大竹しのぶエリート医師役でロンドン発の話題作に挑む!パルコ・プロデュース20211『ザ・ドクター』 演出・栗山民也で2021年11月開幕決定!

2021/7/19 22:06

大竹しのぶ・主演パルコ・プロデュース20211『ザ・ドクター』

ザ・ドクター_写真-(002)

大竹しのぶ主演のパルコ・プロデュース2021『ザ・ドクター』が2021年11月にPARCO劇場にて上演される。

本作品は、2019 年ロンドン・アルメイダ劇場のアソシエイトディレクターであるロバート・アイクが、シュニッツラーによる「Professor Bernhardi(ベルンハルディ教授)」(1912年)を翻案し、自ら台本を手がけて演出。同劇場で開幕するやいなや、連日SOLD OUT、ザ・ガーディアンをはじめ各紙でFIVE STAR★★★★★(最高評価)で絶賛され、翌年2020年には英国で最も権威あるローレンス・オリヴィエ賞「Best New Play(作品賞)」「Best Actress(女優賞)」のノミネートを始め、イギリス演劇賞各賞に輝いた今最も注目の話題作。
医療研究所の所長でありエリート医師のルースは、ある少女の死をきっかけに、宗教・ジェンダー・階級差など、あらゆる社会問題が彼の頭上に降りかかり、医師としての自分を見つめ直していくという物語。

日本初演となる今回、PARCO劇場オープニング・シリーズ『ゲルニカ』を第28回読売演劇大賞優秀作品賞に導いた栗山民也の演出、主人公ルース役には名実ともに日本を代表する大女優の大竹しのぶ。大竹にとっては久しぶりの社会派現代劇で、自らの医師としてのアイデンティティと向き合うこの難役を、いかに演じるのか期待が高まる。

共演には橋本さとし、村川絵梨、橋本淳、宮崎秋人、那須凜、天野はな、久保酎吉、明星真由美、床嶋佳子、益岡徹ら実力・人気を兼ね備えた俳優達が結集している。

演出:栗山民也コメント
~「The Docter」と出会う~
パルコのプロデューサーから、「面白い本が見つかったよ」と連絡。タイトルは、「ザ・ドクター」。初演が2019年ロンドンのアルメイダ劇場で、私もロンドン滞在のたび、胸躍らせ何度も通った。自由で、とても好きな小空間だ。そこでの企画は、現在のあり様に対し鋭く問い掛けるものが多く、実験的で多種なレパートリーが組まれている。見逃すわけにはいかない。
「ザ・ドクター」の戯曲を、早速めくってみる。医学と宗教、そして歴史認識、アイデンティティ、人種、ジェンダー、資本主義の罠などの多くの問題群が、まるで現代の病を鋭利に切り取ったモンタージュのように映し出される。あのロンドンの小さな劇場の中、キャラクターたちの熱くぶつかり合う欲望のディベートが聞こえてくるよう。この作品の稽古は、きっとこの息苦しいまでの協奏とぶつかり合いの時間を、じっと見つめる作業から始まるだろう。

主演:大竹しのぶコメント
2年前に行ったロンドンで、この芝居は絶対に観た方がいいよと友人に勧められたのが「ザ・ドクター」だった。
言葉もわからないのに、主演女優に目が釘付けになり、11人の出演者の細やかな表情に引き込まれ続けた時間。大仰な芝居は何もなく、その場で感じ考え、言葉を発する。
これが演劇なんだ、真実の芝居なんだ。
ジュリエット・ステイーブンソンの魅力に打ちのめされ、最前列に座っていた私は、カーテーンコールで立ち上がり夢中になって彼女に拍手をしました。
まさかその役を自分がやるなんて。
あのエネルギーを、美しさを、再現できる様に、皆で頑張っていきます。

PARCOプロデュース2021『ザ・ドクター』
作:ロバート・アイク 
翻 訳:小田島恒志  
演 出:栗山民也
出 演:大竹しのぶ / 橋本さとし 村川絵梨 橋本淳 宮崎秋人 那須凜 天野はな 久保酎吉/明星真由美 床嶋佳子 益岡徹
公演日程:
【 埼玉公演 】2021年10月30日(土)~31日(日)彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
【 東京公演 】2021年11月 4 日(木)~28日(日)PARCO劇場
【 兵庫公演 】2021年12月 2 日(木)~ 5 日(日)兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【 豊橋公演 】2021年12月10日(金)~12日(日)穂の国とよはし芸術劇場PLAT
【 松本公演 】2021年12月18日(土)~19日(日)まつもと市民芸術館 主ホール
【北九州公演】2021年12月25日(土)~26日(日)北九州芸術劇場 大ホール
公演情報詳細:https://stage.parco.jp/program/doctor

▼ストーリー
イギリス最高峰の医療機関・エリザベス研究所。その創設者であり、所長のルース・ウルフ(大竹しのぶ)は、訳あって自ら妊娠中絶を行い、敗血症で運び込まれた14歳の少女を看取ろうとしていた。そこに「少女の両親から傍についていてほしいと頼まれた」というカトリックの神父、ジェイコブ・ライス(益岡徹)が現れる。神父に対し、ルースは面会謝絶を告げて、集中治療室への入室を拒否する。若手医師(那須凜)から少女の容態の急変を知らされ、同僚の医師ポール・マーフィ(橋本淳)やマイケル・コプリ―(宮崎秋人)と手を尽くすが少女は死を迎える。少女の死に立ち会えなかった神父は、典礼を拒絶されたとして怒り、この出来事を公にすると告げて去る。ほどなく、このことはインターネットから発信され、研究所の出資者の耳にも入ってしまう。
ブライアン・シプリアン教授(久保酎吉)や、広報担当のレベッカ・ロバーツ(村川絵梨)は、ルースへの批判を不当なものとして、相手にはしていない。だが、次期所長の座を狙う野心家ロジャー・ハーディマン教授(橋本さとし)やマーフィらは、一部の出資者たちが怒っていることを問題視。それでも毅然と「自分に落ち度はない」と主張するルース。その姿勢は、自身の元教え子で保険担当大臣のジェマイマ・フリント(明星真由美)からも支持されたように見えた。しかし、彼女を断罪しようとする出資者の動きにより、世論は激化。信仰、人種、ジェンダー……、アイデンティティの違いもあいまって、医師たちもまた医学上、宗教上の主張により対立。研究所内の分断は深まり、パワーゲームは白熱していく……。
自宅では、パートナーのチャーリー(床嶋佳子)や近所に住むサミ(天野はな)と心を通わせ、自分を見つめ直すルース。自分を取り戻した彼女は医師としての信念を貫くことを決意。自分を責め立てる人々が待ち受ける、テレビのディベート番組への出演を決める――。

関連記事


Page Up