井上芳雄×蓬莱竜太6年ぶりのタッグ復活。今注目の女優、伊藤沙莉と初共演!パルコ・プロデュース2021『首切り王子と愚かな女』

2021/4/24 16:46

井上芳雄×蓬莱竜太 『首切り王子と愚かな女』

_首切りflytg_S-(002)

劇作家・演出家の蓬莱竜太と、蓬莱とのタッグ復活を待望した井上芳雄が、2015年の井上芳雄主演舞台『正しい教室』以来、6年ぶりに再び手を組んで取り組む大人のファンタジー、パルコ・プロデュース2021『首切り王子と愚かな女』が6月に上演される。

井上芳雄と言えばミュージカル界を代表する俳優の一人。しかしパルコ・プロデュースによるミュージカル作品は、真向うから正統派王子役に挑んだ『シンデレラ・ストーリー』の一本だけで、ほかはストレートプレイでの出演作が続いている。個性派俳優としての彼のポテンシャルを理解し、その表現のバリエーションをさらに開拓する意味でも、あえてミュージカル界のプリンスのイメージとは異なる、俳優・井上芳雄を掘り起こしてきたパルコならではの企画が、本作『首切り王子と愚かな女』。共演には、テレビ、映画で引っ張りだことなっている、いま最も注目を集める女優の一人、伊藤沙莉。『すべての四月のために』以来4年ぶりにパルコ・プロデュース作品への舞台出演が実現する。

第一王子が病に倒れた後、悲しみのあまり国政を放棄した「永久女王」。荒廃していく国を憂う民たちによる反乱の機運高まる中、反乱分子たちを鎮圧すべく、“呪われた王子”として城から遠ざけられていた第二王子のトル(井上芳雄)が城へと呼ばれる。容赦ない首切り王子となったトルに、死を恐れないことで興味をもたれ、のちに王子の召使として仕えることになる“愚かな女“ヴィリ(伊藤沙莉)。

本作『首切り王子と愚かな女』は、魑魅魍魎が渦巻く王室を舞台に、腹に一物ある大人たちがあの手この手で陰謀、裏切り、忖度、愛憎、競争をたくらみ、のしあがろうとしていく……。そんな大人たちの欲望が先走る様子をシニカルな笑いをまぶしながら描き出す大人のファンタジー。黒いことを面白く、難しいことをわかりやすく、いつの世にもあり得る愚かさ、おかしさが描かれる。

PARCO Produce 2021 『首切り王子と愚かな女』
作・演出:蓬莱竜太
出 演 :
井上芳雄 伊藤沙莉/高橋努 入山法子 太田緑ロランス 石田佳央 和田琢磨
小磯聡一朗 柴田美波 林大貴 BOW 益田恭平 吉田萌美/若村麻由美

【東京公演】 2021年6月15日(火)〜7月4日(日)      PARCO劇場
・一般前売開始     : 2021年 5月8日(土)
・公式サイト         : https://stage.parco.jp/
【大阪公演】 2021年7月10日(土)〜7月11日(日)      サンケホイホールブリーゼ
【広島公演】 2021年7月13日(火)              JMSアステールプラザ 大ホール
【福岡公演】 2021年7月16日(金)〜7月17日(土)    久留米シティプラザ ザ・グランドホール

関連記事


Page Up