Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高杉真宙、関水渚、「キュンとするシーンは、めちゃくちゃテレました」 映画『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』完成披露試写会

2022/9/18 21:11

取材・撮影/RanRanEntertainment

映画『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』(10月14日公開)の完成披露試写会が9月18日(日)に都内で行われ、主演の高杉真宙、ヒロイン役の関水渚、共演の小野ゆり子、芹川藍、そして長崎俊一監督が登壇した。

 

0D2A2258s

左から:芹川藍、小野ゆり子、高杉真宙、関水渚、長崎俊一監督

 

本作は、海辺の町を舞台に、小さな診療所で医師として働く俊英(高杉)と、彼がかつて一目惚れをした女性に“ソックリ”な亜子(関水)が出会い、共に暮らす中で次第に紡がれる恋模様や二人を支える家族が織りなす心温まる絆の物語。

 

0D2A2062s

 

好きだった人とそっくりな女性と同居することになる主人公・俊英を演じた高杉は「なかなかない経験、そこからどんどん(彼女のことを)知っていくことがすごく素敵だなと思いながら演じていました」と振り返り、不器用なキャラを演じたことには「あまりにも僕自身とは口調の違いというか言い回しの違いが大きくて、最初は戸惑った感じがしますね。Sッ気もあり、大人しくもあり・・・。高杉真宙からSッ気なんて出ないんですけど、ありがたいというか、楽しくやらせてもらいました」と新たな体験を明かした。

 

0D2A2094s

 

一方、亜子を演じた関水は「すごく楽しかったです。俊英さんの家族、(芹川演じる家政婦の)きよさん、(石橋蓮司演じる)じいさんと一緒に生活していくなかで、自信のなかった亜子が少しずつ自分を解放していけるようになって、みんなに認めてもらえて幸せな日々を送る。私の役もそうですし、それとリンクして、私もちょっとずつ幸せを感じられて、毎日の撮影がすごく楽しかったです」とニッコリ。

劇中での二人のキュンとするシーンについて、高杉は「なにか不思議だなと思いながら、ずっとテレていました。それでも、画としてどうしたら違和感なくできるのかな?演技ってむずいなーと思ってました」と照れ笑い、関水も「もちろんめちゃくちゃテレました」。MCが「テレているところを映像で楽しみにしていただけたら」とコメントすると、高杉は「伝わらなくていいかな!」、関水「伝わっちゃダメです」と否定。MCは「想像しながら観ていただければ」と言い直した。

 

0D2A2257s

 

長崎監督は「小さな出来事が積み重なっていく展開。それが俳優さん達によって、命が生まれてすごく豊かな感じになったかなと、それを楽しんでもらえたらと思います。ラブストーリーではあるんですけど、本当の声が始まるまでの話かなって思います」と本作の見どころを語った。

イベントの後半は、本作の舞台が海辺の町の小さな診療所であることから、公式Twitterにて募集したお悩みの解決コーナー。悩みその1は「部署移動のある仕事で入社3年目。部署内で古株になってきた故に、最近怠慢ンからミスが増えた気がして落ち込んでいます。ミスなくこなすためのアドバイスを」。

 

0D2A2087s

 

高杉は「僕も(俳優を)何年かやらせていただいて・・・。教える側に回ってきても、後輩からあまりあまり聞かれることがないな(笑)。たまに聞かれて、自分なりの考えが恥ずかしくなく言えるようになった。少しでも手助けになるようなことができたらいいなと思います」とアドバイス。芹川は「『ミスをしないように』って言うと必ずミスをするから、『ミスしてもいいよ』ぐらいの言い方をした方がいいよね」と人生の先輩がフォロー。

 

0D2A2137s

 

悩みその2「友達と写真を撮る機会が増えたんですが、自然な笑顔を作ることが苦手。カメラを向けられた際に、どのように自然な笑顔を作っているんですか?」。関水は「これは場数だと思うんです。高校生のときには、スマホで写真を撮られたりしたんですけど、不自然に顔をしかめていて・・・。上手な子は毎日毎日撮っているんです。毎日撮っていれば、角度を研究したり、絶対上手になっていくから、やっぱり練習なんじゃないかな」と模範解答を披露した。

イベントの最後には代表して高杉が「この映画はラブストーリーの視点で始まる映画かもしれないですが、家族との絆というものがより明確に見える映画、人との絆を再確認できる映画です。本当に自分を出す(表現する)ことの大事さを、僕はこの映画を観ながら思ったんですけど、改めて人と一緒に食事をすることの素晴らしさを感じられた気がします。この映画を観てほっこりと温かい気持ちになって、『ありがとう』が増えるような、感謝の気持ちになっていただけたら嬉しいです」と締めくくった。

映画『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』 10月14日(金) 全国ロードショー
©2022『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』製作委員会
配給:バンダイナムコフィルムワークス

関連記事


Page Up