Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

<前編>映像宇宙アクション『LADY OUTLAW!』出演の味方良介&小野健斗にインタビュー

2018/9/14 06:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

都内でも数少ない円形劇場である品川プリンスホテル クラブeXで、最新映像技術を駆使し、ステージを宇宙船に見立ててハードなアクションを繰り広げる舞台『LADY OUT LAW!』。ドラマや映画、舞台で俳優としても活躍しながら、脚本・演出家としても頭角を現している池田純矢が書き下ろした新作を、主演・矢島舞美、演出・岡村俊一で作り上げる。ランランエンタメでは、そんな本作で主人公と行動を共にする保安官役の味方良介と、国民から英雄視されながらも裏の顔を持つ大司教の側近である修道長役の小野健斗にインタビューを敢行。公演にかける思いを聞いた。

9J9A7336-2a

——本作は、池田純矢さんの完全オリジナルの新作です。まずは、脚本を読んだご感想からお聞かせください。

小野 純矢はすごいな、っていうのが最初の印象です。本を書くという能力は僕には一切ないので、尊敬します。物語としては、女性が頑張る、かっこいい話だな、と。


——池田さんとはお付き合いは長いんですか?

小野 はい。結構前からですね。(ミュージカル『薄桜鬼』シリーズなどで)共演もしています。でも、彼の作品に出るのは今回が初ですね。

——味方さんは、脚本を読まれていかがでしたか?
味方 言葉のチョイスやキャラクターのあり方などが、マンガのようだなという印象を受けました。これを体現して、具現化するにはどうしたらいんだろうとは思いましたね。それから、男性キャストたちが頑張れば頑張るほど、矢島が演じる主人公の少女が上に上がっていく。僕たち男性キャストは、そのための踏み台を担っている役なんだろうと思います。全編を通して女性視点、主人公視点で書かれている物語なので、そういう意味でも面白いなと。


——味方さんは池田さんとは?

味方 (同じくミュージカル『薄桜鬼』シリーズなど)何回か共演はしています。共演したときから、役者として自分を演出する作業がほかの役者とは違う視点を持っているとは感じました。第三者視点で自分を見ることができるんですよ。もちろん、それは本を書くという作業とはまた別の能力だとは思いますが。

——小野さんは、演出の岡村俊一さんとは初めてとのことですが、お稽古はいかがですか?

小野 演者の方をすごく考えて作ってくださるので、すごくやりやすいです。岡村さんが疑問に思うことがあったら、「どう思う?」って聞いてくれるので、自分の意見を伝えやすいですし、僕たち役者の意見も尊重してくれるので、やりがいを感じながらやれています。


——味方さんは、岡村さんとは2016年の『新・幕末純情伝』や2017年の『熱海殺人事件』など、何度もご一緒されていますね。

味方 はい。岡村さんが僕自身のことを知ってくださっているのでやりやすいです。オリジナルの作品を一緒に作るという作業も、今回が2回目なので、そういうときの岡村さんのクセもわかっているので、アプローチもしやすいです。ただ、今回の作品は、脚本もすごく独特ですし、円形劇場というステージの形態も普段とは違うので、岡村さんもどうしたらもっとよく見せられるんだろう、お客さんに届くんだろう、役者がやりやすいんだろうっていうのを、毎日毎日考えてくれているのをすごく感じます。

——円形劇場は独特ですもんね。

味方 そうですね。でも、円形だからって難しく考えすぎると大変になるけど、何でもありなんだって考えればラクではある。全面が客席なわけだから、どこで何をやっても正解なわけだからね。

小野 確かに、余計なことを考えなくてすむんじゃないかなって思いますね。普通の舞台は平面で見るから、例えば横並びで話していても正面を気にしないといけない。芝居をしていく上では当たり前のことではあるんですが、考えなくちゃいけないことがないというのは、ストレスが少ないということでもあるかなって。観ている人が感じることと、演者が感じることはまた違うとは思うのですが、思いが一致すれば、演劇として面白い劇場になると思います。

——なるほど。円形劇場だと役者さんたちは気が抜けないんじゃないかな、と勝手に思っていましたが、考える必要がないからラクだという一面もあるんですね。
小野 確かに気が抜けないというのはありますよ(笑)。通常の舞台では、乱戦のシーンで、後ろを向いて、素の表情になって息を整えたりもします(笑)。息が整ったら、また「よっしゃー!」って戦いにいくんですが、(円形劇場では)そういうことができないというのは、確かに大変かも(笑)。


味方 気が抜けないというのは事実だし、神経はより鋭くしないといけないというのもあるしね。
小野 変顔とかもできないね(笑)。
味方 できない(笑)。そういう役者だけの楽しみはできないね。


——変顔してるんですか?(笑)。

小野 ふざけているということではなく、力を抜いて、リラックスしていけよって意味でですけどね(笑)。

味方 さすがに熱量が増している芝居をしているときはできませんけど、稽古中とか、舞台ですれ違ったときとかに(笑)。

A2a

映像宇宙アクション『LADY OUT LAW!
【出演】矢島舞美/味方良介 鈴木勝吾 小野健斗 松井勇歩 増子敦貴 日比美思/ 神尾 佑
【作】池田純也
【演出】岡村俊一
【日程・会場】
2018914日(金)~24日(月・祝) 品川プリンスホテル クラブeX

 【あらすじ】
物語の舞台は、第三次世界大戦後の世界。戦争により荒地と化した地球を捨てた人類は、各国協力の元、広大な宇宙ステーションを築き上げた。しかし、時は流れ、国境という名のステーションをいくつも乱立された各国は、また争うように宇宙事業を拡大していく。しかし、ここ「ステーション・ユートピア」では、誰もが幸せに笑い合い、慎ましく淑やかな生活を送っていた。そこに、世界を破滅へ導くことを目的とした、半身が機械仕掛けの少女が現れ…。果たして、彼女は正義なのか、悪なのか…。

Ladyoutlaw!_RIMEN shashins

 

 

 

 

関連記事


Page Up