Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

松本穂香×玉城ティナ×渡邊圭祐 映画『恋のいばら』ティザービジュアル初解禁!

2022/9/17 12:00

松本穂香×玉城ティナ W主演 映画『恋のいばら』

KI_teaservisual_220914

 

『アルプススタンドのはしの方』、『女子高生に殺されたい』、『ビリーバーズ』などジャンルを問わず話題作を多数生み出し続け、高い評価を得る鬼才・城定秀夫監督の最新作、映画『恋のいばら』が、松本穂香、玉城ティナのW主演、渡邊圭祐・共演により映画化、2023年1月に全国公開される。

図書館で働く桃(松本穂香)は、突然、フラれてしまった元カレ・健太朗(渡邊圭祐)のSNS を見て、今カノ・莉子(玉城ティナ)の存在を知る。自分とは正反対のイマドキな洗練された莉子に興味を持ち、調べていくうちに、本人を特定。“ある理由”で、莉子に直接会いに行ってしまう…。 今カノ・莉子と対峙した桃は言う。「リベンジポルノって知っていますか?」そして「彼が撮った二人の秘密の写真データを取り返したい…あと、あなたも撮られてないですか…」と。元カノと今カノ。出会うはずがないふたりが出会った今、“秘密の共犯”が始まろうとしている――。

松本は玉城との初共演について、「ティナさんの人柄とその美しさにたくさん助けられながら、桃という人間を作り上げることが出来たと思っています」とコメント。また、玉城は「桃役を演じられた松本穂香さんとのシーンが多かったので、二人の関係性の移ろい方なども二人で話し合いつつ、城定監督の思う世界観を作り上げていきました。元彼の、今カノ、という立場でしたが、三人のでこぼこな関係が、どうスクリーンに映るか、楽しみです」と撮影当時を振り返った。

元カノ(松本)、今カノ(玉城)の二人をつなぐ、“疑惑”のある彼氏・湯川健太朗役で出演するのは、今大注目の俳優渡邊圭祐。「女性に対する性の感性の歪みと、モノに対する美しいという感性の折り合いをつけようとしたときに、罪悪感を持たない健太朗という男性を演じさせていただきました。その罪悪感のなさと歪みで出会う桃と莉子の2人の結論と、3 人の折り合いのつけ方を想像しながら観ていただければと思います」と来年公開に向けてお客様へコメントを寄せた。

本作の監督を務めるのは、公開予定作品を含め、今年だけでも脚本または監督を務めた作品が6本も公開する、日本映画界で注目を集める城定秀夫監督。近年では特集上映が組まれるなど、全ての作品を観たくなる監督と言われ、その情緒豊かな作風に心を掴まれたファンも増え続けている。本作では、出会うはずのなかった三角関係から、誰しもが抱く嫉妬や恋心を、繊細且つエキセントリックに映し出す。

映画『恋のいばら』は、2023年1月公開決定

©2023「恋のいばら」製作委員会

関連記事


Page Up