Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

永野芽郁×奈緖 『マイ・ブロークン・マリコ』 場面写真解禁! “劇中の手紙を全て自筆”した奈緒 「この作品のために思いつく限りのことは全部やりたい」

2022/9/16 18:00

永野芽郁×奈緖 『マイ・ブロークン・マリコ』 場面写真解禁!

笘・DSC1716s

 

平庫ワカのコミック『マイ・ブロークン・マリコ』が、主演・永野芽郁、タナダユキ監督により映画化、9月30日(金)より全国公開される(配給:ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA)。

原作の『マイ・ブロークン・マリコ』は、2019年に無料WEBコミック誌「COMIC BRIDGE」で連載(全4回)されるやいなや毎話SNSでトレンド入りし、翌年出版された単行本(全1巻)では即重版が決定するなど、爆発的な反響を呼んだ。また、「輝け!ブロスコミックアワード2020」大賞を受賞、「この漫画がすごい!2021年オンナ編」第4位にランクインしたほか、2021年に文化庁が主催するメディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞するなど、ほぼ無名に近い新人作家の初連載作にも関わらず、異例の快挙を成し遂げ話題となった。

 

_DSC1693s

 

この度、本作より場面写真が解禁。今回解禁となったのは奈緒演じるマリコの写真。屈託のない笑顔を見せるマリコだが、頬には殴られた痣が痛々しく写っている。シイノ(永野芽郁)が旅をする中で、マリコの回想と共に出てくる“手紙”は本作にとって重要なアイテム。時代感を感じさせ、そして回想での出演となるマリコというキャラクターを表すためにも重要な手紙は、マリコを演じた奈緒がすべて自筆した。

 

letters

 

最初にタナダユキ監督と会った際に「美術部さんが用意されるかもしれませんが、手紙を書いてもいいですか」と相談したという奈緒。タナダ監督からも「書いてほしい」とリクエストがあり、書き始めたが、その時期に永野も役作りの一環でドクターマーチンを履き始めており、示し合わせたわけではないのにも関わらず、ふたりは同時期に『マイ・ブロークン・マリコ』の旅をスタートさせていた。

原作を読み、心を強く動かされた奈緒は「この作品のために最大限、思いつく限りのことは全部やりたいと思っていました」と話しており、そのひとつとして作品のキーアイテムとなる“手紙”を書いている。

 

_DSC3957s

 

今年もすでに3本の出演作が公開されており、日本テレビ10月クールドラマ「ファーストペンギン」で待望の初主演を務めるなど引っ張りだこの奈緒の本作での演技を劇場でお見逃しなく!

先日、カナダ・モントリオールで行われたファンタジア国際映画祭で最優秀脚本賞を受賞し、益々公開が期待される。

©︎2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

関連記事


Page Up