Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

広瀬すず、松坂桃李のW主演、李相日監督の最新映画『流浪(ルビ:るろう)の月』 特報映像解禁!

2022/2/22 07:00

広瀬すず、松坂桃李W主演 映画『流浪(ルビ:るろう)の月』

2月22日(火)午前7時web一斉解禁ティザービジュアル_映画『流浪の月』-(002)

 

広瀬すず、松坂桃李のW主演、李相日監督の最新映画『流浪(ルビ:るろう)の月』が、5月13日(金)全国公開と決まった。また、特報映像が解禁。解禁された映像は、「その男、家内さんを誘拐した犯人よね?」という不穏な言葉で始まる。雨の桟橋に佇む更紗、連行される文の裸足の足もとなど、彼らの人生を揺さぶる波乱の予兆に緊張が漂いながらも、更紗、文、亮、谷それぞれのやり場のない表情に心揺さぶられる内容となっている。韓国映画史に残る作品を次々手がけてきた撮影監督ホン・ギョンピョの撮影した美しい映像にも注目したい。

特報映像: https://youtu.be/5rXPYZRpmd8

原作は、2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1 位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた凪良ゆうによる傑作小説。10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となったことで世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かないさらさ:広瀬すず)が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文(さえきふみ:松坂桃李)。いつまでも消えない“被害女児”と“加害者”という烙印を背負ったまま、誰にも打ち明けられない秘密をそれぞれに抱えて生きてきた2人。15年後に再会した2人が選んだ道とは?また、事件から15年経った現在の更紗の恋人・亮(横浜流星)、癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみ(多部未華子)との関係は?

併せて、ティザービジュアルも解禁となった。思わず引き込まれそうになる、消せない烙印を背負った更紗と文の姿に加えて、初披露となるのは更紗と文の恋人である亮と谷。それぞれの関係について何か思い詰めるような表情が並ぶ。

映画『流浪(ルビ:るろう)の月』 5月13日(金)全国公開
©2022「流浪の月」製作委員会

関連記事


Page Up