宮田俊哉主演!世界を股にかけた壮大な“コンゲーム” 音楽劇「GREAT PRETENDER グレートプリテンダー」メインビジュアル解禁!

2021/6/10 16:58

宮田俊哉主演!音楽劇「GREAT PRETENDER グレートプリテンダー」

★GREAT-PRETENDER_メインビジュアル-(002)

音楽劇「GREAT PRETENDER グレートプリテンダー」の、主演・宮田俊哉をはじめとするメインキャスト9名が勢揃いしたビジュアルが完成した。本作は、2021年7月に東京・東京建物 Brillia HALLにて、8月に大阪・オリックス劇場にて上演される。また、チケット一般発売も6月12日(土) 午前10時より開始となる。

映画「コンフィデンスマンJP」などで知られる古沢良太が脚本・シリーズ構成を手がけた人気アニメ「GREAT PRETENDER」は、世界を舞台に繰り広げられるスリリングな騙し騙されの“コンゲーム”の物語と、随所に散りばめられた軽妙なユーモア、細やかでバラエティ豊かなキャラクター造形が、幅広い層から熱い支持を受ける作品で、斎藤栄作の脚本、そして河原雅彦の演出により、生バンド演奏をまじえた疾走感あふれる“音楽劇”として舞台化される。

本作の主人公、通称・エダマメこと枝村真人を演じるのは、自らを“原作ファン”と称する宮田俊哉。初めてエダマメに扮したビジュアル撮影の際には、「佇まいがエダマメ!」「すでに完成度が高い!」との声が上がっていた。

解禁となったビジュアルには、宮田をはじめとする豪華メインキャストが一堂に集結。エダマメが行動を共にすることになる信用詐欺師(コンフィデンスマン)、ローラン・ティエリー役の美弥るりか、観客を“グレプリ”ワールドに導く舞台版オリジナルキャラクター・北大路役の加藤諒、抜群の運動能力をもつ信用詐欺師、アビゲイル・ジョーンズ役の山本千尋、美しく知的なFBI敏腕捜査官ポーラ・ディキンス役の仙名彩世、エダマメと組んで詐欺を働いている工藤役の福本伸一、熟練の信用詐欺師でローランとは旧知の仲であるキム・シウォン役の平田敦子、さらに、元ギャングのボスだが今はボディーガードをしているサラザール役の三上市朗、そして今回の事件の渦中の大物、表の顔はハリウッドの映画プロデューサー、その実、裏社会を牛耳るマフィアのボスであるエディ・カッサーノ役の大谷亮介。

個性豊かなキャストが集い、演劇界の奇才・河原雅彦の生バンドによる演奏で世界を舞台に仕掛ける痛快クライム・エンタテインメントに期待したい。

 宮田俊哉 コメント
もともと原作アニメのファンだったので、出演が決まったときには作品が好きだからこそ「えっ、自分で大丈夫かな」という気持ちはありました。でもこの作品が大好きで、俺がエダマメを一番愛している!ので、「ほかの誰かがやるくらいだったら俺がやりたい、俺が背負いたい!是非やらせてください!」と思うようになりました。ちなみに、アニメ好きの友人たちにエダマメ役を演じることを報告したら、「まあローランじゃないもんね」と言われました(笑)。
僕自身、誰かを騙すとか騙されるとかそういうことをあまり考えずに生きてきたので、原作アニメを観て、まずCASE1:ロサンゼルス・コネクションのめちゃくちゃ面白い物語が、舞台になったらどうなるのかな、と気になりましたね。絵やアニメーションも描写が面白くて、それからキャラクターそれぞれがみんなすごくかわいくて愛おしいんです。
今回、初めてエダマメとしてビジュアル撮影をしてみて、すごいテンション上がりました!!そんな嬉しさもありつつ、コスプレじゃなくて、ちゃんとお芝居としてエダマメを演じるんだと、頑張って稽古をやらなきゃいけないなと、プレッシャーも感じています。すごく面白い作品になると思いますし、全力で頑張ります!

東京公演: 2021年7月4日(日)~25日(日) 東京建物 Brillia HALL
・チケット一般発売: 6月12日(土) AM10:00~
大阪公演: 2021年8月4日(水)~8日(日)     会場:オリックス劇場

公式サイト: https://www.greatpretender-stage.jp

関連記事


Page Up