L/R15『愛なのに』『猫は逃げた』 今泉力哉監督×城定秀夫のコラボ企画始動

2021/6/23 00:08

L/R15『愛なのに』『猫は逃げた』
今泉力哉監督×城定秀夫のコラボ企画始動

LR15_jojo_fix LR15_imaizumi_fix

『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』『mellow』『his』『あの頃。』『街の上で』など話題作と提供する今泉力哉監督とVシネマ・ピンク映画界のトップランナーにして2020年は『性の劇薬』『アルプススタンドのはしの方』が連続ヒットとなった城定秀夫監督がお互いの脚本を提供しあったR15+のラブストーリー2本を制作。異色のコラボレーションによる新たなプログラムピクチャー“L/R15”(読み:えるあーるじゅうご)が始動した。

監督:城定秀夫、脚本:今泉力哉によるL/R15のL=『愛なのに』は、古本屋の店主と、店主にプロポーズする女子高生、店主の憧れの女性など、一方通行の恋愛が交差し二転三転する先の読めないラブコメディ。

一方、監督:今泉力哉、脚本:城定秀夫によるL/R15のR=『猫は逃げた』は、飼い猫“カンタ”をどちらが引き取るかで揉める離婚直前の夫婦とそれぞれの恋人の話。1匹の猫と愚かで不器用な4人の男女によって繰り広げる異色の恋愛狂騒劇。

公開となったビジュアル、『愛なのに』は舞台となる古本屋の入り口で、店主に片想い中の女子高生が見切れる一枚。『猫は逃げた』はヒロイ ンの部屋で、ストーリーの鍵を握る猫“カンタ”の一瞬

の表情をとらえた一枚。城定組、今泉組共に初参加の多いフレッシュなキャストが出演している。先日撮影を終えたばかりの城定監督、今泉監督より次のコメントが届いた。

 

いまや日本を代表する天才映画監督、今泉力哉氏とのコラボ!……って、こんなヤバい企画誰が考えたのでしょう?プレッシャーで吐きそうになりつつ、自分らしい映画を撮るしかないと思い至ったわけですが、油断すると、自分らしい 映画ってなんだ?自分とはいったい何者だ?
なぜ自分は自分なんだ?映画ってなんだ?という無限問答に陥り、また吐きそうになります。とにもかくにも、頑張っておもしろい映画作ります!
城定秀夫

城定監督と一緒になにかやりませんか?と言われて、ぜひ、と即答しました。私の脚本を城定さんが撮り、城定さんの脚本を私が撮る。めちゃくちゃプレッシャーではありましたが、それはそれは好き勝手に脚本執筆しました。きっとお互いに。城定さんが書いてくれた脚本には猫が出てきます。猫!撮影、大変だ!と思いながらも猫とたくさん向き合いました。そしてその物語には、どこか懐かしさをおぼえるとともに、城定作品に滲む人間の優しさや愚かしさなどがあちこちに垣間見えて、とても惹かれました。ご一緒してみたかったキャストやスタッフとの撮影を無事に終えて、今は仕上げの真っ最中です。楽しい映画になりそうです。
今泉力哉

関連記事


Page Up