Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

生田斗真主演舞台『てなもんや三文オペラ』上演決定!ブレヒトの名作音楽劇を、鄭義信の大胆な翻案・新演出

2022/2/25 04:00

生田斗真主演舞台『てなもんや三文オペラ』上演決定!

【てなもんや三文オペラ】ikuta0225-(002)

 

作・演出・鄭義信、生田斗真主演による舞台、パルコ・プロデュース2022『てなもんや三文オペラ』が2022年6月8日~30日にPARCO劇場にて上演される。

本作の原作となる『三文オペラ』は、1928年劇作家のベルトルト・ブレヒトにより上演された、差別と貧困・資本主義社会を痛烈に風刺した音楽劇の名作。物語は、一見矛盾に満ちたデタラメでアベコベな世界。けれどもそれは、なにより金がモノを言う現代の本質を捉えている。

鄭が選んだ今作の設定は、1950年代の大阪。原作の舞台・ロンドンの貧民街が、今作では第二次世界大戦で破壊された大阪砲兵工廠(現在の大阪城公園・森ノ宮地域にあった大規模な兵器工場)の跡地に置き換えられる。その名も『てなもんや三文オペラ』!<戦後>をかけぬける、アウトローたちのパワーと、<生きる>ことへの貪欲さ。<戦争>を背負いながらも、たくましく生き抜いてきた当時の人間模様を重ね合わせる。

生田は、盗賊団のボス、マック(通称:マック・ザ・ナイフ)を演じる。演出の鄭と主演の生田は今回が初顔合わせ。大胆な翻案・アレンジを試みる鄭義信演出に、硬軟様々な役柄に挑戦し続ける生田斗真がどんな演技で応えるか。その化学反応にも注目が集まる。

登場人物は、全員・全編・関西弁での演技になる予定で、鄭義信の世界観にどっぷりハマった関西弁の生田斗真。豪快かつどこか繊細なボス役として、関西弁を操る生田の新たな一面を、客席から生で観られるのも、本作ならではの醍醐味だ。

 

東京公演: 2022年6月8日(水)~30日(木) PARCO劇場
・一般発売日         : 2022年4月23日(土)
宮城公演: 2022年7月4日(月)~5日(火) 東京エレクトロンホール宮城
・一般発売日         : 2022年4月30日(土)
福岡公演: 2022年7月9日(土)~11日(月) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
・一般発売日         : 2022年5月21日(土)
大阪公演: 2022年7月16日(土)~24日(日) 森ノ宮ピロティホール
・一般発売日         : 2022年6月12日(日)
新潟公演: 2022年7月30日(土)~31日(日) 新潟テルサ
・一般発売日         : 2022年6月5日(日)
長野公演: 2022年8月6日(土)~7日(日) サントミューゼ 上田市交流文化芸術センター 大ホール
・一般発売日         : 2022年6月5日(日)

鄭義信 コメント
「三文オペラ」は乱暴に言うと、盗賊と乞食と娼婦の世界の話です。原作をあらためて読み返すと、思った以上に、猥雑で、下ネタも満載……それでも、当時、この作品が大受けしたのは、時代のなせる業もあったでしょうが、登場人物たちの「どっこい生きてる」的なたくましさに、観客は大いに拍手したのではないでしょうか。
今回、一九五〇年代の大阪造兵廠を舞台に選んだのは、当時のアパッチ族と呼ばれた人々の生きざまが、「三文オペラ」の登場人物たちとだぶって見えたからです。彼らを舞台にあげることで、どこまで猥雑で、どこまで生きることの活力にあふれた人たちを描けるかどうかはわかりませんが、コロナですっかり活力を失った生活の、ささやかな精力剤になれればと、思っています。
生田斗真さんとのタッグを組むのは、今回、初めてです。もの静かな中にも、燃えるような闘志を感じさせる彼と、ひと癖もふた癖もある共演者たちが、どんな化学反応を起こすのか、今から楽しみにしています。

生田斗真 コメント
憧れのPARCO劇場で一カ月お芝居をさせていただける事、大変光栄です。
東京の若者文化のど真ん中・渋谷に面白い芝居を上演している劇場が存在する事は、とても大切な事だと思っています。
生田初パルコ。気合十分です。
そして仙台、福岡、大阪、新潟、長野と今回初めて舞台に立つ場所もあり、今からワクワクしています。
台本を拝見したら、戦後の大阪に舞台が置き換えられていて、セリフがすべて関西弁でした。関西弁での演技は、ドラマ・映画も含めて、今回が初挑戦になります。
そして、三文オペラは音楽劇ですので、歌唱シーンも沢山登場しますし、沢山稽古して、楽しい舞台になればと思っております。
先日初めてお会いした演出の鄭義信さんは「あれ!?意外とオジサンなんだ!」という第一印象でした(笑)。これまで拝見した作品から伝わる熱量で勝手に“若者”をイメージしていたので、衝撃でした(笑)。
そんな鄭さんも「必ず面白くします!」と仰っていましたし、僕自身も非常に楽しみにしております。
これまでにも多くの方が演じてきた名作「三文オペラ」を、鄭義信さん流にアレンジした『てなもんや三文オペラ』ご期待ください!

関連記事


Page Up