吉野北人、釜揚げうどんは本当に美味しかった! MBS/TBSドラマ『トーキョー製麺所』完成披露トークイベント

2021/9/6 21:02

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

9月7日(火)よりMBS/TBSドラマイズム枠にて放送開始されるドラマ『トーキョー製麺所』。本作の第1話先行試写会及び完成披露トークイベントが9月6日(月)に都内で行われ、トークイベントには主演の吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、メインキャストの栁俊太郎、奥野壮、秋田汐梨、江上敬子(ニッチェ)が登壇した。

 

319A7819s

左から:江上敬子、奥野壮、吉野北人、栁俊太郎、秋田汐梨

 

本作は脚本・宮本武史(「バイプレイヤーズ」シリーズ他)×監督・近藤啓介(「直ちゃんは小学三年生」他)による完全オリジナルストーリー。うどんチェーンで働く、5人の男女の奮闘記をシニカルかつコメディタッチで描きながら、思わずお腹が空いちゃう⁉青春グルメ群像劇となっている。店長が突然辞めて途方に暮れていたバイトリーダーの青井(栁)とバイトたちの4人の前に、親会社でホテルマンとして働いていたちょっと変な赤松(吉野)が新たな店長として突然現れ・・・それぞれが奮闘するという話。トークイベントではキャスト全員がドラマで使用した制服姿で登場した。

 

319A7678s

店長・赤松を演じた吉野は地上ドラマ初主演。「赤松は結構濃く、クセのあるキャラクターで最初どう演じようかと不安や葛藤があったんですけど、演っているうちにすごく赤松の魅力を感じ、赤松をビシっと演じた自分自身、本当に楽しんでお芝居をすることができました。何よりも赤松というキャラクターは今まで演じたことがなかったキャラクターなので、自分の幅を拡げてくれた役柄だったと思います」と胸を張った。

また、大黒柱的存在のバイトリーダー青井を演じた栁は、「別にやりたいことがあって夢を追っている中で、楽しんで生活費を稼ぐためにバイトをしていたら、リーダーになっちゃったという責任感のある役柄じゃないんですけど、そこに変な店長(吉野)が来て・・・。でも、(青井は)とてもピュアで、皆に支えられるという役柄なので、現場でも皆さんに支えられて楽しく演じることができました」とキャストたちに感謝。

関西弁がぽろっと出る緑川を演じた奥野は「もともと関西出身なので、何も考えずにそのままで演じてましたが、緑川の絶妙な言葉は何というかアホなんです(笑)。ちょっと抜けているところがあって、本気で抜けているように見せないといけないのは、本質的に違うやろと思いつつも、ただ見せることを死守しましたね」と苦労して演じたことを明かした。

 

319A7683s

桃田を演じた秋田も「ウドン店の忙しい中で、慣れたところを見せないといけないと思って・・・。でもバイトをしたこともなかったので、速くレジ打ちすることを練習して、慣れていますよ感を出せるよう努力したのと、桃田は台詞が多かったし、私の性格では今までツッコむことがなかったので、ツッコむことがすごく難しくて、地声で演じるよう努力しました」とこちらも大変だったと話した。

ドラマ初出演の江上はバツイチの黄本を演じている。江上は「実生活でも結婚していますし、子供がいるんで、バツイチ以外はすんなり受け入れられました。意外と歳とっているんです。皆さんお若いので、撮っていない時間はなんとなくお母さんのよう(に行動していました)。皆がウザいと思っていなければいいなと思っていました」と話すと、吉野は「お姉さんが現場を明るくして盛り上げてくれて感謝しています」と頭を下げた。

 

319A7729s

撮影には丸亀製麺が全面協力し、本物の店舗を借り切って、かつ丸亀製麺のうどんがそのまま用いられおり、臨場感溢れる映像となっている。吉野は「釜揚げうどんは本当に美味しかった。あんなにシンプルなのに何でこんなにうまいんだ!」、そして江上も「一緒に食べていたんですけど、キラキラに輝いて、これが釜たま?」と感激の言葉を上げる一方、秋田は「うどんが食べれるのかなと思っていたんですが、そうではなく。エキストラの方が美味しそうに食べているのを羨ましげに見ていました」と、うどん談義に花を咲かせた。

そして、最後に吉野が「近藤監督の世界観がふんだんに詰め込まれた面白い作品となっていると思いますし、ちょっと胸をつくような熱いシーンだったりとか、コミカルなちょっと笑えるようなシーンもあって、楽しんで見ていただけると思いますので、皆さんぜひ楽しみにしていただけたらと思います」と絞めくくった。

 

319A7689s 319A7701s

関連記事


Page Up