ペ・スビン「ペ・スビン LIVE SHOW ~道~」開催、サプライズに涙!

2012/7/24 11:15

7月21日、ドラマ『華麗なる遺産』のジュンセ役で大ブレイクしたペ・スビンが「ペ・スビン LIVE SHOW ~道~」を渋谷公会堂で開催した。


ステージのスクリーンに映し出されたペ・スビンが「セルフカメラを回します」と自宅での様子を公開。ファンミで着る洋服やファンへ贈るプレゼントをお店で吟味する様子、大好きな釣りに出かけ数時間かけて釣った魚を差し出し「プレゼントします!」と無邪気に笑う姿がスクリーンに映し出される。「もうすぐ彼女(ファン)に会えます…これでビデオレターは終わります」と映像が終わった瞬間、ステージにペ・スビンが現れ客席から大歓声がわき起こった。

誰かを探すかのように客席に降り「僕の彼女を知りませんか?」と観客に聞くと、会場のあちこちから「ヨギヨ~(こっちよ)」という声がかかった。演技派俳優と呼ばれるペ・スビンだけあり、ドラマ仕立ての凝ったオープニングでイベントはスタート。


日本へ来たのは6回目だが、まだ東京以外へは行ったことがないというペ・スビン。「次に行きたい場所は?」という質問に「大阪」そして「旅館」と答え、「いつも日本へ来ると明るいエネルギーをもらいます。街というのはほとんど同じなので、皆さんから明るいエネルギーをもらっているのだと思います」と語ると会場からは拍手が起こった。

 
『華麗なる遺産』の「名場面ベスト3の発表コーナー」では、各ランキングのキーワードとなるセリフを実際にステージで演じてみせるペ・スビン。ところが、1位の第15話「これからは兄さんでなく男として見てくれ」とセリフを言うところでステージにハン・ヒョジュが登場!会場は騒然となり、それまでジュンセ役になりきっていたペ・スビンもこのサプライズゲストに動揺して一瞬涙声になる一幕もあった。

久しぶりの再会に思わずハグし合うふたりに会場から大きな拍手が沸き起こり、「ドラマではウンソンを一度も抱きしめることができなかったので、こうやって抱きしめられてよかった」とペ・スビンは満足気に語った。

ハン・ヒョジュはペ・スビンについて「裏表のない人。見たままの思いやりのある人です」と表現し、今回サプライズで登場したことには「トッテモオモシロカッタデス~!」と日本語で茶目っ気たっぷりに答え、ふたりの仲の良さがうかがわれた。

 
次のコーナーは、ペ・スビンの高校の同級生というチョ・ソンビンのギターと共にペ・スビンはドラマ『天使の誘惑』のテーマ曲「エンジェル・ラブ」をピアノで演奏し、第1部は終了。


第2部はペ・スビンが会場の後方から赤いバラを配りながら映画「トッツィー」のテーマ曲を歌い登場、握手を求めるファンの熱気に包まれた。「素顔に迫る質問コーナー」では「誰にも知られていない秘密のクセがあります」というペ・スビン。MCからどんなクセか聞かれると「お風呂から上がった後、鏡をじっと見るクセがあります」と答え、「体の状態をチェックしたり、水に濡れていると自分がセクシーに見えるから…すみません!」と照れながらその秘密を披露した。

その後ハン・ヒョジュが「オッパ(お兄さん)はお酒を飲むと踊り出すんですよ!」と別のクセも暴露。会場からの「見たい~」というリクエストにペ・スビンは恥ずかしがりながらもファンの手拍子でダンスを再現し大盛り上がり。


「2011年は人生のターニングポイントがありました」と明かし、「番組でアフリカの難民キャンプを訪れたことで新しく生まれ変った気がしました。演技で頑張ることで少しでも貢献していきたいです」と真剣な面持ちで語った。

続いて映画「道~白磁の人~」で共演した吉沢悠が登場。ペ・スビンは「吉沢さんと会った時に運命を感じ、映画と同じように友情を育んでいきました」。そして、「いつか映画祭で一緒にレッドカーペットを歩こうと約束しました」と語った。

プレゼントコーナーでは、オープニング映像の中で購入していた帽子やスカーフなどを抽選でプレゼントし、ファンとのふれあいも楽しんだ。スクリーンにチョ・ヒョンジェ、チ・ジニ、ハン・ヘジン、イ・ビョンホンなどからのメッセージビデオが流れた後、最後にファンへの手紙を流暢な日本語で読むペ・スビン。「…長く終わりのない“道”の同伴者であるあなたを愛しています」と締めくくった。

アンコールではtwitterのアンケート募集で希望の多かった「悲しみにさよなら」(安全地帯)をファンと共に合唱。客席で観ていたペ・スビンのお母様もペンライトを振り大いに楽しんでいた様子だった。「また会いましょう!」と手を振り約3時間におよぶイベントが終了、最後にペ・スビンから一人ひとりにメッセージカードが手渡された。

関連記事


Page Up