Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

三宅健「嫌なことを全て忘れて、平安の世に誘えるように」 『陰陽師 生成り姫』フォトコール&初日前会見

2022/2/23 04:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

三宅健主演の『陰陽師 生成り姫』フォトコール&初日前会見が2月22日(火)に、新橋演舞場で行われ、三宅、音月桂、林翔太、木場勝己が登壇した。

IMG_0050s

左から)林翔太 音月桂 三宅健 木場勝己

 

本作は、全世界で大ヒットを記録している夢枕獏の小説「陰陽師」を原作に、安倍晴明と無二の友である源博雅との友情や、晴明がそっと見守る徳子姫と博雅の切ない恋などを描き出した作品。主人公の安倍晴明を三宅が、源博雅を林が、徳子姫を音月が演じる。

IMG_0007s

IMG_9969as


この日のフォトコールでは、晴明と博雅が徳子の生き霊と出会う第1幕の6場、蘆屋道満(木場)が自害をしようとする火丸(佐藤祐基)を止める第2幕の3場、そして鬼になった徳子が済時(姜暢雄)に襲いかかる第2幕の4場が公開された。

IMG_9728a

IMG_8298s


会見では、まず三宅が「何とかこの日までやってこれたので、何事もなく千穐楽を迎えられるように、引き続き皆様と一緒に努力をしながら過ごしていきたいと思います」と挨拶。続いて音月が「カンパニー一丸となって、一つひとつ手仕事で作り上げてきた舞台なので、この思いを受け取っていただけるように、丁寧に心を込めて育てていけたら」と思いを語った。

IMG_9269s


「手仕事で作り上げた」と音月が話す本作の演出について、三宅は「(第2幕の3場では)精霊たちが、剣を縦横無尽に動かすシーンがありますが、あのシーンのようにダンサーの力をお借りしながら、素敵な音楽を奏でてくださる皆さまと一緒に作っています。セッションというような感じで、芝居とダンス、音楽が混ざり合ってできている作品になっていると思います」と説明。また、本作で苦労していることを聞かれると、三宅は「カツラが重いです。肩が凝ります。これ(着物)を年中着ている歌舞伎役者の方々は本当に素晴らしいなと尊敬しかありません」と明かした。

IMG_8569s


一方、第2幕の4場では、鬼になった姿を披露した音月だが、「(鬼役は)初体験なので、鬼として立居振る舞いも殺陣も、ゼロからでしたが、ダンサーの皆さんに支えていただいて、自分1人の力では絶対に出せない迫力や熱量を作り上げてくださいます」とコメント。さらに、音月は「赤い化粧をして、コンタクトもカラーコンタクトをしています」と外見にも力を入れていることを明かした。その姿は圧巻で、三宅も「登場してくるところは怖い」とお墨付きを与えていた。

IMG_7941s


また、V6に憧れてジャニーズ事務所に入ったという林は、三宅との外部(ジャニーズ以外の舞台)初共演を「幸せな日々を過ごさせていただきました。僕にとっても思い出のある新橋演舞場で、こうして一緒にステージに立てるのは奇跡のような出来事です」と喜んだ。そして、三宅の稽古場での立ち居振る舞いを「外のお仕事で色々な俳優さんとご一緒にお仕事をしているところを見るのが初めてだったのですが、目がいくつあるんだろうというくらい、周りの方をよく見ていらっしゃる。色々な方に気を遣って、現場の空気づくりをしてくださり、すごく居心地がいい空間でした」と絶賛した。

IMG_8931s


会見の最後には、木場は「(陰陽師にちなんで、祓いたいものは)僕はコロナを祓いたいです。千穐楽まで無事に完走できることを祈っています」と思いを込め、林は「大変な状況の中で、舞台ができるだけでも幸せです。僕らのパフォーマンスで感じるところもあると思うので、少しでも多くのものを持って帰っていただけたらと思います」と呼びかけた。そして、音月は「まだまだ不安な状況が続いている中で、人の温もりや温度を今までのように近くで感じる時間が少なくなってしまいました。(本作では)私たちの温度や暖かさを受け取って、ぬくぬくで帰っていただきたいと思います。最後まで心を込めて頑張ります」と意気込み、三宅は「お芝居が上演されている間は、嫌なことを全て忘れて、平安の世に誘えるように、私たちも準備をしていますので、ぜひお越しください」とアピールして締めくくった。

IMG_9097s


『陰陽師 生成り姫』は、2月22日(火)~3月12日(土)に東京・新橋演舞場、3月18日(金)~24日(木)に京都・南座で上演。


 

 

 

関連記事


Page Up