Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

志田彩良、役作りで家事を猛特訓!「撮影の前日に家で100個水餃子を作った」 映画『かそけきサンカヨウ』公開記念舞台挨拶

2021/10/17 05:00

志田彩良・主演 映画『かそけきサンカヨウ』公開記念舞台挨拶

かそけき1016オフィシャル_KK6_1705-(002)

映画『かそけきサンカヨウ』の公開記念舞台挨拶が10月16日(土)、テアトル新宿にて行われ、主演の志田彩良、共演の井浦新、鈴鹿央士、菊池亜希子が登壇した。

主人公の国木田陽を演じた志田は「陽は家事を日常的に行っている女の子なのですが、私自身は恥ずかしながら一回も洗濯機を自分で回したことがなくて。このままでは家事のできる子には見えないだろうなと思って、ちょうど撮影期間の前が自粛期間中だったので、『今日から家族分の洗濯や食事の準備などをやります』と母に言って、母に一から洗濯の仕方などを教えてもらい、家族全員分の炊事洗濯をしていました。映画の中で水餃子を作るシーンがあるんですが、撮影の前日に家で100個水餃子を作ったりしました。今でもたまに家事はしていて、なるべく自炊するようにしています」と役作りでの苦労を明かした。

主人公・陽の父親・直を演じた井浦は「映画音楽を作る仕事をしている父親役だったので、最初はどんな服を着て仕事しているんだろうというところを監督と話し合いました。メガネは掛けようかという話になって、私物の眼鏡も持っていったら『このメガネ、監督の眼鏡に似てますね(笑)』なんて話しながら、外見の部分から役について話し合っていく上で、陽との距離感とかも監督と話し合って決めました」と役作り中のエピソードを披露した。

陽が淡い恋心を抱く同級生の陸を演じた鈴鹿は「陸が壁にぶつかった時に乗り越えようとする、一歩踏み出す強さや、人に対する優しさは僕にはないので…身に付けられるよう頑張ります!」と発言。すかさず志田さんが「充分、優しいと思いますよ」とフォローして場を和ませた。

陽の新しい母親・美子を演じる菊池は「この役を演じる直前に二人目の子供が生まれたタイミングだったので、ちょうど“母”ということを考えていました。物理的には母になっているけれど、中身は私自身のままで、“母と娘”について考えていた時期だったので、陽ちゃんの気持ちもよく分かって。新しいお母さんとか、言葉にしてしまうと平べったくなってしまうけれど、一人の女性として陽ちゃんとちゃんと向き合えたらいいなと思って演じました」と役について語った。

最後に志田は「こうして映画館に足を運んでくれる方がいて、映画が無事に公開されるということは当たり前のことではないと思うので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ここ数年で世の中が変化して、心が疲れてしまった方もいると思うんですが、この作品が、逃げ場だったり、救いになってくれたらいいなと思います。まだまだ公開これから続きますので、ちょっと疲れてしまったなという人がいたら、映画館に来てこの作品を観ていただけたらなと思います」と観客に向けてメッセージを送った。

映画『かそけきサンカヨウ』は全国絶賛公開中

関連記事


Page Up