ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』 フレッシュな姿を切り取ったイメージビジュアルが完成!

2021/4/15 17:22

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』 イメージビジュアルが完成!

GroupB-087_re-6-(002)

photographer LESLIE KEE(SIGNO)

 

2011年に誕生した、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』<日本オリジナルバージョン>。以来、上演の度にキャスティングが大きな注目を集めるこのメガヒット作が、2019年以来2年ぶりの上演となる今回、記念すべき10周年を迎える。

本ミュージカルは〝ティボルトの従妹ジュリエットへの密かな恋情〟〝ロミオに恋人の死をベンヴォーリオが伝える〟といったオリジナルの設定を加え、登場人物の葛藤をより繊細に描き出した。特に全編を通じて登場する〝死のダンサー〟の存在感は強烈で、これによって愛と死、破壊と再創造といった哲学的テーマを表出させた点も大きな特長となっている。

ロミオ役に今回配されたのは、黒羽麻璃央と甲斐翔真という気鋭の若手たち。2019年の本作上演ではマーキューシオ役として、若さの危うさを瑞々しく表現した黒羽は、昨年ミュージカル『エリザベート』の暗殺者ルキーニ役、ミュージカル『るろうに剣心 京都編』の志々雄真実役と次々難役に抜擢され(いずれも公演中止)、次代を担うと期待される注目株だ。一方の甲斐は、昨年『デスノートTHE MUSICAL』で初舞台にして主人公・夜神月役を堂々務め、その後大役に挑み続けている、今がまさに伸び盛りの新星である。

一方のジュリエット役には、伊原六花と天翔愛というフレッシュな二人を大抜擢。伊原は、2018年よりドラマ・CMで活躍するほか、昨年は『ウエスト・サイド・ストーリー』Season3のマリア役(公演中止)にも配され、これからが楽しみな逸材。一方の天翔は、現在は音楽大学で実力を磨きながら、夢であるミュージカル出演を叶えたシンデレラガールで、その歌声と演技力に期待が高まる。

この度、そんな4人の、今だからこその若々しく爽やかな姿を切り取ったイメージビジュアルが完成!解禁されたイメージビジュアルは、ロミオ役の黒羽、甲斐、ジュリエット役の伊原、天翔の4人が一堂に会し、まさにフレッシュな今の瞬間が切り取られた1枚となっている。

演出を担うのは、『エリザベート』『モーツアルト!』など手掛けた日本初演作は軒並み大ヒットし、近年では『ポーの一族』など〝名作の世界初のミュージカル化〟も成功裏に収めている小池修一郎。本作でも、迫力の歌とダンスで、若者の疾走感と感受性を巧みに表現し、2017年の新演出からは〝近未来を思わせる、破壊された世界で起こる物語〟という設定を据え、この世の荒廃と、その中でなお煌めく愛の崇高さを、より鮮明に浮かび上がらせた。

 

東京公演 2021年5月21日(金)~6月13日(日)  TBS赤坂ACTシアター
チケット一般発売   2021年4月10日(土)より発売中
チケット料金          S席13,500円 A席9,000円 B席5,500円
お問合せ 梅田芸術劇場 0570-077-039 (10:00~18:00)
主催       TBS/ホリプロ/東宝/梅田芸術劇場

大阪公演 2021年7月3日(土)~7月11日(日)  梅田芸術劇場メインホール
チケット一般発売   2021年4月10日(土)より発売中
チケット料金          S席13,500円 A席9,000円 B席5,500円
お問合せ 梅田芸術劇場 06-6377-3800 (10:00~18:00)
主催       TBS/ホリプロ/東宝/ABCテレビ/梅田芸術劇場
協力       FM802/FM COCOLO

名古屋公演 2021年7月17日(土)~18日(日)   愛知県芸術劇場 大ホール
チケット一般発売   2021年5月予定
チケット料金          S席14,000円 A席9,500円
お問合せ 中京テレビ事業 052-588-4477 (平日11:00~17:00/土・日・祝日 休業)
主催       中京テレビ放送

関連記事


Page Up