黒木華、中島裕翔が初共演・ダブル主演!『ウェンディ&ピーターパン』 公演ビジュアル解禁

2021/7/15 12:00

黒木華、中島裕翔が初共演・ダブル主演!『ウェンディ&ピーターパン』

WPP_main_S-(002) 

上列左から:前原滉 平埜生成 富田望生
中列左から:石田ひかり 堤真一 玉置孝匡 山崎紘菜
前列左から:黒木華 中島裕翔

 

東京・Bunkamuraオーチャードホールにて8月13日(金)より上演の日本初演となるDISCOVER WORLD THEATRE vol.11『ウェンディ&ピーターパン』の公演ビジュアルが解禁となった。

タイトルロールであるウェンディとピーターパンを演じるのは、今回が初共演となる黒木華と    Hey! Say! JUMPの中島裕翔。さらに、ウェンディの弟・ジョンに平埜生成、マイケルに前原滉、ティンクに富田望生、タイガー・リリーに山崎紘菜、海賊・スミーに玉置孝匡、ミセス・ダーリングに石田ひかり、そしてフック船長とミスター・ダーリングの二役には堤真一と、若手からベテランまで多彩な魅力を持つ豪華なキャストが結集した

この度公開された公演ビジュアルでは、ネバーランドを彷彿とさせる森の中の不思議な空間に、ウェンディ、ピーターなどの登場人物たちが浮遊している、非日常的な日常を描くマジックリアリズムの世界を表現している。

イギリス・スコットランドの作家、ジェームス・マシュー・バリーが20世紀初頭に書いた世界的傑作戯曲「ピーターパン」。この「ピーターパン」をロンドンで注目の若手作家であり演出家でもあるエラ・ヒクソンが新たにウェンディの視点から翻案し、2013年に英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの新作公演『WENDY&PETER PAN』として上演された。台詞に加えてダンスやフライング、小道具、美術、映像などを駆使した“フィジカルシアター”のスタイルと、スペクタクルとマジカル満載の美しい舞台が話題となり、2015 年にはウエストエンドでの再演も果たした。

待望の日本初演となる今回、演出を手掛けるのは『るつぼ』(16)、『民衆の敵』(18・ともにBunkamuraシアターコクーン)で社会的テーマを力強く描き、日本の観客を魅了したジョナサン・マンビィ。ロンドンでの初演・再演でも演出を務めた同氏が世界的に有名な「ピーターパン」のファンタジックな世界観から現代社会に通ずるテーマを浮き彫りにする。

DISCOVER WORLD THEATRE vol.11『ウェンディ&ピーターパン』
2021年8月13日(金)~9月5日(日) Bunkamuraオーチャードホール [全28回公演]
チケット好評発売中

関連記事


Page Up