Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

主演・広瀬アリス ドラマ「失恋めし」 Amazonプライム・ビデオにて2022年1月独占配信決定

2021/11/19 08:00

主演・広瀬アリス ドラマ「失恋めし」Amazonプライム・ビデオ独占配信

失恋めし_maicast(帯有)

©木丸みさき・KADOKAWA/ytv

 

木丸みさきのコミックエッセイ「失恋めし」(KADOKAWA刊)を原案としたドラマ「失恋めし」が、読売テレビ制作により、広瀬アリス主演にて、Amazonプライム・ビデオで独占配信が決定した。2022年1月14日(金)から全10話一挙配信、地上波放送は読売テレビにて2022年7月を予定。
ドラマ「失恋めし」の主人公でイラストレーター・キミマルミキを演じるのは広瀬アリス、近所の花屋の青年を井之脇海、ミキのマンガを連載する出版社の編集者に村杉蝉之介、臼田あさ美、安藤ニコ、近所のお弁当屋を若林拓也がレギュラーキャストとして出演。監督は、『勝手にふるえてろ』(17)『私をくいとめて』(20)などの話題の映画を手掛ける大九明子監督。
広瀬は「私が失恋したら、美味しいごはんをいっぱい食べよう!」とコメントするなど、本作のおいしいごはんから癒しと元気をもらえる効果は抜群で、さらに、監督を務めた大九明子監督は、「これを観てどうぞゆるりとお眠りくださいと言いたいところですが睡眠欲に食欲が勝ってしまうかもしれません」とコメントにあるように、ほっこりとした気持ちで観られるゆるさと、おなかがすいて眠れなくなりそうな刺激が共存する“飯テロ”ドラマとなっている。

【ストーリー】
恋のはじまり方は…いろいろ。恋のおわり方も…いろいろ。でも、どんなおわり方をしても、おなかはすく。
ひとつの恋がおわったとき、元気をくれたのは、あの味だった—。
イラストレーターのミキ(広瀬アリス)は、フリーペーパーで“失恋めし”というエッセイ漫画を連載中。失恋の思い出と、それにまつわる“めし”の話を集めて描いているのだが、最近はネタ切れ気味で困っていた。ネタになる失恋がどこかに転がっていないかと悩むミキは、ある日縁結びの御利益がある神社で「いい失恋に巡り合えますように」と手を合わせる。すると、思い詰めた表情の女性を見かけ、後を付いて定食屋に入り、女性の失恋エピソードを聞くことに。これを機にミキは街中で失恋した人々と彼らの思い出の味に巡り合うことに――。

関連記事


Page Up