『キネマの神様』公開記念 特選DCP上映 全国の劇場にて開催決定!

2021/6/4 16:15

『キネマの神様』公開記念 特選DCP上映 全国の劇場にて開催決定!

【メイン写真】特選DCP上映決定_

 

松竹映画100周年記念、山田洋次監督作品『キネマの神様』がこの春完成し、2021年8月6日に公開される。これを記念し、松竹では、松竹(配給)作品の特集上映「映画『キネマの神様』公開記念特選DCP上映」を企画、全国各地の劇場にて順次開催する。

上演作品は傑作の数々を次の8つのカテゴリーに分け、各劇場が選択する。
①海外映画賞受賞作/北米
米国アカデミー賞外国語映画賞『おくりびと』(4K修復版都内初上映)、ゴールデングローブ賞外国語映画賞 『二十四の瞳』など。
②海外映画祭受賞作、上映作/ドイツ
ベルリン国際映画祭銀熊賞『小さいおうち』、ベルリン国際映画祭クラシック部門上映『麥秋』など。
③海外映画祭受賞作、上映作/イタリア
ヴェネチア国際映画祭クラシック部門上映『カルメン故郷に帰る』、『お茶漬の味』など。
④海外映画祭受賞作、上映作/フランス
カンヌ国際映画祭クラシック部門上映『東京物語』、カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞『うなぎ』など。
⑤海外映画祭上映作/アニメーション
アヌシー国際アニメーション映画祭長編コンペティション部門ノミネート『映画 聲の形』、 ロカルノ国際映画祭上映『くもとちゆうりつぷ』、カンヌ国際映画祭クラシック部門上映『桃太郎 海の神兵』
⑥日本アカデミー賞受賞作
最優秀作品賞『復讐するは我にあり』(4Kデジタルリマスター版都内初上映)、『舟を編む』など。
⑦ギネスブック認定『男はつらいよ』シリーズ
⑧劇場独自選定”キネマの神様”セレクション

上記①~⑦のカテゴリー全21作品を含む、松竹が選定したDCPリストから、各劇場に独自の視点で選択。
・上映作品/松竹(配給)作品8組のカテゴリーから劇場ごとに選定。
・上映方式/DCP(デジタル・シネマ・パッケージ)上映。
・上映期間・回数・開映時間・入場料金/劇場によって異なります。

7月30日(金)から開催されるアップリンク吉祥寺では、7つのカテゴリー(全21作品)を上映予定。 劇場独自の選定作品は、「寅さん」から2本、沢田研二出演の『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』(1982年 /山田洋次監督)、サイレント映画のスター岡田嘉子が戦後初出演した『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け』(1976年/山田洋次監督)。そして、歌舞伎を主題とした溝口健二監督屈指の大傑作『残菊物語』 (1939年)。

さらに、毎週水・日曜日には、日本経済新聞の映画記者、古賀重樹氏による上映後トークショーを開催。

『キネマの神様』公開記念 特選DCP上映
上映作品:「キネマの神様」ニュースページ
https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama/news/dcpinfo1/
開催劇場:下記の劇場の他、順次開催予定。
最新情報は、本特集上映シアターリスト
http://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=kinetokuDCP
東京【アップリンク吉祥寺】 https://joji.uplink.co.jp/
◆開催期間:2021年7月30日(金)~9月2日(木)
◆上映作品:カテゴリー①②③④⑤⑥⑧ 全21作品(予定)
◆入場料金:特別料金1,100円均一/アップリンク会員1,000円
※「くもとちゆうりつぷ」「桃太郎 海の神兵」は2本立て特別料金一般1,500円/アップリンク会員1,400円)
◆トークショー付き上映開催予定!:毎週水・日曜日  日本経済新聞社 古賀重樹氏
※時間など詳細は追って発表。
京都【アップリンク京都】 https://kyoto.uplink.co.jp/
※アップリンク京都では、8月6日公開「キネマの神様」の上映はございません。
◆開催期間:2021年7月16日(金)~8月19日(木)
◆上映作品:カテゴリー①②③④⑤⑥⑧ 全21作品(予定)
◆入場料金:特別料金1,100円均一/アップリンク会員1,000円
※「くもとちゆうりつぷ」「桃太郎 海の神兵」は2本立て特別料金一般1,500円/アップリンク会員1,400円)
山形【MOVIE ON やまがた】 https://movieon.jp/
◆開催期間:2021年6月4日(金)~8月12日(木)
◆上映作品:カテゴリー①④⑥ 全9作

 

山田洋次監督最新作『キネマの神様』/8月6日公開
【STORY】 ギャンブル漬けで借金まみれのゴウ(沢田研二)は妻の淑子(宮本信子)と娘の歩(寺島しのぶ)にも見放されたダメ親父。そんな彼にも、たった一つだけ愛してやまないものがあった。それは「映画」———。行きつけの名画座の館主・テラシン(小林稔侍)とゴウは、かつて撮影所で働く仲間だった。若き日のゴウ(菅田将暉)は助監督として、映写技師のテラシン(野田洋次郎)をはじめ、時代を代表する名監督やスター女優の園子(北川景子)、また 撮影所近くの食堂の娘・淑子(永野芽郁)に囲まれながら夢を追い求め、青春を駆け抜けていた。しかしゴウは初監督作品「キネマの神様」の撮影初日に転落事故で大怪我をし、その作品は幻となってしまう。あれから約50年。あの日の「キネマの神様」の脚本が出てきたことで、ゴウの中で止まっていた夢が再び動き始める。これは、”映画の神様”を信じ続けた男の人生とともに紡がれる愛と友情、そして家族の物語。

関連記事


Page Up