Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

SixTONESの髙地優吾 「1年前から緊張」も「すごい楽しい舞台になる」とアピール! 舞台「夏の夜の夢」製作発表

2022/8/8 18:30

取材・撮影/RanRanEntertainment

舞台「夏の夜の夢」製作発表会見が、8月8日(月)に東京都内で行われ、中村芝翫、南果歩、SixTONESの髙地優吾、生駒里奈、宇梶剛士、演出の井上尊晶、音楽の松任谷正隆、松竹の山根成之専務取締役が出席した。

 

0D2A0759s

左から:松任谷正隆、生駒里奈、髙地優吾、中村芝翫、南果歩、宇梶剛士、井上尊晶

 

演出を故・蜷川幸雄氏の助手を長年勤めた井上、翻訳を日本を代表するシェイクスピア研究家である河合祥一郎、音楽を松任谷と、2018年に新橋演舞場で上演された『オセロー』のスタッフが再タッグを組んで贈る本作。今回は、原作の役名やセリフはそのままに、世界観を日本に移した新演出となっている。

 

0D2A0629s

 

オーベロンとテーセウスの2役を演じる芝翫は、「『夏の夜の夢』は、これまでいろいろな形の芝居で拝見しましたが、実は私どもの歌舞伎の俳優祭というファン感謝デーでも数年前に1回やったことがあります。ただ、改めて台本を観ると、ちんぷんかんぷんで全くわかならくて…。8月2日から立ち稽古に入っていますが、まだ思うようにつかめずにいます」と率直な思いを明かした。そして、「喜劇は本当に難しい。歌舞伎では喜劇もやって来ましたが、今回、このスタイルでやるのは初めてなんで、稽古の中でも尊晶さんにヒントをもらい、道しるべを建てていただきながら、それをどうこなしていくか。また新たな自分を見出せたらいいなと思っています」と力を込めた。

 

0D2A0643s

 

一方、ティターニアとヒポリュテの2役を演じる南は、シェイクスピア作品への出演は今回が3度目。「コロナ禍で舞台に立てる幸せを十分に感じながら、尊晶さんからはプレッシャーをいただいていますが、それに打ち勝つべく、コロナにも打ち勝つべく、最後まで健康で、楽しく、暗い空気を一瞬でも忘れていただけるような、夢の世界を作っていけたらと思います」と笑顔を見せた。

 

0D2A0655s

 

ニック・ボトム役の宇梶は、「アングラをいっぱいやってきましたが、日生劇場は初めて。今まで幾度となく見上げてきた舞台に自分が立つので、長くやっているといろいろなことがあるなと」と感慨深げ。稽古については「楽しいです。稽古場が楽しいって(俳優にとって)喜びです。いい時間を送っています」と話し、「僕は僕がいただいた役をそこで全力で生きる。その心になって舞台に立つ。そうして、一人ひとりの生き生きしたものの連続で、この舞台がめくるめく展開になっていくと信じてやっていきます」と意気込んだ。

 

0D2A0671s

 

青年ライサンダー役の髙地は、ジャニーズ事務所以外の“外部舞台”への出演は本作が初。「お話を1年くらい前にいただいて、その1年前から緊張していました。台本を読んだ時に、すごく面白い作品だと思いました。シーン変わりがはっきりしているので、長い舞台でもすごい楽しい作品になると思います。早く最後まで稽古してどういうふうに感じていただけるのか楽しみです」とコメント。グループのメンバーは観に来るのかと尋ねられると、「メンバーにはあまり来て欲しくはないですが、SixTONESにいる髙地とはガラリと違う一面を見せられるように、いつ来てもいいように頑張っていきたいと思います」と語った。

 

0D2A0807s

 

そして、ハーミア役の生駒は、シェイクスピア作品も日生劇場も初。「芸歴11年目を歩んでいく今年、久しぶりの舞台稽古で、毎日高い壁がやってきて、それを毎日超えられない状態です。いつかこの高い壁を乗り越えたらもっと成長していい俳優になれるんじゃないかと、毎日を楽しく過ごしています。本番を迎えた時に、誰かの希望になれる作品になれるように努めていきたいと思います」と思いを寄せた。

 

0D2A0782s

 

舞台「夏の夜の夢」
2022年9月6日(火)~28日(水) 日生劇場
チケット発売:7月24日(日)
主催:松竹株式会社
公式サイト:https://www.shochiku.co.jp/play/detail/natsunoyonoyume_2209/

関連記事


Page Up