Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

芦田愛菜、皆さんに新しい風が吹くような、前向きな出会いがありますように! 映画『メタモルフォーゼの縁側』ヒット祈願イベント

2022/6/9 17:42

映画『メタモルフォーゼの縁側』ヒット祈願イベント

オフィシャルスチール①s

6月17日(金)公開の映画『メタモルフォーゼの縁側』ヒット祈願イベントが6月8日(水)TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、芦田愛菜、宮本信子、高橋恭平(なにわ男子)、生田智子、光石研、狩山俊輔監督が登壇、本作の大ヒット祈願と、物語にちなみ、叶えたい夢や目標の成就をご祈祷した。

4月に行われた完成披露イベントにてご覧になったお客さまより絶賛の声が届いたことに、芦田は「原作の漫画の雰囲気が好きで、その雰囲気を壊したくないなと思っていたので、そう言っていただけて嬉しいです。原作にない部分のうららは、こういう時はどんな顔をしているかなとかと想像して“うらら像”をつくっていきました」、うららの幼馴染役を演じた高橋は「紡はうららの幼馴染という役柄で、“さりげないイケメン”。イケメンを出すのではなく、イケメンが出ちゃうという意識でやっていました(笑)」と話した。そして75歳にしてBL漫画にハマる雪を演じた宮本は、劇中の小道具として自身のお母さんものを提案したそうで「母も書道を60歳からやっていまして、ちょうど雪さんと被るところがありました。長い間ひとつのものをずっと使っていたということを表現したくて、監督に相談して母のものを出させていただきました」と明かすと、狩山監督は「歴史というか古いものを大事に使ってらっしゃるということが雪さんのキャラクターとマッチしていて、本当に助かりました。ありがとうございます。」と撮影秘話を披露した。

タイトルにある“メタモルフォーゼ”にちなんで、変身・変化できるとしたら何になりたいか聞かれると、芦田は「猫が家にいるので、猫になりたいです。何を考えているのか聞いてみたいことがたくさんあるので会話してみたいですね」、宮本は「スターウォーズのヨーダです。世の中が平和になるようにヨーダの力を借りて…」と意外な回答で会場を沸かせる。高橋は「ヨーダの次で緊張しますが(笑)、鏡が好きなので鏡になってみたいですね。ミラーワールドみたいな、もうひとつの世界があるんじゃないかなと思っていて、その世界をのぞいてみたいなと思います」と、ここでも回答で会場を沸かせた。生田が「私は、ガールズK POPアイドル!めちゃくちゃかっこよくセクシーに踊ってみたいです」と、光石が「ミュージシャンになりたかったんです!楽器とダンスと歌がコンプレックスなので、できる人をすごい尊敬します。楽器をかき鳴らして歌ったり、黒い皮のパンツも履いてみたいです」と告白すると、「なんだったら、僕が(なにわ男子に)入ってもいいんだよ?」と高橋に視線を投げかける。高橋も「一緒にやりましょう!」と返し、会場を盛り上げた。

うららと雪が夢へと挑戦する姿が描かれる本作。叶えたい夢について聞かれると、芦田は「“みんなが遊びに来てくれるようなお家にしたい!!”です。みんなが“愛菜の家行こう!”となるような家にしたいなと思います。こたつを置いてみんなでゴロゴロできたらいいなと思います」、宮本は「次の“仕事を楽しみにしております!”。あとどれくらいの役ができるかなと思う」、高橋は「“車の免許を取りたい!”です。なにわ男子のメンバーが10代で持っていて、僕自身車も好きなので」、生田は「“留学という名の遊学をしてみたい”ですね。フラメンコが好きなのでスペインで習ってみたいです」、光石は「なんといっても“生涯現役!”です。どうにか続けていきたいなと思います!」とそれぞれ発表。そして監督が「『メタモルフォーゼの縁側』大大大ヒットです!」と最後に発表すると、会場からは映画を応援するように温かい拍手が。

 

オフィシャルスチール②s オフィシャルスチール③s

そして、登壇者一同の夢と観客の夢、そして映画の大ヒットを願いご祈祷。最後には、芦田が「タイトルにもある縁側とは、中と外をつなぐものだなと思っています。初めて雪さんの家に行くシーンで、縁側の戸を開けて風を感じるシーンがあるんですが、居心地の良い“中”と、蒸し暑くてちょっと居心地の悪い“外”を縁側がつないでくれていて、なんだかそれがうららに新しい風が吹いてきたような感じがしたんです。この映画を観ていただいた皆さんに、うららみたいに新しい出会いだったり、新しい風が吹くんじゃないかという前向きな気持ちになっていただけたら嬉しいです」と挨拶し舞台挨拶を締めくくった。

映画『メタモルフォーゼの縁側』 6月17日(金)全国ロードショー

関連記事


Page Up