有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、劇場でスマホを使うという構想を考えた! 参加型!謎解き演劇ナゾドキシアター『アシタを忘れないで』 東京グローブ座で開幕

2021/7/13 04:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

ナゾドキシアター『アシタを忘れないで』の公開ゲネプロと取材会が7月12日(月)、東京グローブ座で行われ、取材会には企画・プロデュース、舞台初単独主演を務めた有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、脚本を担当した岩崎う大、そして物語のカギとなる「謎」の制作を担当した謎解きクリエイターの松丸亮吾の3人が登壇した。

 

319A3302s

本作は、「演劇」と「謎解き」を掛け合わせた~参加型!謎解き演劇~プロジェクトで、お客さまも観劇しながらも、作品のなかに出てくる、主人公を悩ませ立ち止まらせる「謎」をともに解き、スマホやタブレットを使って主演の有岡大貴を手助けするという「新感覚演劇」。お客さまは入場時に松丸らがこの演劇のために作成したアプリをスマホにインストール、一緒に謎解きに参加、SNSで答えを通知する仕組みとなっている。

レンタルムービーショップで働く主人公の曇竹アシタ(くもりだけあした)は、1年前から遡って2年間日記をつけていなかったことに気づく。毎日心が晴れない日々を暮らしているアシタは自分の部屋に謎のメッセージを見つけ、その謎を解こうと試みる。有岡のほかには、ジャニーズJr.の大東立樹(謎解きの解き方、ヒントを指南する謎の男)と羽村仁成(飼い猫のケケ、謎解きに挑戦する)、佐野岳(レンタルムービーショップの常連・千住タイラ)、そして福田転球(レンタルムービーショップの店長・大海原ヒロシ)が出演している。

 

319A3420s

公開ゲネプロ後の取材会では、有岡は「本当に何もない状態からの作品作りを学ばせていただきながら、作品が出来ていくところを見てきたので、ようやく初日を迎えられて安心した気持ちです」と安堵の声を上げた。企画からの参加というきっかけは「村上(信五)くんの舞台に参加したときに、スタッフさんとお話しするなかで、劇場でスマホを使うという構想がスタート」したという。

 

319A3421s

松丸は「謎解きと演劇を掛け合わせるなかで、有岡くんが理想としているところは、ただ謎解きが物語にもっと絡んでほしいという、結構理想が高いんです」と言い、有岡が松丸にお願いするを再現、「『ここの台詞、もうちょっと出来たりしないかなぁ』という言い方をされると、僕も、う大さんも絶対にノーと言えない」とお願いの仕方に言及。う大も「すごい、上手です。ジャニーズは皆上手なんですか?」と問いかける。

有岡は「そうですね。(ジャニーズの先輩たちが)高圧的にお願いするのを見て育ってきているから、反面教師で、下から行くことを意識しているのかもしれないです」と苦笑した。

有岡からお願いを受け付けたう大は「脚本は正直有岡さんのイメージで書いたんだけど、稽古初日の読み合わせでは、意外と読みづらそうで、“有岡くん、大丈夫か?”と思ったんですが、今日のゲネプロを観たら、僕が当初書いたときの自由で飛び回っている有岡くんのイメージそのままだったので、すごく感激。ジャニーズはすごいなと感動しました」と話し、松丸は「(有岡には)お客さまがどういう気持ちになりながら謎を解いていくかという部分を正確に伝えていて、稽古の過程で変わっていくだろうと思ったのが、久しぶりにゲネプロを観たら、僕が予想していた以上に膨らませてもらって・・・。本当に尊敬しています。何かとんでもない人と仕事をしたなという感じです」と二人揃って有岡を大称賛した。

 

319A3425as

有岡は、自身がこだわった点について「謎解きが苦手な方でしたり、あまり劇場に来て作品を観ることがない方にも満足いただけるような作品でなければ」と演劇としてこだわったことを上げた。 

スマホにも注目したいが、かわいいジュニアくん(大東立樹、羽村仁成)にも注目したいが?との問いかけに、う大は「いろいろ議論したんですが、完全に割り切って舞台を観るのも有りですね」と答えた。

最後に、有岡が「(コロナ禍で)まだまだ大変な状況が続きますけれども、ぜひこの公演に参加していただける方には新感覚の没入体験を味わっていただきたいと思いますので、謎解きにも演劇にも注目して愉しんでいただきたいです」と締めくくった。

東京公演: 2021年7月12日(月)~8月8日(日) 東京グローブ座
大阪公演: 2021年8月11日(水)~15日(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

 

319A3001s 319A3096s 319A3110s

関連記事


Page Up