上白石萌歌、水泳選手の役で、肌も真っ黒に焼いて、髪の毛も人生で一番短くして、宝物のような時間でした!映画『子供はわかってあげない』完成披露上映会

2021/7/28 08:44

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

映画『子供はわかってあげない』の完成披露上映会が7月27日(火)、都内ホールにて行われ、主演の上白石萌歌、共演の細田佳央太、千葉雄大、豊川悦司、そして沖田修一監督が登壇した。

 

319A4801s

本作は、田島列島の傑作コミックの映画化で、主人公・美波(上白石)とシャイで素朴な青年・もじくんとの甘酸っぱすぎる初恋や、“元元祖”の実父(豊川)との再会、ジェンダーレスな雰囲気を漂わせるもじくんと兄で迷探偵・明大(千葉)といった、ちょっと訳ありだけどステキな人々との、超青春映画になっていて、昨年公開予定が1年延期となり、8月に全国公開される。

 

319A4771s

10代最後の作品となった上白石は「沖田監督の元からの大ファンでして、まさか自分が沖田監督の世界に生きられるとは思っていなかったので、その嬉しさを噛みしめつつ、今回私は水泳選手の役を演じました。この作品で3連続の水泳選手の役、それぞれ種目も違うもので、水泳の個人メドレーのようだなと勝手に思っていました。肌も真っ黒に焼いて、髪の毛も人生で一番短くして、10代最後の夏に、宝物のような時間を過ごさせていただきました」と充実した撮影だったことを明かした。

また、細田との共演シーンについて「クランクインの日に、屋上から一番下の階まで(細田と降りていく)4分くらいの長回しのシーンから始まったので、そこでキャスト・スタッフの皆さんとの一体感が生まれましたし、あのシーンを撮り終えたら、この作品はきっと大丈夫と思いました」と振り返った。

細田もその長回しのシーンを「緊張しました。全然聞いてもいなかったですし、ヘマをするとしたら、それは僕の方なので、申し訳ないという思いもありながら、普段は(撮影中の)緊張感が保てているので、印象に残っています。楽しかったです」と話した。

 

319A4708s

豊川は「最初に原作のコミックを読んで、本当に面白い話だと感じ、そのあとシナリオをいただいて読んだときに、瑞々しく切なくって、こんなおじさんでも青春に惹かれるくらい、筆のタッチが素晴らしく、最後にジーンとするところもあって、ぜひやらせてください」と快諾したことを明かした。さらに上白石と一緒に泳ぐシーンについて「恥ずかしかったですね。僕も萌歌ちゃんくらいの娘がいるので、“父親にとっては理想だよね”みたいなシーンだったので、まるで夢のような時間でした」と話した。

これに対し上白石は「予告映像でも映っているんですけど、豊川さんがブーメランパンツを履いている貴重な映像となっているので、注目して観てください」とアピールした。

 

319A4728s

細田と兄弟役を演じた千葉は「この作品が(細田とは)初共演で、そのあともドラマで兄弟役をさせていただいたので、佳央太君を本当に弟のように思っています」とニッコリ、そして自身の役について「明大という探偵の役。萌歌ちゃん演じる美波には情を熱く語る役だったので、面白かったです」と振り返った。

本作は、いろいろなテーマが詰まっているひと夏の大冒険。皆さんにとって忘れられない夏の思い出は?と問われ、千葉は「大学生の頃“青春18キップ”で東京から広島まで行ったこと。大阪で一泊、漫画喫茶で一泊」と思い出の青春を語り、豊川は「役者になろうと決めて、大学を辞めて東京に出てきて・・・。バイトで貯めた20万は夏場には使い切ってしまって、なんとか過ごした記憶があります。知り合いの家の前で何時間も待っていたり、公園に行って水道の水を飲んだり、1週間くらい経つと、お金が無くても生きていけるという妙な自信がついてきて・・・。秋風が吹く頃まで、ずっと一文無しで過ごした記憶があります」と驚きの告白。

 

319A4632s

細田は「小学生の夏休みのときには初めてTV番組を見られるという優越感。大人の世界に踏み込んだような気がしていて、家の中ではずっとTVを見ていました」と話し、上白石は「小学生のときに2年間だけ水泳を習っていまして、夏休みには水泳の夏期講習があって、水泳のスクールバスで行って帰ってという生活。規則正しい生活が今恋しいなと思います」とそれぞれの夏の思い出を披露した。

 

319A4827s

最後に上白石は「撮影から約2年が経ちまして、作品自体がとても美味しく熟された食べ頃のときに、皆さまにお届けできるようになりました。まだまだ油断できない日々で、この夏もどこかに行くこともできないかもしれないですけど、この作品が皆さまにとって小さな夏休みのようなものになればと思っています。我ながら素晴らしい作品ができたなと思っておりますので、楽しみにご覧になってください」と締めくくった。

映画『子供はわかってあげない』(配給:日活)は8月20日(金)全国公開、8月13日(金)テアトル新宿先行公開。
©2020「子供はわかってあげない」製作委員会 ©田島列島/講談社

 

319A4612s 319A4597s 319A4704s

関連記事


Page Up