知念侑李・主演 舞台『照くん、カミってる!~宇曾月家の一族殺人事件~』開幕!

2021/5/13 04:00

知念侑李・主演 『照くん、カミってる!~宇曾月家の一族殺人事件~』

〇11P_0013

【掲載写真は全て撮影:田中亜紀】

 

Hey! Say! JUMP知念侑李が単独初主演、初ストレートプレイに挑戦する新作舞台そこそこ本格ミステリ『照くん、カミってる!~宇曾月家の一族殺人事件~』の東京公演が、5月12日(水)に開幕した。

本作は、シリアスでありながらコメディ要素も取り入れ、本格的な推理が盛り込まれた“コメディミステリ”。大学生の能神 照(のうがみてる/知念)は、ミステリ作家の兄・久の依頼により、東北と関東の境目にある小さな集落、天狩村に赴くことになった。宇曾月家(うそつきけ)十三代目当主・宗八が亡くなり、次期当主は彼の息子・喜八(近江谷太朗)になると思われたが、意外にも喜八の娘の八菜(はな/岡本夏美)が当主に指名されてしまう。彼女は莫大な権力を妬まれて家族の何者かに命を狙われる。不穏な空気が漂う中、ついに悲劇が起こる……。照と万次郎は山間の旧家で起こった殺人の謎を解くことができるのか!?

演出は、ストレートプレイのみならず、数々のミュージカルや音楽劇で、笑いとユーモア、そこに隠されたほんの少しの切なさで観客の心を鷲掴みにしてきた河原雅彦。脚本は、河原からの指名で、コメディセンスに定評のある、若き劇作家・須貝英が務める。

開幕を前に、演出の河原、主演の知念よりコメントが届いた。

 

〇11P_0020

演出 河原雅彦 コメント
あまり舞台に慣れていないはずの知念君も、初々しさはそのままに、求められたことをことごとくクリアしていってくれるので、ちっとも手がかからないすごくできる子でした!
主人公の照くんは、まだ世界のどこにもない、舞台ならではのケレン味を持ったオリジナリティ溢れる若き探偵。バディを組む相方との関係もなかなかに斬新なので、そのへんも注目してもらえると。ま、なにせ「そこそこ本格ミステリ」という冠に恥じない、主にゆるーくて、時々スリリングな面白い作品が生み出せたと思っています。個人的に、企画の立ち上げから連ドラ化を視野に入れてますので。いつか夢が叶うといいんですけど。
このご時世で、緊張した状態で観劇される方も多いと聞きましたが、せっかくの機会ですので、肩の力を抜いて、目一杯楽しんでもらえたら。演目の性質上、ずっと真顔で観られてると、キャストもめちゃめちゃやりづらいですから(笑)。

 

〇11P_0023

主演 知念侑李 コメント
ゲネプロまで来れたという安心と、幕が開くことの嬉しさを感じています。
稽古場では、時間が空いた時にキャストみんなで年甲斐もなく遊んだりもして、楽しい稽古場でした。いろんな方から“リーダー”と呼ばれている河原さん。稽古場でみんなの士気を高めてくれて、さすが“リーダー”でした!
舞台の登場人物にまともな人が誰一人としていなくて、とんでもないキャラクターばかりが出てくるのでぜひ注目して欲しいです。でも、シリアスなシーンもちゃんとあるので、そのギャップや空気感も楽しんでいただけたら。
このご時世ではありますが、劇場の中では現実を忘れて、気軽に、好き勝手に楽しんで欲しいです。そうしてくれないと、僕たち泣いちゃうので(笑)。

 

★★sG_0028 ★★sG_0167

【作】須貝 英  【演出】河原雅彦
【出演】知念侑李/岡本夏美 玉置孝匡 川久保拓司 長井 短 永井若葉 シューレスジョー
カイル・カード 山本圭祐 中山祐一朗 伊藤正之/近江谷太朗 広岡由里子

【東京公演】 2021年5月12日(水)~23日(日) 東京グローブ座
【大阪公演】 2021年5月28日(金)~30日(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

公式サイト: https://www.terukami.com

関連記事


Page Up