Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

間宮祥太朗・主演最新作!島崎藤村不朽の名作「破戒」 本編映像初解禁!

2022/5/3 19:15

間宮祥太朗・主演最新作!島崎藤村不朽の名作「破戒」

『破戒』本ビジュアル

 

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた島崎藤村・不朽の名作「破戒」が間宮祥太朗・主演で映画化。7月8日(金)丸の内TOEIほかにて全国公開される。主人公・丑松を演じる間宮祥太朗は、自らの出自に苦悩し、そして最後にはある告白をする難役に気迫の演技で挑み、観る者を惹きつける。相手役・志保を演じるのは若手女優の中でも特に演技への評価が高い石井杏奈。丑松に恋心を寄せつつも、なかなか思いを告げられない控えめな女性を演じる。悩める丑松を支える親友・銀之助役に、出演作のオファーが相次ぐ若手俳優・矢本悠馬。さらに、眞島秀和、高橋和也、竹中直人、本田博太郎、田中要次、石橋蓮司、大東駿介、小林綾子など日本映画界を代表する名優たちが顔を揃える。

脚本は『クライマーズ・ハイ』『孤高のメス』『ふしぎな岬の物語』で数々の受賞歴を誇る巨匠・加藤正人と『バトル・ロワイアルII鎮魂歌』の木田紀生が担当。監督は『発熱天使』や『みみをすます』の前田和男。

舞台は、まだ身分制度の影が残る明治後期。この度解禁となった予告映像では、丑松の「なぜ好きな人に気持ちを伝えることが、できない」と苦悩のナレーションから始まる。「部落民という素性を隠せ」という父からの強い戒めを受け、身分を隠し教師となった丑松は、下宿先で士族の娘・志保と出会い、彼女への想いに心を焦がすようになる。誰にも自身の出自を明かすことのできない丑松だったが、「この世の矛盾に命懸けで切り込む人間を下等だというのなら、私は進んで下等な人間になります」と感情を剥き出しにする一面も。丑松が父の戒めを破り、切り拓こうとした未来とは――?

身分の違いに翻弄されながらも恋に落ちる丑松を、苦悩に顔を歪め大粒の涙をこぼし、気迫溢れる演技で体現する間宮から、一時も目が離せない。

予告映像:: https://youtu.be/2jHtIlXM6T4

映画『破戒』(配給:東映ビデオ)は、7月8日(金) 丸の内TOEIほか全国公開
©全国水平社創立100周年記念映画製作委員会

関連記事


Page Up