Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

広瀬すず、松坂桃李、横浜流星 撮影時のエピソードトークで会場盛り上がる! 映画『流浪の月』公開初日舞台挨拶

2022/5/14 12:54

取材・撮影/RanRanEntertainment

映画『流浪の月』の公開初日舞台挨拶が5月13日(金)、TOHOシネマズ 日比谷にて行われ、広瀬すず、松坂桃李、横浜流星、多部未華子、内田也哉子、そして李相日監督が登壇した。

 

0D2A7711s

原作は凪良ゆうによる傑作小説。10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文を松坂が演じる。横浜は更紗の恋人・中瀬亮を、多部は文の恋人・谷あゆみ、そして内田は文の母親役として出演している。

撮影から公開まで2年半、李監督は「(これまで苦労されたこと?大変だったことは?と必ず聞かれ、)撮影は過酷ですし、コロナ禍での中断もあって、大変だったんですけど、いい映画を作りたい!言葉にできないいろんな思いを観る人に届けたい!という、ただそれだけなので、大変だったかどうかは、この場に立つと忘れます」と初日を迎えた喜びを噛みしめていた。

 

0D2A7541s

更紗を演じた広瀬は「監督から“マグマみたいに”感情を吐き出し、背負って』と必ず言われて本番に入り、更紗として生きることに必死だった」と振り返り、「どういう風に(観客に)届くのか、ここ最近はドキドキとした楽しみと、ちょっとした緊張感をすごく感じます」と観客の反応が大いに気になるようだった。

体重を落として本作に臨んだという松坂は「情報解禁前で、言うに言えない。激やせでなんかあったのか言われていましたけど、そのうち分かるだろうなという感覚でいました(苦笑)。僕自身を今までにないぐらい役と向き合い、作品と向き合い、じっくりと時間をかけてアプローチした。ここまでやってもまだ終わりがない感じっていうのを初めて体験したし、この仕事を続けていくうえで、とても大切なことを教えてもらったなと思っています」と貴重な体験をしたことを明かした。

 

0D2A7489s

本作では今までにない顔が表現されていると評判の横浜は「観る方は更紗の目線で見るので、亮はすごく嫌な奴に見えるかもしれないんですけど、自分が亮の良き理解者で、亮を愛して生きていこうと思っていましたし、あとは更紗をまっすぐ愛すること。役作りの中でも本当に贅沢な時間を設けてくださり本当に感謝しています。自分のなかで変わったことが正直分かっていないんですけど、この作品以降より作品とか役への向き合い方がより強くなりました」と自信に満ちた表情を示した。

文(松坂)の恋人役を演じた多部は「短いシーンのなかで、どれだけキャラクターを出せるか、すごく悩みながら現場にいたことを覚えていて・・・。監督から『桃李君を触ってよ』って言われて、撮影の空き時間とセッティング中にずっと触らせていただいて、(松坂は)ウエストがぞっとするぐらい細く、いろんな思いで今ここに立っているんだなっていう気持ちも触りながら感じ、自分は邪魔しちゃいけないというか、頑張らないといけない!そういう気持ちを思わせてくれる人柄と体型でした」と松坂に感化されながら演じたことを明かした。

 

0D2A7519s

このあとは、撮影時のエピソードがいろいろと明かされる。まずは横浜が誕生日サプライズを仕掛けられた話。横浜は「文と更紗がすごく大事なシーンを撮っていて、そのあと僕の撮影が急遽ワンシーン追加され、監督から『ここに押しかけてきて、二人にゴミ箱を投げろ!』みたいな、監督も攻めるなと思って・・・。やったらゴミ箱のなかにプレゼントが入っていて嬉しいんだけど、ワンシーン追加っていうのはないそうで、ちょっと残念な気持ちというか不思議な気持ちになりました」とそのときの複雑な心境を明かす。

松坂は横浜の心の動きについて「(役として)激高して入ってきて、その激高の流れのなかでプレゼントが入っている。俺、誕生日だな!そういうことかと気づくあり自分の誕生日に気づくという…。怒りからの喜びに行くというストロークが凄まじかったはず」と同情、広瀬は「監督の前で嘘をつく演技はしてはいけないという感覚になっているので、きっと無駄な集中力になるんだろうと思いながらも、こんな機会はないと思いながら本当に笑いをこらえることに必死でした。ゴミ箱を投げ、『アレっ!?』と聞いたことのない声を出されて、私もツボにハマってしまいました」と思出し笑い。横浜へのプレゼントはバカラのグラス。「それにお酒を入れて飲んでいます」とニッコリだった。

 

0D2A7504s

「クランクイン前に、監督から『もう少し儚くなって』という指示があったという広瀬は「(撮影中は)エネルギーをいっぱい使うので食べました。トレーナーさんが食事管理してくださって、お昼はちょっとした息抜きにもなりますし、監督とも焼肉に行って食べていました」と話すも、監督「桃李君のことを考えると胸がいっぱいで」と苦笑。

広瀬は「ちょっと間違って、(松坂を)誘っちゃったんです。監督とリハーサルした後にちょっと食べに行こうか?みたいなことをさらっと言っちゃったら、桃李さんが『僕は大丈夫です。明日まで我慢します』と仰って、私たちもその日は監督と一緒にコンビニのご飯にしました」と申し訳なさそうに話し、李監督が「最後のシーンを撮り終わってから、洋食屋さんに行って、『何でも食べていい』と言って最初に注文したのが胃に優しい雑炊。桃李君の笑顔を見て、罪悪感が全部落ちていきました」と大変な撮影現場が今では笑い話。

 

0D2A7480s

続いて、多部は撮影前には李監督の情報収集を行っていたという。「どんな方なんだろうと思って、調べたら恐怖におののくような情報が・・・。李監督作品に出演された役者さんのインタビューや発言を調べて、先行イメージが強すぎて、ビビりながら撮影に行きました。久しぶりのお芝居の現場だったので、監督には『緊張しています』と言ったら、『僕も監督業は3年ぶりなので同じです』という風にフォローの言葉をかけてくださったので、それに救われる自分がいたり、怖いっていうのはちょっと違うなと撮影初日に思いました」と述懐。松坂は「すっごいカチカチに緊張している(多部の)姿を見たことがすごい新鮮だった。(多部とは)『李さんは厳しいというより僕のなかでは愛情深い』という話をしましたね」と振り返っていた。

 

0D2A7645s

コーヒーの入れ方を事前に練習していたという松坂は「現場での合間とか、ちょっと早めに入った日にはコーヒーを入れたり。でも(スタッフのなかに)僕よりも美味しいコーヒーを入れる人がいることに気づき、だんだん張り合い、お互いその方とコーヒーを出し合いながらやってました」とコーヒーにも精を出したことを明かした。

イベント最後には、安西梨花役の増田光桜が広瀬、松坂への花束を持ってサプライズ登場した。増田は物語の終盤、更紗と文の選択に重要な影響を与える重要なキャラクターを演じ、NHK朝ドラ「なつぞら」では広瀬と親子役で共演している。広瀬は「朝ドラでは、光桜ちゃんとのコミュニケーションを取るのに休憩中遊んでたんだよね。また李組で共演させていただけたことがものすごく嬉しくて、お母さん役の気持ちが離れず、監督と横に並んでいる姿を見てと泣きそうになりました。距離が近いままお芝居ができて、今回もその延長でお芝居ができて幸せでした」と再会を喜んだ。

『流浪(ルビ:るろう)の月』(配給:ギャガ)は、全国公開中。
©2022「流浪の月」製作委員会 

関連記事


Page Up