映画『子供はわかってあげない』上白石萌歌・細田佳央太の脇を固める個性豊かな実力派キャストの新場面写真が公開!

2021/6/20 12:00

上白石萌歌・主演 映画『子供はわかってあげない』新場面写真公開!

0T9A9160

原作は田島列島の大傑作コミック「子供はわかってあげない」。沖田修一監督により全人類待望の夏休みが帰ってくる!?水泳×書道×ガールミーツボーイ×アニヲタ×家族×迷!?探偵×本当の父探し×元教祖=まさかの超 青春映画だ。

主人公・美波を演じるのは上白石萌歌。相手役のもじくんこと門司役には『花束みたいな恋をした』(土井裕泰監督)、「ドラゴン桜」(21/TBS)に出演するなど、今大注目の若手俳優細田佳央太。

美波が幼い時に離婚し、行方がわからなくなってしまった実父の友充役に豊川悦司。もじくんの兄であり、ストーリーの鍵を握る探偵役に千葉雄大。美波の母親である由起役に斉藤由貴。美波の育ての父には古舘寛治。実力派の名優陣演じる大人たちが物語をカラフルに広げる。

 

DR2A0257_0609DR2A0257_0609DR2A9996

この度本作より上白石萌歌演じる朔田美波のひと夏を彩る豪華キャストの新たな場面写真が解禁となった。美波が幼い時に離婚し、行方が分からなくなってしまった実父・友充(豊川悦司)、美波の母親・由起(斉藤由貴)、美波の育ての父・清(古舘寛治)、もじくん(細田佳央太)の兄・明大(千葉雄大)の居候先である古書店の店主・張本善太郎(高橋源一郎)の場面写真だ。

友充が成長した美波に初めて会うシーンを捉えた場面写真は、優しさと緊張の入り混じったなんとも言えない表情を浮かべる友充を見ることができ、数々の作品に出演している豊川悦司ならではの絶妙な表現にも期待が膨らむ一枚だ。また、美波に対しそれぞれ温かい目線を投げる母・由起、父・清の姿も見ることができ、朔田家の優しい雰囲気を感じることができる。美波の好きなアニメ「魔法左官少女バッファローKOTEKO」のキャラクター・コンクリ太郎もチラリ。この劇中アニメには豪華声優陣も集っているため注目だ。最後には、もじくんに対し、なにやらアドバイスを送るような善太郎の姿も。このアドバイスを受けてもじくんはある行動に出るのだが、その行方は劇場でご確認いただきたい。

原作者である田島列島は豊川悦司に対し「設定としてはかなり不自然なキャラクターを、“こういう人いそう”って思わせるくらいめちゃくちゃナチュラルに演じられていて驚きました」と話し、「古舘寛治さんも、斉藤由貴さんも皆さん本当に素敵でした。私にとっては初めての映画化になりますが、原作を好きな方にも安心して観に来ていただきたいです」と脇を固める個性豊かな実力派キャストの好演に太鼓判を押している。

なにげに「ワケあり」だったりする人々の事情も、ゆるやかに優しく受け止めていく。じんわり味わい深い余韻とともに、明日に向かう勇気がわいてくる珠玉のハートフルムービー『子供はわかってあげない』は8月13日(金)テアトル新宿先行公開、8月20日(金)全国公開!2020年失った夏を取り戻そう!

©2020「子供はわかってあげない」製作委員会 
©田島列島/講談社

 

《ストーリー》高校2年、水泳部女子の美波(みなみ)はある日、書道部男子のもじくんとの運命の出会いをきっかけに、幼い頃に別れた父親の居所を探しあてる。何やら怪しげな父にとまどいながらも、海辺の町で夏休みをいっしょに過ごすが。。。心地よい海風。爽やかに鳴る風鈴。…超能力!?そして、初めての恋に発狂しそう!お気楽だけど、けっこう怒濤の展開。誰にとっても、宝箱のような夏休み、はじまりはじまり~。

関連記事


Page Up