毎日『山田さん、おはようございます!』」、百田が「え~、百田ですよ」と返す。松也が「これを延々とやっている。何度やっても返してくれるという対応力の良さに感服しました」とここでも称賛。また、松也は「(石田が)ゲームが好きなのでゲームのことを聞きまくりました」と石田ともコミュニケーションを取っていたことを明かした。

百田は、「(松也が)課金ゲームを止められずに悩んでいたので、救ってあげたいな。最近はどうですか?」と松也に問いかけると、松也は「撮影が終わったら自動的に止めました。あの期間だけ嵌まってしまって、大変な散財をしました」と苦笑していた。

“コミュニケーション能力が高いですね”というMCの問いかけに、松也は「僕ですか?全然ないです。ただ、コミュニケーションをとった方が、皆とやりやすいので・・・。でもビジネスです」と謙遜していた。

 

319A2363s

最後に、松也は「この映画は、笑いあり、楽あり、感動ありの唯一無二の作品です。そして、風景、金魚、音楽が素晴らしい。絶対に映画館で見るべきです。皆さん見ていただいて、明るい気持ちになっていただける。映画館に何度も足を運んでいただきたいと思います」と締めくくった。

 

319A2554s

 

本イベントは2部構成で行われ、ムービー向けの第1部では、松也が劇中歌「この世界をうまく泳ぐなら」を唱いながらの登場。松也は百田と石田に、「(印象は)特にないかな?」と問いかけると、二人は「あのときの思い出が蘇ってきました」と返す。松也も「(映画では百田と)二人で唱ってきて、不安でしたが、気持ち良かったです」と満足そう。

三人の衣装について、松也は「映画ではグレーのスーツだったことにちなみ、同系統のカラーでそろえ」、百田は「金魚のイメージで作っていただいた」、石田は「映画で着用した紫の浴衣に合わせ、紫ベースの着物に。大人っぽく、大正ロマン風にしました」と説明した。

また、劇中での音楽に触れ、松也は英語でのラップ、百田は初挑戦のピアノ、石田は初ギターに挑戦。それぞれが手応え充分に演じていたことを明かしていた。

見どころたっぷりの映画『すくってごらん』は、3月12日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開される。

 

関連記事


Page Up