Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『異動辞令は音楽隊!』 主演・阿部寛が関西・名古屋の“警察音楽隊”を訪問!

2022/7/20 22:00

『異動辞令は音楽隊!』 阿部寛、関西・名古屋の“警察音楽隊”を訪問!

大阪-(4)S

 

犯罪捜査一筋30年の鬼刑事で、突然警察音楽隊へ異動辞令を命じられる成瀬司を演じるのは阿部寛。そして、清野菜名、磯村勇斗、高杉真宙ら若き才能と、光石研、倍賞美津子ら日本映画界の重鎮たちが脇を固める。

この度、阿部寛が大阪府警察音楽隊を訪れ「一日音楽隊長」に就任。本作でドラムに初挑戦した阿部は「最初は右も左もわからなくて劇中同様イチからがむしゃらに練習したけど本当に難しくて“なんでこんなことやらなきゃいけないんだ”という感覚だったが、練習して徐々にできるようになってから歓びが湧いてきた。クランクイン前、みんなでした合同練習はすごく良い経験になった」と振り返った。

その後大阪府警察音楽隊の生演奏を鑑賞した阿部は「興奮しました!『宝島』は自分たちも演奏しましたが、一人一人の演奏を目の前に、皆本当に息が合っていて、楽しそう」と感想を述べ、最後には「皆さんが一体となって演奏することで、お客様が笑顔になるというのは本当に素晴らしいなと 今後も頑張ってください!」とエールを送った。

 

名古屋DSC_0073S 名古屋IMG_1257S

続けて名古屋に場所を移し、愛知県警察音楽隊が「オアシス21」という施設で定期的に行っている街角コンサートに阿部寛がサプライズで登壇。この場所は本作のメガホンをとった内田英治監督が愛知県警察音楽隊のコンサート動画を偶然YouTubeで目にしたことで物語の着想を得たまさに原点の地。そして音楽隊員の中に、まさかの本作主人公・成瀬さながら“10年間の刑事人生から、警察音楽隊に異動”になったという音楽隊員がいると聞いた阿部はその隊員に「最初どうでした?」と質問を投げかけ、「最初はやっぱりなんで自分がと思いましたが、今はいっぱい練習してここで良い曲を弾けるように頑張ってます」と話し “リアル成瀬”とも言える隊員と交流する一幕も。最後には観客に向け映画でも描かれている、詐欺事件について「世の中がもっと安全になるよう注意しましょう。詐欺には気を付けてください。焦らされてしまうと誰でも引っ掛かってしまう」と注意喚起を呼び掛けた。

涙と笑いの人生大転換エンターテインメント『異動辞令は音楽隊!』は8月26日(金)公開!

関連記事


Page Up