浜辺美波、英監督を含め現場は変な人が多く楽しかった! 『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』完成披露イベント

2021/4/23 05:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

4月29日(木・祝)より全国公開される『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』の完成披露イベントが、4月22日(木)に都内で行われ、主人公・蛇喰夢子役の浜辺美波、鈴井涼太役の高杉真宙、早乙女芽亜里役の森川葵、生徒会長・桃喰綺羅莉役の池田エライザ、視鬼神真玄役の藤井流星(ジャニーズWEST)、そして英勉監督が登壇した。

 

319A1940s

映画化第2弾となる本作は、生徒代表指名選挙を終え、束の間の平穏が戻ったかのように思われた私立百花王学園で、蛇喰夢子を中心とした熾烈なギャンブルバトルが再び巻き起こる完全オリジナルストーリー。主要キャストが勢揃いするなか、藤井演じる視鬼神真玄はオリジナルキャストとなる。

 

319A1649s

イベントでは、浜辺が2年ぶりとなる『賭ケグルイ』の現場を振り返り、「今までは不安があったのですが、ここまで来ると楽しみで仕方がなくて。このメンバーは面白いし、変わった人も多いので、どんだけ変わったことをしても怒られない。楽しみ抜こうという気持ちだったので、『賭ケグルイ』の撮影は去年一番の楽しみでした。皆と打ち解けて仲良くなって、そういう意味でもパワーアップしている」と述べた。変わった人とは?と聞かれ、浜辺は「監督をはじめとして・・・」と茶化すと、監督は「きったねー」と奇声を発する。浜辺が「一応、主演させていただいているんですけど、危ない、危ない(笑)。意外と一番普通なのは葵さんかも」と真実を明かした。

 

319A1666s

続いての高杉は今作で新しいことにチャレンジしたそうな。高杉は「森川さんと二人でチャレンジしたこともあります!観ていたただければすぐに分ります。『賭ケグルイ』らしからぬことを・・・」と見どころ?を語ると、森川は「何をチャレンジしましたっけ?」とおとぼけ。高杉は「ずるいよ!森川さん」と抗議しつつ、「台本を見て、うわー、来た~。今度は僕の番か、やるしかないと思いました」と頑張ったことを告白。森川は「(高杉が)受け入れるのが早かったです」と茶化していた。

 

319A1672s

『賭ケグルイ』に初参戦した藤井は「(現場では)メチャクチャ緊張しました。ドラマ版も映画版も見ていたので、現場に行ったら、夢子おる~、会長も全員。学園に入ってすぐの階段とか会長の席とかで写メを撮ったりしていました」と関西弁で興奮気味。また、藤井は高杉と一緒にゴハンを食べに行ったそうで「この作品が始まって4年くらい経つのに、(高杉は)ほかの共演者の誰ともゴハンに行っていない。それなのに僕とゴハンに行ったので、現場では大事件が起きたような騒ぎになっていた」ことを明かした。

 

319A1901s

会長という役柄の池田は、賭場に出てくることがほとんどなく、「会長の席(でのシーン)だけ別撮りということもあったけれど、今回はみんなの賭けを近くで見れたのがすごく嬉しかった。会長って、歩いているシーンがなかったので、歩くのどうしようっていうところから始まりました」と賭場での賭け事に参加できたことをとても喜んでいた。

最後の森川は、自身が主役を務めているドラマ『賭ケグルイ双(ツイン)』と撮影が同時進行だったこともあり、撮影開始からパワーがフルスロットルだったそう。浜辺は「イヤイヤイヤ、一人だけ進んでいるスピードが速かった。もうガソリン満タンみたいな」と同調すると、森川は「そんなつもりはなかったんですけど、(試写を)観たら、エンジンふかしすぎたようで、乗りに乗ってるなと思いました。飛ばしすぎました」とちょっと自慢げに語った。

 

319A1788s

この後は、本作にちなんだ“風船銃を使った賭ケグルイ2択クイズロシアンルーレット”にキャストの5人が挑んだ。本作の内容にちなんだクイズが出題され、不正解した者が風船銃の引き金を引き、風船が割れなければセーフ、割れれば敗北。割れる確率は6分の1。敗者には罰ゲームとして次回の舞台挨拶時に司会を務めるというルール。かつて高杉と二人で司会を務めた浜辺は「私たちはグタグタ過ぎて、カンペをガン見。それなのに噛んだりしてヤバかった。私たち二人は絶対ダメ!」と負けても司会者はやらない決意。

 

319A1843s 319A1866s 319A1889s

1問目では全員が不正解ながらも風船は割れず、全員がセーフ。そして3問目で決着、敗者は藤井に決定した。藤井は「ホンマの名司会ぶりを見せてやる!すげースムーズにいくから!」と自信たっぷりに成功を宣言すると、英監督からは「朝の帯番組のワークをとるくらいのことはやってくれるでしょう」と太鼓判。

そして、最後に浜辺が全国公開に向け、「『賭ケグルイ』の映画第2弾を作ってもらえるとは思っていなかったです。本当には大好きな作品だからこそ夢のようですし、宝物のように抱きしめてワシャワシャしたくなるくらい思い入れの深い作品なので、ぜひ皆さんものめり込むような気持ちで、ギャンブラーになったような気持ちで楽しんでほしい。今日はすごく楽しかったです」と締めくくった。

『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』4月29日(木・祝)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

関連記事


Page Up