Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

役所広司、21世紀に生きる我々の心に響く言葉がたくさん詰まっています! 映画『峠 最後のサムライ』完成披露試写会

2022/5/3 05:00

取材・撮影/RanRanEntertainment

司馬遼太郎が幕末の風雲児と呼ばれた越後長岡藩家老・河井継之助を描いた国民的ベストセラー『峠』が初の映像化。映画『峠 最後のサムライ』の完成披露試写会が5月2日(月) 都内で行われ、主演の役所広司、共演の松たか子、そして小泉堯史監督が登壇した。

 

0D2A5111s

幕末、越後の小藩、長岡藩の家老・河井継之助は東軍・西軍いずれにも属さない、武装中立を目指す。だが和平を願って望んだ談判は決裂。徳川譜代として義を貫き、西軍と砲火を交える。司馬遼太郎が描きたかった“風雲児”の物語である。

冒頭、役所は「いろんな事情があって今回は遅くなってしまいましたけれども、この映画の持つメッセージにおいては、より考えさせられる時期での公開になっていると思います。一人でも多くの方に観ていただけるよう、皆さんの力をお貸しください」と挨拶。撮影は2017年、コロナ禍の影響により、ようやく公開、それもウクライナでの惨事をいろいろと考えさせられる時期での公開となる。

小泉監督は映画化の経緯について「なかなか映画化の企画が通らないなか、司馬遼太郎さんの作品をやればなんとか次に進めるんじゃないか、『峠』の河井継之助は非常に惹かれた人物なので何とかこれをやりたいなと思って、シナリオを役所さんに送ったんです。役所さんから『ぜひこの役に挑戦したい』ということで、準備を始めていたらプロデューサーの方から話があった」と役所が大きな力になったことを明かした。

 

0D2A4979s

役所は「河井継之助さんの判断で戦争になって残念ながら長岡は焼け野原になったわけですけども、継之助さんの思い描いた国作りは素晴らしいものだったと思うし、継之助さんの未来を見据えた毅然とした態度から出てくる決断力はリーダーとして理想的な人物だと思います」と評価、さらに「台詞が膨大に立ち向かっていくことが今回の僕の役割だなと思っていました」と笑わせた。

また、今だからこそ、継之助から学ぶことは?と問われた役所は「藩内を説得したり、小千谷談判(薩長との和平交渉)では決裂しましたけれども、こういうリーダーが今必要じゃないかなと思います」と熱望した。

 

0D2A5076s

継之助の妻・おすがを演じた松は「現場で役所さんにお会いしたら、本当に軽快な継之助さんなので、この人と一緒に生きている女性なんだなっていうイメージが広がった。とても幸せな時間でした」と振り返った。さらに、おすがの魅力的な部分について「夫を疑わないというか、ついつい勘ぐったり試したり駆け引きなど余計な力を使ってしまいそうなところを、おすがは継之助さんを疑うことなく見つめているところ」と評し、いい夫婦関係を演じられたことを満足そうに語った。

役所は松が二十歳ぐらいのときに共演している。「お姫様役の松さんが、籠の中からこう出てくるシーンをモニターで見ていて、そのときに“なんて華のある女優さんだろう”と思って、すごく上品で・・・。久しぶりにお会いして、女性としてもお母さんとしても妻としてもどんどん豊かな女性になっていく感じがして、撮影では松さんの包容力で二人のシーンが出来上がったような感じがしていました」としみじみ語る言葉を聞いて、松は恐縮していた。

 

0D2A5139s

今回の撮影は、地元新潟を中心としてロケ、およびロケセットで行われた。役所は「長岡の人たちにはエキストラでたくさん協力してくださいました。新政府軍と長岡藩に分かれていくんですけど、やっぱり新政府軍の役を与えられると嫌がる人がとても多かったですね。長岡魂って未だに存在しているんだと思いました」と話し、「撮影中は遠くのエキストラも動かすし、僕が手前の方で長い台詞を喋っているときに後ろでも行進していて、ここで(台詞を)失敗したらどうしようかって思いました」とヒヤヒヤの撮影だったことを明かした。

松は「小道具一つとってもとても素敵で、お家の襖の柄とかも大好きで個人的に写真を撮って帰りました。(この時代に)こういう暮らしをしていたかと思うと、日本人の血が自分には流れていることを誇りに思いたいし、誇りに思えるような風景がたくさん出てきます。素敵なものを直に見ることができた日々はとても幸せでした」と懐かしんでいた。

 

0D2A5133s

そして最後に、役所は「やっと公開になります。この映画は21世紀に生きる我々の心に響く言葉がたくさん詰まっています。ゆっくり楽しんでください」と、小泉監督は「僕は今まで自分の好きな人物だけをずっと描いてきました。河井継之助に出会えたことは非常に大きなこと。皆さんがスクリーンで河井継之助に出会えることを非常に楽しみにしています。今日ご覧になって、ぜひ自分の心のなかでその人物を思い出して欲しい。そして何回か会いに来てくれれば・・・。それだけの準備をしたと思っています。是非何度かその出会いを求めて継之助さんに会いに来ていただければ嬉しく思います」とイベントを締めくくった。

映画『峠 最後のサムライ』(配給:松竹、アスミック・エース)は6月17日(金)公開
©2020「峠 最後のサムライ」製作委員会

関連記事


Page Up