DALMATIAN & F.CUZ、『COOPERATION LIVE “KNOCK”』で共演にファン熱狂!

2012/12/13 03:16

今後の活躍が期待されるK-POP新人アーティストたちを中心に、ジャンルや型にとらわれない「新スタイルのLIVEを提唱し音楽で地域に貢献していく」をコンセプトとした『COOPERATION LIVE “KNOCK”』に、人気急上昇中DALMATIAN(ダルメシアン) と F.CUZ(フォーカズ)の2組が出演。大阪、名古屋の公演を大盛況に終え、12月6日、東京・Zepp DiverCityにて東京公演を開催し、ファイナルを熱いステージで締めくくった。


メンバー全員が作詞、作曲、プロデュースを手掛けたセカンド・ミニアルバム『State Of Emergency』を今年5月に発表したDALMATIANと、モデル並みの身長と洗練された容姿で“モデルドル”と呼ばれ、個性豊かなキャラクター、ビジュアル、ヴォーカルが魅力のF.CUZ。それぞれの単独パフォーマンスはもちろん、2組10人の圧巻のステージを加え、ここでしか味わえない夢のコラボレーションが実現し、集まったファンらを熱狂させた。


まずは、F.CUZの『No.1』でライブがスタート!大歓声に包まれた会場に、色とりどりのペンライトが大きく揺れ、『Rise Up』と続けて披露すると、一気にヒートアップ。「皆さん、こんばんは。今日はたくさん来てくれて本当にありがとうございます。」と挨拶し、あまりのファンの盛り上がりに、思わず「スゲー!」と喜ぶメンバーたち。「今日が、『COOPERATION LIVE “KNOCK”』の最後の公演で残念だけど、最後まで楽しんで下さい!」とイェジュンが声をかけ、会場のテンションをさらに上げた。


名古屋公演が終わって、「つけ麺をいっぱい食べました。美味しかった。」と無邪気に話すテゴンに、「僕はやっぱり皆さんの愛が食べたいですね。」とジノンが笑顔を見せ、会場のファンを喜ばせる。トークのあとは、再び『Janus』『U Crazy』を披露しファンを魅了した。


続いての登場は、DALMATIAN。『Round 1』『Love cop』でセクシーなダンスを見せつけ、会場のボルテージは益々あがっていくばかり。一人一人が自己紹介を兼ねて挨拶し、ここで、日本人の母を持つサイモンが日本語でトークをリード。さっそく、サイモンが「ジスが、コンビニで言った可愛い日本語があるので聞いてやって下さい。」と促すと、ジェスチャーを加えながら「明太子おにぎりどこにありますか?」と得意気に日本語を披露するジス。そのやり取りに会場は大爆笑。また、パワフルなダンスパフォーマンスだけでなく、しっとりと歌い上げるバラード曲も用意され、男らしい魅力でファンの目を引き付けた。


さらに、10人揃ってBIGBANGの『Fantastic Baby』、DJ DOCの『I’m a guy like this』で盛り上げ、会場は興奮のるつぼと化した。

その後もF.CUZ、DALMATIANのパフォーマンスは続き、アンコールを含む全21曲を披露。メンバーたちとファンが一体となって楽しんだ時間はあっという間に過ぎていった。


最後に、一人ずつライブの感想とファンへの感謝の気持ちをコメント。

DALMATIAN・・・

イナティ:今日のライブ、すごく盛り上がって本当に僕たちも楽しく公演できました。また日本にきますので、宜しくお願いします。


ヨンウォン:たくさんの方が来てくれて本当にありがとうございます。大阪、名古屋、東京、全部忘れません。また会いましょう!


サイモン:サカイシモンです(笑)。大阪、名古屋は僕も初めてでしたが、東京も全部良かったです。本当にありがとうございます。あと、タッチ会で声をかけてくれる時、僕だけ「足が速いですね。」はどうなんですか?「日本語上手いですね」って言われるとなんて答えたらいいかわからないですよ。お母さん日本人だからね・・・(笑)。それから、今新しい曲も作っています、頑張って活動もするので応援よろしくお願いします。


ジス:本当に皆さん盛り上がってくれてありがとうございました。プレゼントを用意しました。(と言って、チキンの形にしたタオルを会場に投げ入れる。)


ダニエル:今回、F.CUZの皆さんと一緒にライブが出来て、本当に嬉しかったです。F.CUZもDALMATIANも愛してくれて本当にありがとうございます。だけど、なにより一番重要なのは、K-POPを愛してくれていること。本当にありがとうございます。


F.CUZ・・・

ジノン:今日は本当にありがとうございました。今日が最後で残念ですが、来年もあるから。来年はもっと楽しいライブを準備しますので、期待していて下さい。一生懸命頑張ります。皆さん、オレだけを見ろ!(笑)


レヒョン:“Knock”のステージは楽しかったですか?本当にありがとうございました。これからもF.CUZとDALMATIANの応援よろしくお願いします。もっともっと頑張ります。愛してるよ!


テゴン:今までいてくれて、本当にありがとうございました。明日は韓国に帰りますが、次に日本に来る時は、また一生懸命頑張ります。


カン:また来年があるから待っていて下さいね。来年ももっと頑張るF.CUZになります。皆さんのそばに、僕たちがいつもいるよ。


イェジュン:今日は、たくさん来てくれて、たくさん応援してくれて本当にありがとうございました。僕たちも楽しかったです。今年も僕たちは幸せでした。来年も頑張りますので、応援よろしくお願いします。

ライブのあとはハイタッチ会を行い、さらにファンとの交流を深めた。この日の思い出は、来場したファンにとって、少し早い素敵なクリスマスプレゼントになったに違いない。


■F.CUZ 日本公式ファンクラブ http://f-cuz.jp/

■Dalmatian Daum公式ファンカフェ  http://cafe.daum.net/dalmatianmf

 

 

 

 

関連記事


Page Up