主演・水野勝、“橋爪功、高畑淳子の二人に自分を引出していただきました”と感謝!映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』完成披露報告会

2021/5/11 05:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』(5月21日(金)全国公開)の完成披露報告会が、5月10日(月)に都内で行われ、主演の水野勝(BOYS AND MEN)、剛力彩芽、松下由樹、高畑淳子、そして香月秀之が登壇した。

 

319A3616s

本作は、葬儀社の青年(水野勝)が案内した終活フェアをきっかけに、離婚秒読みの金婚熟年夫婦(橋爪功、高畑淳子)が、娘(剛力彩芽)や友人を巻き込み、人生整理に動き出す、笑って、泣けて、役に立つハートフルヒューマンコメディ。

 

319A3340S

水野は、橋爪、高畑との共演シーンについて「めちゃくちゃ緊張しました。小さい頃から見てきた二人だったので、すごく恐縮しました。どんなお芝居ができるかという緊張があったのですけど、お二人に自分を引出していただきました」と二人に感謝。さらに「高畑さんには、僕の人生の話をする時間がありました。僕みたいな無名の新人がどういう思いで作品に臨んでいるかという熱い話に高畑さんは涙を流してくださり、どんな方にでも真摯にかつ対等に扱ってくださる姿に打たれ、全部が財産になったと思います」と話し、橋爪についても「橋爪さんと出会うところが(撮影での)初めてのシーンだったので、僕自身いきなり山場だと思ったんです。撮り終わったあとの、橋爪さんの『いいじゃないか、頑張ったよ。いけるんじゃないか』という言葉のお陰で最後まで乗り切れました」と撮影時を振り返った。

 

319A3367s

剛力も橋爪、高畑との共演について「とても幸せでした。初日の食卓のシーンは緊張して大丈夫かなと思ったんですけど、自然に娘になれて、普通にしていていいんだなという空気だったので、ずっと娘でいたかったです。お二人に引っ張っていただいたと思います」と感謝の意を表わした。

そして、高畑は「橋爪さんは、撮影現場では非常にムスっとしていらした。撮影中に間違ったと思ったら、『いいんだ、いいんだ、どうでもいいんだ』なんて、あれも橋爪さんの姿。どうでもいいような日常や冷え切った夫婦間の感じを出してくださったと考えるようにしています。今日は舞台稽古のため、いらっしゃってないですが、本当に唯一無二の俳優さんを旦那さんに持って、私は幸せです」と橋爪を評した。

 

319A3319s

松下は、同郷名古屋出身の水野との共演について「名古屋での撮影の際、お会いしまして・・・。(水野が)名古屋で活躍しているのは知っていましたし、同郷のよしみということで、こちらから砕けていった気がします。本人にはマメに気を使っていただき、(劇中では)上司部下の関係でしたけれど、しっくりと共演させていただきました」と振り返った。

さて、終活とは?香月監督は「誰かが死ぬことをテーマにしているのではなく、1つは自分が終わったときにどうするんだということを解決するための活動、もう1つは終わるまでどうするのかという活動。特に、終わるまでどうするのかを磨かないと人生100歳時代を過ごせない。そこで、どうやって過ごすかが(本作の副題になっている)熟春です。終わるまで楽しく生きるということ」と説明した。

劇中では水野演じる菅野涼太と確執のある父親(西村まさ彦)のリスタートに涙し、橋爪、高畑演じる大原夫妻はメモリアル映像を作ることでリスタートする。高畑は「不覚にも涙が止まらなかったです。私の写真じゃないのも含まれていたんですけど、溜まらなかったです。橋爪さんも泣いてました」と、ここは見どころのひとつだそう。

香月監督は「(先日の試写会では)不思議と若い人が、この映画を観て泣いていた。ここは泣くだろうというポイントとは違うところで皆泣いている。若い人が観てくれるのは嬉しいです」と手放しで喜んだ。

 

319A3533s 319A3465s

最後に、水野は「世代を選ばない映画ができたと僕自身も感じています。この映画の凄いところは、誰かと観たくなる映画だということ。コロナ禍で、人と接することが制限される。『誰かと』が非常に難しいと感じています。でも、こんな時代だからこそ、誰かと観るとのは素晴らしいと思う。僕らは諦めずに、一生懸命、最後までPRしていきたいと思います」と締めくくった。

映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』は、5月21日(金)より全国公開される。

関連記事


Page Up