武田梨奈のバースデーに共演の濱正悟が花束をプレゼント!映画『ナポレオンと私』完成披露上映会

2021/6/17 20:19

武田梨奈・主演 映画『ナポレオンと私』完成披露上映会

★ナポレオンと私_完成披露上映会集合写真s

映画『ナポレオンと私』の完成披露上映会が、6月14日(月)に池袋HUMAXシネマズにて行われ、主演の武田梨奈、共演の濱 正悟、綾乃 彩、岡林佑香、そして頃安祐良監督が登壇した。

本作は、全世界でのシリーズ累計会員数3,000万人突破の大人気恋愛ゲームアプリ「イケメンシリーズ」のスタッフによる初のオリジナルストーリーによる実写映画。WEB 制作会社で営業アシスタントとして働いている 28 歳の大原春子(武田)は、本当の幸せが分からない人生迷子中。会社の先輩・岩田伸吾(染谷俊之)に憧れるも、春子にとっては高嶺の花。ある日、恋愛ゲームをインストールしてみると、画面の中からナポレオン(濱)が現れた?!幸せ探しを助けるというナポレオンと春子の奇妙な同居生活が始まった・・・?!

 

武田梨奈様s

武田は「改めて幸せな気持ちでいっぱいです」と喜色満面。役作りにつて聞かれると「実は濱さんのキャスティングが決まったときに、濱さんの宣材写真を待ち受け画面にしていました。でも親とかに見られたら変に思われそうなので、3時間くらいで変えましたけれど」と笑わせた。

濱は「イケメン役ということでハードルが高くて、しかも原作が人気アプリゲーム。不安と緊張がありました。プライベートでも女性の頭をポンポンしたことがなかったので、ラブコメ映画を観たり、アプリゲームをプレイしたりして研究しました」と役作りを明かした。

 

綾乃-彩様s岡林佑香様s

綾乃は「セリフのために観なければいけないアニメがあり、テレビ版から観て勉強」と役作りを明かし、武田の印象については「自然と自分のままでいたら仲良くなれる人。自然と自分らしく近づいて行ったら仲良くなれました。武田さんに感謝です」と人柄に感動していた。

岡林は役柄を演じるにあたり「あざとい系女子のテレビ番組はほとんど見ました。私は誰とでもすぐに仲良くなれるので、その部分では役柄に似ているかもしれません。共感する点があったのがありがたかった」と回想。

頃安監督は「ナポレオンの衣装はゲームにも近いけれど、映画ならではのバランスを意識。濱君とも相談しながらできたのが楽しかった。キャスト陣にはキュンキュン仕草もMAXでとお願いしました。照れたらダメだ!と 僕も照れずに臨みました」とこだわりを明かした。

 

濱-正悟様s

その「ポンポン」シーンについて濱が「大変でしたが、監督とポンポンしあったりして、ポンポンにはこだわりました」と振り返ると、その相手となった武田は「頭をポンポンされたのは子供の頃くらいなので、リアルな反応がいくつか出ています」と照れ。濱は「ポンポンし過ぎて、もはや武田さんとの距離感がわからなくなりました!」と照れ笑いをみせた。そんな濱に武田は「クールな印象だったので、あえて現場でいじりました。そうしたらモノマネも全力でやってく れる優しい人でした」と思い出し笑い。ちなみに武田はキャストとの距離を縮めるためにゴキブリのおもちゃを常に忍ばせているそうで、武田は「濱さんにもプレゼントしました」と紹介すると、その濱は「実は捨てました。ポケットに入れて帰ったけれど、存在を忘れていてビックリしたから。僕はあの虫が苦手なんです!」とちょっと迷惑そうに反応し笑いが起きる一幕も。

ステージ上では15日に30歳になる武田をサプライズ祝福!バラ30本の花束をかしずいて武田にプレゼントした濱は「武田さんは誰よりも熱い方なので情熱の赤が似合う。そして虹色のバラを30本目に差しました。武田さんには虹のように彩のある1年にしてほしいから」と願いを込めた。

 

★武田さんの誕生日を祝い濱さんが花束想定

粋な計らいに武田は「明日30歳なるけれど、実感がなくて。このタイミングで映画を公開できるのが嬉しい!」と喜び「30代の抱負は、アクション映画で代表作を作ること。海外からの企画もあるので、それを実現していきたい」と意気込み。プライベートでは「自ら色気を出さずとも、色気が自然と出てしまうような女性になりたい。むしろ色気の出し方を聞きたいくらいです」と大人の女性を目指していた。

最後に武田は映画公開に向けて「どんな感想でもいいです!SNSでコメントしていただければ、すべて探して読 みます!」と拡散に期待。すると濱は「僕はいいコメントしか読みませんが、ぜひ感想をください!」と笑いを取っていた。

映画『ナポレオンと私』(配給:ENBUゼミナール)は7月.2日(金)より池袋HUMAXシネマズ、渋谷HUMAXシネマ他にて全国公開される。

関連記事


Page Up