フロリアン・ゼレールの傑作『Le Fils 息子』 主演・岡本圭人で8月舞台上演決定

2021/4/21 15:57

フロリアン・ゼレールの傑作『Le Fils 息子』

★『Le-Fils-息子』メインカット-(002)

世界中から注目されているフランスの若手劇作家フロリアン・ゼレールの傑作『Le Fils 息子』が8月30日(月)東京芸術劇場 プレイハウスでの公演を皮切りに、地方7都市で公演行われる。主演は岡本圭人、共演は若村麻由美、岡本健一ほかが出演。

フロリアン・ゼレール作の『Le Fils 息子』は、2018年にパリのシャンゼリゼ劇場にて初演され、フランス最高位の演劇賞であるモリエール賞にて最優秀新人賞を受賞、その後、世界13ヵ国で上演された傑作。「家族三部作」として始めに『La Mère 母』を、次に『Le Père 父』、締めくくりに本作『Le Fils 息子』を手がけた。

『Le Père 父』は、2019年に東京芸術劇場にてラディスラス・ショラーの演出で上演され、主人公・父アンドレを演じた橋爪功、アンドレの娘を演じた若村麻由美が演じ大いに称賛された。そして、『Le Fils 息子』は日本で初めての上演となる。

ゼレールの最も悲劇的で普遍的な作品と言われる『Le Fils 息子』は、思春期の絶望と不安に苛まれながら必死にもがく息子と、愛によって息子を救おうとする父親を描く、家族の物語。ゼレールと同世代で最も若く才能のある演出家の一人であるショラーの深い洞察と緻密な演出、人間の本質を描き出す演出力、そして世界中から高い評価を得ているスタイリッシュなステージが本作でどのように体現されるのか大いに注目される。

主人公・息子ニコラ役は岡本圭人。9歳でイギリス留学した経験もある英語力を生かし、18年よりアメリカ最古の名門演劇学校であるアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツに学んだ経験を生かし、鋭い感受性と華やかさを感じさせる居ずまいで、10代特有の繊細さと荒々しさを瑞々しく表現。本作が満を持して待望のストレートプレイ初舞台、さらに単独初主演となる。

ニコラの実母アンヌ役には『Le Père 父』で第27回読売演劇大賞 優秀女優賞を受賞、演出のショラーからの信頼も厚い若村麻由美。息子に対する豊かな愛情と、それ故の激情やニコラの父である前夫ピエールへの複雑な感情と、様々な情感があふれる役どころを演じる。

そして、父親ピエール役は、舞台を中心に活躍を続け数々の演劇賞を総なめにし、高い実力が評価されている岡本健一。愛によって息子を救おうとし、愛だけでは不十分であることを知る。大きく懐深い存在でありながら、ときに”他者”である息子の理解不能な存在に苦悩する……。言葉の背後にある、言葉にできない表現で、観客の心に問いかける。その他、ピエールの再婚相手ソフィア役に伊勢佳世、医師役に浜田信也、看護師役は木山廉彬が演じる。

 

[東京公演]
日程:2021(令和3)年8月30日(月)~9月12日(日)
会場:東京芸術劇場 プレイハウス
チケット一般発売   2021年7月10日(土)10:00~
チケット料金          S席:8,800円 A席:7,500円 65歳以上(S席):7,500円
(全席指定・税込)   25歳以下(A席):4,000円 高校生以下:1,000円(対象日限定)

★[北九州公演]  北九州芸術劇場 中劇場
9月17日(金)~19日(日)
9月17日(金)19:00
9月18日(土)13:00/18:00
9月19日(日)13:00
主催 公益財団法人北九州市芸術文化振興財団
共催 北九州市

★[高知公演]  高知市文化プラザ かるぽーと 大ホール
9月22日(水)~23日(木・祝)
9月22日(水)19:00
9月23日(木・祝)12:30
主催 公益財団法人高知市文化振興事業団

★[能登公演]  能登演劇堂
9月26日(日) 13:30/18:30
主催 公益財団法人演劇のまち振興事業団

★[新潟公演]  りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場
9月29日(水)~30日(木)
9月29日(水)19:00
9月30日(木)12:00
主催 公益財団法人新潟市芸術文化振興財団

★[宮崎公演]  メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) 演劇ホール
10月3日(日)14:00/19:00
主催 公益財団法人宮崎県立芸術劇場
共催 MRT宮崎放送

★ [松本公演]  まつもと市民芸術館 主ホール
10月9日(土)~10日(日)
10月9日(土)18:00
10月10日(日)13:00
主催 一般財団法人松本市芸術文化振興財団
後援 松本市 松本市教育委員会

★[兵庫公演]  兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
10月14日(木)~10月17日(日)
10月14日(木)18:00
10月15日(金)13:00/18:00
10月16日(土)13:00/18:00
10月17日(日)13:00
主催 兵庫県、兵庫県立芸術文化センター

関連記事


Page Up