Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

主演・藤ヶ谷太輔 映画『そして僕は途方に暮れる』 身を削って主役を演じ切る! 場面写真とメイキング写真も解禁

2022/10/25 17:59

主演・藤ヶ谷太輔 映画『そして僕は途方に暮れる』

場面写真①

 

2018年にシアターコクーンで上演され、各所から絶賛を浴びたオリジナルの舞台を、脚本・監督・三浦大輔×主演・藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)が再タッグを組み映画化が実現した『そして僕は途方に暮れる』が、2023年1月13日(金)より全国公開される。

本作は、第35回東京国際映画祭(10月24日~11月2日開催予定)ガラ・セレクション部門に正式出品されることも決定している。

この度、本作の撮影時のエピソードとともに、場面写真とメイキング写真が公開となった。
本作は、藤ヶ谷太輔演じる主人公の平凡なフリーター・菅原裕一がほんの些細なことから、恋人、親友、先輩や後輩、家族…と、あらゆる人間関係を断ち切っていく、人生を賭けた逃避劇。

脚本・監督を務めるのは、『愛の渦』『娼年』など、毎回賛否が渦巻く衝撃作を世に送り出し、各界から注目を集め続けている異才・三浦大輔。

映画主演6年ぶりの藤ヶ谷は、ばつが悪くなるとすぐに逃げ出してしまうクズ男っぷりを見事に体現。「あんな限界を迎えたことはない」と言わしめるほど、現場ではまさしく心身を削り撮影に挑んだ意欲作。これまでのイメージを大胆に覆し、俳優として今までとはまた違う新たな魅力を放つ。

裕一と5年間同棲している彼女・里美役に前田敦子、親友・伸二役に中尾明慶が、舞台と同じ役柄で続投。映画から新たなキャストとして、裕一の父・浩二役、母・智子役に、日本映画界をけん引する俳優、豊川悦司、原田美枝子が名を連ね、姉・香役に香里奈、バイト先の先輩・田村役に毎熊克哉、大学の後輩・加藤役に野村周平ら個性的で魅力あふれるキャスト陣が集結。

さらに本作のエンディングでは、1984年に大ヒットを記録した大澤誉志幸の伝説の楽曲「そして僕は途方に暮れる」を起用。大澤本人が本作のための新アレンジで歌唱、この物語の余韻を心に刻む。

 

メイキング①場面写真②

 

現場での藤ヶ谷は、人間関係を断って逃げる役柄ということもあり、役に向き合って黙々と芝居に臨んでいた。演出面で監督に追い込まれ、藤ヶ谷自身も敢えて自分を追い込んでいたようにも見えたという。撮影が進むにつれ、どんどんやつれて疲弊していった藤ヶ谷は、「まさに身を削って裕一役を演じ切った」と言えるだろう。

些細なことから思いがけず始まった、1人の平凡なフリーターの逃避劇。共感と反感の連続、予測不能なストーリー、二段オチとも言えるまさかのクライマックス!「すべてを捨てて逃げ出したい」衝動を赤裸々に描く《現実逃避型》エンタテインメントが誕生した。

©2022映画『そして僕は途方に暮れる』製作委員会

関連記事


Page Up