橋本汰斗・田鶴翔吾・佐野真白インタビュー!なかよくハート、おもいやりハート、かわいいハートとして挑む、ミュージカル『From Hello Kitty』

2021/9/11 18:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

サンリオ60周年企画、Sanrio Kawaii ミュージカル『From Hello Kitty』が、2021年8月24日~9月26日まで、アジア初の360°回転劇場・IHI ステージアラウンド東京にて上演される。本作は、ハローキティの誕生物語に加え、パワーアップしてやってきた大人気の「Miracle Gift Parade」特別版の上演、人気キャラクターによる歌とダンスなど、見どころが盛りだくさんのミュージカル。サンリオ創業者をトリプルキャストで演じる橋本汰斗、田鶴翔吾、佐野真白の三人に舞台への意気込みを聞いた。

051-2s

左から)佐野真白  橋本汰斗  田鶴翔吾


───出演が決まった際のお気持ちをお聞かせください


佐野:率直にうれしかったです。僕は、サンリオピューロランドで上演されていた「ちっちゃな英雄(ヒーロー)」と「MEMORY BOYS~想い出を売る店~」の2作品を経て、3作目が今回の『From Hello Kitty』だったので、またサンリオの世界に入れるということが幸せだなと思いましたし、一度は立ってみたかった憧れの劇場なので、初日を迎えるのが楽しみです。

橋本:キティちゃんやプリンくんなど、ちっちゃい頃からなじみのあるキャラクター達と一緒にステージに上がれることにすごいワクワクしました。そして会場がIHI ステージアラウンド東京で、この空間を使ってどういう演出になるのかワクワクしています。

田鶴:僕も母親がサンリオのキャラクターのグッズを持っていて、その影響でキャラクターに親しみがあったので、今回出演が決まって嬉しかったですし、早く僕たちもキティちゃん達と一緒にステージに立ちたいです。

027-2s


───自身の注目ポイントや見どころは?


橋本:ダンスの振り付けや演出も含めて、普段とは違う動き方をします。キャラクターたちのかわいい動きに負けないよう、僕たちもしっかりいろんなポイントを考えているので、注目してください。

田鶴:おもいやりハートということで、今回役作りをする上で、ストロベリーフレンズや、ピューロフェアリーズやキャラクターたちと絡む時に、おもいやりってどうやったら表現できるのかなと試行錯誤しました。僕は身長が高いので、目線を合わせるためにちょっとしゃがんだり、些細な部分に拘って表現しています。後はこうもり(アクロバット)の人たちと対峙する時に、おもいやりハートじゃなきゃ成立しないシーンなので、ぜひ注目してほしいです。

佐野:アクションや殺陣パートなど、かわいいハートならではの工夫をしたので注目してほしいです。

034-2s


───今回衣装がとても可愛らしいですが、衣装のポイントを教えてください


(取材時、橋本さんはメインの衣装、田鶴・佐野さんはフィナーレの格好)

橋本 僕が今着ている衣装は、メインの衣装なんですけど、それぞれのハーツに合ったカラーリングや、ワッペンが入っていたりして、衣装にもメッセージが込められています。ハートのマークが付いていたり、風車がついていたり、なかよくハートならではの手をつないでいるワッペンが付いていたり、衣装もすごい細部までこだわっています。

田鶴 ハーツは照明によって見え方がいろいろ変わってくるのも注目ポイントです。衣装に合わせてサンリオの世界観のために僕たちも気合を入れて髪の毛を染めました!

佐野 衣装もそれぞれ形が違います。ハーツのメイン衣装は、なかよくハートとおもいやりハートはライダースの形をしているんですけど、かわいいハートはパーカーの形をしていて、フードに耳が付いているのがポイントです。初日までにかぶるポイントを見つけて、どこかでかぶれたらいいなと思っています。

039-2s


───サンリオの好きなキャラクターはいますか?


橋本:最初はシナモン推しだったんですけれど、リハーサル中にプリンくんが僕の袖をちょんちょんって引っ張っている姿を見て、心を奪われました。先日サンリオピューロランドに行った時もプリンくんのカチューシャをつけたりするくらい、今は完全にプリンくん推しです。

田鶴:学生時代に僕と同じAB型という共通点でキキ&ララが好き。稽古が始まった時に、マイメロディちゃんとクロミちゃんの動画を見て、めちゃくちゃおもろくて気になっていました。最終的には、パタパタしている姿にキュンとして、シナモンに推し変しました。

佐野:シナモンから推し変して、今はマイメロディひと筋です。以前出演したサンリオの2作品でマイメロディと共演する機会が多くて、推しというより仲間に近い感覚でマイメロディが大好きです。

橋本:僕らガチで押しています!!

030-2s


───熱いサンリオ愛が伝わってきました。お三方ともサンリオピューロランドに行ったことあるとのことで、思い出や印象に残っている出来事をお聞かせください。


田鶴:先日、汰斗くん、(後藤)大、(皆木)一舞くんと行ったんですけど、すごい楽しかったです。「知恵の木」など、今回舞台に出てくるセットの実物を見ることができて、イメージがすごい具体的に見えました。その中でも歌舞伎のショー「KAWAII KABUKI~ハローキティ一座の桃太郎~」がすごい良くて!

橋本:あれ、めちゃくちゃよかったね。泣きそうになったよな。

田鶴:シナモンがいじけてるシーンで泣きそうになります。

橋本:わかる。いじける時とかもキャラクターのちょっとした動きやしぐさがとても可愛くて触りたくなりました。

田鶴:僕たちがハートとしてどういう役割をしたらいいのかということや、サンリオの根底にある思いを見せつけられました。

橋本:『From Hello Kitty』では今まで僕らがやってきた演技や、表現の仕方がちょっと違うので、稽古中からも難しかったんです。そこで、実際にサンリオピューロランドに行って、実際の公演を見て演じる上で学ばせていただくことが多かったです。帰り道にみんなで、俺らもこういうところを真似して、こういう風に作っていこう!みたいな話をするくらい、めちゃくちゃいいものを持ち帰りました。

佐野:僕は長期間サンリオピューロランドで公演をしていたのですが、多摩センター駅に電車が着いた瞬間にサンリオの世界観に引き込まれるところが好きです。そして、サンリオピューロランドは屋内の建物なので、建物に一歩入っただけで異世界に迷い込んだかのようなワクワクする気持ちになります。

橋本:僕らはサンリオピューロランドにいる時は、ずっとキャラクターのカチューシャを付けて、ミラクル♡ライトを持ってウロウロしていたんですけれど、そういうふうに楽しむと童心に戻ったように楽しめました。キティちゃんが登場した時も、テンションが上がって「キティちゃん」って思わず歓声をあげていましたね(笑)。

田鶴:めっちゃ周りから見られていたんですけど(笑)、周りのことは気にせず楽しんでいました。

佐野:サンリオ男子って言葉が生まれる理由もわかります。

橋本:男の子たちも楽しめるよね。

037-2s


───このお三方の組み合わせが見られるのは、4日間6公演のみとなりましたが。


田鶴:この3人は、本来の初日公演メンバー。もちろん他のパターンもあるんですけれど、この3人で作り上げてきた空気感があるので6公演しかできないのは寂しいですね。

佐野:リハーサルもわりとこのメンバーでやってきたので、汰斗くんと翔吾君の組み合わせで、(松井)遥己くんがかわいいハートで出ている日は、ちょっと嫉妬すると思います。

橋本:じゃあ、楽しむわ‼︎(笑)。

田鶴:真白とは写真撮らんのに、やたらと遥己とは写真撮るみたいな?(笑)

佐野:(笑)。でも、ちょっとした嫉妬みたいな思いないですか?

橋本:いや、分かる分かる!

橋本:長い間この3人で稽古してきたので、稽古で作り上げてきた空気感や、やりとりが違うものが生まれたりするのも楽しみでもあり、不安でもあります。

田鶴 この3人でやる舞台が少ないのは寂しいです。でも、いろんなパターンで、いろんなハートでやってみて、新しい発見があればフィードバックしていって、最終的には楽しい作品になればいいかなって思います。正直他のハートと演じることも楽しみです! 

───さまざまな楽しみ方が期待できそうですね。最後に楽しみにしているファンのみなさまへの一言お願いします。

田鶴 今回会場が、IHIステージアラウンド東京で、360度客席が回ります。この機会は二度とないと思いますので、皆さまぜひ僕たちや、サンリオのかわいいキャラクター達の頑張っている姿を見に、ぜひ会場まで足を運んでください。お待ちしています!

橋本 残念ながら後期公演だけになってしまったんですけれども、前期公演ができなかった分、僕たちはサンリオピューロランドに行ったり、いろんなものを吸収して、後期公演しっかり盛り上げられるように準備していますので、前期公演の分も皆様と一緒に楽しめたらなと思ってます。

佐野 今のご時世、息が詰まることがあったり、ちょっと疲れちゃうこととかたくさんあると思うんですけれど、このミュージカルを見て少しでも何か心に残るものが生まれると思います。早く皆様にお会いしたいです。劇場で待ってます。

───ありがとうございました。

044-2s


Sanrio Kawaii ミュージカル『From Hello Kitty』

後期公演:9月14日(火)~9月26日(日) IHIステージアラウンド東京
出演:
ハローキティ、ディアダニエル、シナモロール、ポムポムプリン、マイメロディ、リトルツインスターズ(キキ&ララ)
いちごの王さま役 高崎翔太/後藤 大/宮城紘大(トリプルキャスト)
なかよくハート役 橋本汰斗/皆木一舞(ダブルキャスト)
おもいやりハート役 田鶴翔吾/岩城直弥(ダブルキャスト)
かわいいハート役 佐野真白/松井遥己(ダブルキャスト) 他
主催:TBS/サンリオ/ディスクガレージ/ローソンエンタテインメント/電通
後援:TBSラジオ
制作:サンリオエンターテイメント/TMエンタテインメント
制作協力:ネルケプランニング
≪公式サイト≫ https://www.tbs.co.jp/stagearound/fromhellokitty/
≪公式Twitter≫ @sanrio_musical

 

サイン入りチェキプレゼント

9J9A9211-2s


ランランエンタメではサイン入りチェキを2名様にプレゼントいたします!どしどしご応募ください。


<応募方法>
(1)ランランエンタメの公式Twitterアカウント「https://twitter.com/ranranentame」をフォローする。
(2)記事をツイートをリツイートする
(3)ダイレクトメッセージで申し込む
   ①「橋本汰斗、田鶴翔吾、佐野真白」チェキ希望とお書きください
   ②お名前
   ③ご年代
   ④ご意見ご希望
<応募締切>
2021年 9月27日(月)23時59分
<当選発表>
締切後、厳正なる抽選の上、当選者を決定。ご当選者様には、ランランエンタメ公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージにて当選連絡をいたします。2日以内にご返信がない場合は当選の権利が移ります。
<ご応募について>
※リツイートは、公式リツイートに限定させていただきます。
※Twitterアカウントを非公開にしている場合、リツイートを確認することができないため、応募対象外となります。
※ご応募後のキャンセル、変更、返品、お届先の変更はできかねますので、ご了承ください。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
<商品発送について>
※商品の配送は日本国内のみとさせていただきます。お届け日は、指定できません。
※当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
<注意事項>
※プレゼントの応募によりお預かりした個人情報は商品の発送にのみ使用いたします。
※ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
※ご応募いただいた時点で、本応募要項に同意いただいたものとみなします。

 

 

関連記事


Page Up