梅棒 dynamizeプロデュース『Fight For F』が5月12日開幕!

2021/5/13 06:00

取材:記事・写真/オフィシャル

dynamizeプロデュース『Fight For F』が5月12日に東京・池袋にある“あうるすぽっと”にて開幕した。 作・演出を務めた遠山晶司とプロデューサーを務めた天野一輝からコメントが届いたのでご紹介する。


_I5_5335s

(C)飯野高拓


ダンスエンターテインメント集団「梅棒」とは、劇場での主催公演を中心に、『嵐』や『AKB48』等のアーティストLIVE 、『今日から俺は!!』や『NHK紅白歌合戦』等の映像作品、宝塚歌劇団や2.5次元までの幅広い舞台作品等での振付・演出でも活躍している。


_I5_5179s

_I5_5479s


コメント紹介

『Fight For F』演出家・プロデューサーコメント
作・演出:遠山 晶司[梅棒]
この作品は今から10年程前に思いついたものです。当時、表現者としての道に迷い、もがき、夢を諦めかけていました。そんな荒んだ心に響いたのは「BUMP OF CHICKEN」の楽曲達でした。とても立派とは言い難いそれまでの生き方の中にも、大切な物が生まれていることに気がつかされ、もう一度自分の旗を立て前に進むことができました。

『Fight For F』の楽曲は全て「BUMP OF CHICKEN」のものです。擦り切れる程聞きいた曲からインスピレーションを受けて生まれてきた物語。苦節10年、この間に出会ってきたもの全てのおかげでこうして形に出来ました。仲間達と共にお客様に感動をお届けできれば幸いです。


_I5_5944s

_I5_6012s


プロデューサー:天野 一輝[梅棒]

2019年10月に脱サラしてdynamizeという会社を立ち上げ、これまでも「梅棒」としての公演はやってきましたが、単独主催のプロデュース公演は今回が初めてとなります。
今日までの出会いや縁がこの公演を創ってくれました。幕を上げるまで、一筋縄ではいかないことも沢山ありましたが、その過程で自分がいかに周りに恵まれているかを改めて気付かされ、感謝する日々でした。

期せずして『Fight For F』は絆を描く物語です。私が出会ってきたこの素晴らしい人たちの絆に、少しでも多くの方と出会ってもらえたらと強く思います。
劇場にお越しいただくことが容易ではない世の中ですが、いつか誰しも気軽にエンタメを楽しめるときが戻ってくることを信じて、その時まで歩み続けていく第一歩をよろしければご覧ください。


_I5_6067s

2Z0A0781s

2Z0A0706s

1620787517460s

2Z0A1720s

公演概要
『Fight For F』
2021年5月12日~24日
あうるすぽっと
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F

関連記事


Page Up