Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【前編】菊池日菜子インタビュー! 初出演映画『私はいったい、何と闘っているのか』公開! 「きっかけで私も演じる側になりたいと思いました」

2022/1/9 12:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

安田顕主演、映画『私はいったい、何と闘っているのか』が2021年12月17日(金)より全国公開された。原作はつぶやきシローの同名小説。安田顕演じる井澤春男・45歳は、スーパー”ウメヤ”の万年主任で、家庭に帰れば良きマイホームパパ。そんな春男が仕事と家族に挟まれて一人カラ回りしながらも店長昇格を夢見て日々奮闘する姿を描く。監督は、『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(18年)の李闘士男。共演は、小池栄子、岡田結実、ファーストサマーウイカ、SWAY(劇団EXILE)、金子大地、伊集院光ほか。井澤春男の次女、香菜子役の菊池日菜子に映画初出演の心境やこの世界に入ったきっかけ、今後の抱負などを聞いた。

 

20211129_103s


――『私はいったい、何と闘っているのか』で、映画に初出演されましたが、出演が決まった時のお気持ちから聞かせてください。


決まるまでに何度か監督に演技を見ていただく機会があったのですが、毎回緊張していたので、決まったと聞いた時はすごく嬉しかったです。でも初の映画出演だったので、どんなものなのか全然わからず、少し不安もありました。香盤表の見方も分からなかったので、マネージャーさんにいろいろと教えていただきながら、不安を少しでもなくしていけるよう挑みました。

20211129_080s


――井澤香菜子役、どんな風に演じようと思いましたか?


台本を読んだ時に香菜子ちゃんはきちんと家族のことを見ていて、それでいて、自分が考えていること、思っていることをちゃんと言える子だと思いました。大雑把な言い方になってしまいますが、すごく良い子で、ただただ家族が好きで、家族と一緒にいたくて、愛のある子だと思ったので、まっすぐな感情を持って演じようと思いました。

20211129_111s


――李闘士男監督からはどんなことを言われましたか?


一緒に演じる人の動きも見ながら、香菜子ちゃんだったらどう動くかを毎シーン、毎シーンしっかり考えてみようと言っていただきました。感情を近づけることが出来ても、動きとして表現するには実力がいると思いました。

――実際に演じてみていかがでしたか?

初めての映画出演ということもあり、撮影前に何度かリハーサルをしていただいたんです。そこで一つ一つのシーンに時間を費やしてくださったので撮影時は思い切ってできましたが、監督的にはもうちょっと上を目指したかったのではないか?と思ったシーンもあったので、反省点は多いです。

20211129_131s


――印象に残っているシーンは?


お父さんが素麺をたくさん持って帰ってきて、みんなが「また、素麺」と言う中で、香菜子ちゃんが気を利かせて「私は好きだよ」と言うシーンです。あのシーンは、リハーサルを何度もしていただいたので、いざ本番となった時には楽しんで演じることができました。

20211129_143s


――ああいった香菜子ちゃんの感じはご自身と近いところがありますか?


私はきっと「また、素麺」と言うと思います(笑)。

――ご兄弟がいらっしゃるのですか?

姉と妹と弟がいます。

――ほとんど、映画の香菜子ちゃんの家族と近いですね。

そうなんです。きょうだい構成としては近かったので、お姉ちゃんと弟がいるという状況は自然でした。

20211129_157s


――本当に井澤家は楽しい家族でしたね。安田顕さん、小池栄子さん、岡田結実さん、小山春朋さん、共演者の方々について印象に残っていることはありますか?


皆さん一人一人に助けていただきました。初めての撮影現場ということで緊張していていっぱいいっぱいになってしまって、監督のディレクションをすぐに飲み込めなかった瞬間があったのですが、安田さんや小池さんがそれを察してくださって、「そうゆう時は別のところに目線を向けてみるといいよ」と助けていただいたんです。お姉ちゃん役の岡田さんと、弟役の小山君とは控室が一緒だったので他愛もない話をして緊張をほぐしてくれたりとか、本当に家族4人に助けていただいたことで出来た作品だなと思います。

――弟役の小山春朋君も先輩なのですか?

大先輩です!(笑)すごく落ち着いていて、監督ともいい関係性で話していて、終始春朋君が現場を和ませてくれていた印象でした。

20211129_147s


映画『私はいったい、何と闘っているのか』
2021年12月17日(金)から全国公開

原作:つぶやきシロー『私はいったい、何と闘っているのか』(小学館)
監督:李闘士男
脚本:坪田文
音楽:安達練
出演:安田顕 小池栄子 岡田結実 菊池日菜子 小山春朋
ファーストサマーウイカ SWAY(DOBERMAN INFINITY/劇団EXILE)
金子大地 田村健太郎 佐藤真弓 鯉沼トキ 竹井亮介 久ヶ沢徹
伊藤ふみお(KEMURI)伊集院光 白川和子
主題歌:ウルトラ寿司ふぁいやー「今すぐアナタを愛したい」(AMUSE)
公式サイト https://nanitata-movie.jp/
©2021 つぶやきシロ―・ホリプロ・小学館/闘う製作委員会

【ストーリー】
伊澤春男(安田顕)・45歳は、地元に愛されるスーパー”ウメヤ”の万年主任。職場では店長の上田(伊集院光)からの信頼も厚く、クールで常に理性的な高井さん(ファーストサマーウイカ)や、やや暑苦しいが真面目な金子くん(金子大地)といった個性あふれる部下たちにも恵まれ、日々楽しく働いている。一方で家に帰れば、しっかり者の妻・律子(小池栄子)、長女・小梅(岡田結実)、次女・香菜子(菊池日菜子)、小学生の長男・亮太(小山春朋)の5人家族の父親で、典型的なマイホームパパ。しかし、一見平凡そうに見える春男の脳内は毎日が戦場だった!24時間忙しいその頭の中は休まるヒマがなく、仕事でも家庭でも常に空気を読みムダに気を遣いまくるが、良かれと思ってやったことがことごとく裏目に出てしまう。

「俺の人生はいつもこうだ。俺は…いったい“何と闘っているのか”」そんなある日・・・

 

9J9A9259-2s


【プレゼント】
サイン入りチェキをプレゼントいたします!
<応募方法>
(1)ランランエンタメの公式Twitterアカウント「https://twitter.com/ranranentame」をフォローする
 (2)【前編、後編】の両方の記事を、リツートする。
<応募締切>
2021年 1月31  日(月)23時59分
<当選発表>
締切後、厳正なる抽選の上、当選者を決定。ご当選者様には、ランランエンタメ公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージにて当選連絡をいたします。2日以内にご返信がない場合は当選の権利が移ります。
当選者発表までに少々お時間を頂戴いたします。ご了承ください。
<ご応募について>
※リツイートは、公式リツイートに限定させていただきます。
※Twitterアカウントを非公開にしている場合、リツイートを確認することができないため、応募対象外となります。
※ご応募後のキャンセル、変更、返品、お届先の変更はできかねますので、ご了承ください。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
<商品発送について>
※商品の配送は日本国内のみとさせていただきます。お届け日は、指定できません。
※当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
<注意事項>
※プレゼントの応募によりお預かりした個人情報は商品の発送にのみ使用いたします。
※ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
※ご応募いただいた時点で、本応募要項に同意いただいたものとみなします。

 

関連記事


Page Up