Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画『異動辞令は音楽隊!』 ニューヨーク・アジアン映画祭でワールドプレミア上映!阿部寛は日本人初となる【スター・アジア賞】受賞

2022/7/24 16:38

阿部寛・主演 映画『異動辞令は音楽隊!』

20220722_DSC3146-s

阿部寛主演『異動辞令は音楽隊!』(8月26日公開)が、ニューヨークで開催中の20周年記念ニューヨーク・アジアン映画祭(NYAFF)にて、現地時間の7月22日(金)にワールドプレミア上映され、主演の阿部寛と内田英治監督が登壇。更に、本映画祭にて、阿部寛がアジアで最も活躍する俳優に与えられる【スター・アジア賞】を受賞。過去にイ・ビョンホンやカン・ドンウォン、ドニー・イェンら名だたる名優が称された賞で日本人初の受賞となった。

映画、オペラ、バレエ、クラッシックの中心地と言えるリンカーン・センターで開催中の当映画祭。阿部寛も授賞式に駆けつけるとあり、当日は早くから当日券を並んで待つ観客がいるほどに盛況だった。

阿部寛が全身黒のシャープなスーツと靴に、襟に何気ない光沢とポケットチーフをアクセントにした姿で現れると、ファンがどっと押し寄せレッドカーペット前は、ものすごい熱気となった。阿部と同様に全身黒でおしゃれなスタイルの上下を着て登場した内田英治監督も、終始にこやかな笑顔で対応。阿部は、手を振るファンに笑顔で手を振り返すなど、短いながらも、NYのファンにとっては貴重な交流を楽しんでいる微笑ましいレッドカーペットとなった。

 

20220722_DSC2992-s

受賞式では、阿部が笑顔でかつ堂々と英語でスピーチ。「どうもありがとうございます。この素晴らしい賞をいただけて本当に嬉しく思っています。また、今世界が大変な時期に、こうしてニューヨークに来られて最高です。今日ここ、ニューヨークアジア映画祭に来てくださった皆さんの顔が見られて、今ものすごく幸せに思っています。それから、この映画祭に尽力くださったスタッフの皆さんにもお礼申し上げます。また、私のこれまでの作品に手掛けてくださった、全ての監督、俳優の皆さん、スタッフの皆さんにもここで改めてお礼を言わせてください。本当にどうもありがとうございます」と挨拶。

 

20220722_DSC2934-s

また、内田監督も紹介され、続けて拍手が贈られた。内田監督は「今回は、ニューヨークに招いていただいてありがとうございます。僕は、30年くらい前にニューヨークの五番街にあった”ナニワ”という日本食レストランで、皿洗いのバイトをしていました(笑)。なので本当に懐かしい街なんです。今回、阿部さんが主演で映画を撮らせていただきました。皆さんご存知のように阿部さんは本当に特別な俳優なので、現場で撮影しながら主人公は阿部さんしかいないなあと気持ちで撮影していました。NY市警にも有名な音楽隊があるので、僕の夢は、阿部さんが、NY市警の音楽隊と対決する『パート2』を考えています。皆さんぜひこれからこの映画をお楽しみください」と上映前の観客を笑わせながら、スピーチした。

関連記事


Page Up