ブルース・リー没後40年!その心と技を育てた師匠「イップ・マン」をより深く描く、新たなる名作ドラマが誕生!!

2013/9/17 03:44



【STORY】
イップ・マンは、清朝滅亡前夜の乱世の中に、仏山で生まれた。その後、10歳の時に辮髪を切り、やがて清朝は滅亡する。清朝が滅亡しても、平和が訪れることはなく、戦乱の世になっていく。20歳の時、広州の武道大会で恩師が、蒋盛に手足を折られたのを目の当たりにし、蒋盛に立ち向かう。それが彼の戦いの人生の始まりだった…。

その後、濡れ衣を着せられたことにより、イップ・マンは香港に舟で逃れたのち、港湾の日雇い労働者として働く。やがて港湾の争いに巻き込まれ、外国人ファイターを打ち負かしたことで、一躍港湾のヒーローとなる…。


◆2013 年は「イップ・マン」イヤー!愛弟子ブルース・リー没後40年の今年に相応しい名作誕生!!
ブルース・リーの師匠として知られる詠春拳の達人=イップ・マン(葉問)。日本のカンフーファンを熱くしたドニー・イェン主演『イップ・マン 序章』『イップ・マン 葉問』、巨匠ウォン・カーウァイ監督&トニー・レオンで話題となったカンフー映画『グランド・マスター』など、イップ・マン映像化ブームが加速する中、新たなる「イップ・マン」作品の名作が誕生!本作は、映画では描ききれない、イップ・マンの生い立ちや人間性を色濃く描いたアクション&ヒューマンドラマとなっており、多くの人から愛され、尊敬される、彼の人間像により深くスポットを当てた新しい切り口に、現在は中国の大手地方局がこぞって放送中。いずれも高視聴率を獲得している話題作!


◆新たなアクション・スター誕生!
イップ・マンには「宮廷女官 若曦(ジャクギ)」でも大注目の「香港ドラマ界の視聴率キング」ケビン・チェン!主人公イップ・マンを演じるのは、「宮廷女官 若曦(ジャクギ)」の第八皇子役でアジア中の女性たちを魅了し、香港ドラマ界の視聴率王として知られるケビン・チェン!アクション俳優ではない彼がオファーを引き受けたことでも話題となったが、その役者魂はまさにイップ・マン!ユン・ワーやブルース・リャンといった、香港カンフー映画ではおなじみの役者たちとの対決シーンもスタント一切使わず、詠春拳やさまざまな武器を使い戦う、200 回以上のアクション・シーンを見事に演じきった。しなやかな演技力を併せ持つ新たなアクション俳優として期待されている。


◆日本でも大ヒット!映画『イップ・マン』シリーズのスタッフも参加!!

カンフーファンにおなじみの大御所アクション俳優ユン・ワー&ブルース・リャンも登場!『イップ・マン 序章』『イップ・マン 葉問』でメガホンを執り、アクション映画を数多く手がけるウィルソン・イップ監督が、芸術顧問としてスタッフに名を列ねているのを筆頭に、香港映画ファンも納得のスタッフ達が集結!大注目なのは、本作でアクション指導を担当するイップ・マンの息子、イップ・チュン! 父に負けず劣らずな達人で、『イップ・マン 誕生』にも出演し、90 歳近いにも関わらず、素晴らしい所作を披露。また、本作は香港アクション映画におなじみの大御所俳優たちが脇を固めている。

数多くのアクション映画に出演し、武術指導も務めるユン・ワー、今年公開された『燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘』でも現役のアクションを見せたブルース・リャンが魅せるアクションにも期待大!


◆業界初!?DVD&ブルーレイ新作同時リリースで、ブルーレイの方が安い!!



【STAFF】
●製作:チュイ・ポーチュウ(崔宝珠)
●監督:ファン・シャオテン(範小天)
●脚本:ファン・シャオテン(範小天)、他
●芸術顧問:ウィルソン・イップ(葉偉信)
『イップ・マン 序章』
『イップ・マン 葉問』
●武術指導:リー・タッチウ(李達超)
シャ・シャオロン(夏小龍)
イップ・チュン(葉準)
イップ・ジョン(葉正)


【CAST】
●イップ・マン(葉問):ケビン・チェン(鄭嘉穎)「宮廷女官 若曦(ジャクギ)」
●ウィンシン(張永成):セシリア・ハン(韓雪)「曹操」
●チャン・ワーソン(陳華順):ユン・ワー(元華)『燃えよドラゴン』
『カンフーハッスル』
●梁壁:ブルース・リャン(梁小龍)『帰ってきたドラゴン』『カンフーハッスル』
『燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘』

関連記事


Page Up