Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

チェ・ジニョク、初の日本ファンミーティング開催に涙!

2013/1/3 11:50

ドラマ『ロマンスが必要』や『パスタが~恋ができるまで』など大ヒット作品に次々と出演し、最新ドラマ『パンダとハリネズミ』も大好評。映画『音痴クリニック』で華々しくスクリーンデビューを飾った、注目度&人気急上昇の新進俳優チェ・ジニョクが、12月16日、東京・ラフォーレミュージアム六本木にて、日本初のファンミーティング『チェ・ジニョク Fan Meeting in TOKYO』を開催した。

イベントのチケットは即完売。日本での人気の高さを証明したチェ・ジニョク。冬の冷たい風が吹きすさぶ天気にもかかわらず、全国から彼に会うためにたくさんのファンが集結し、楽しい時間をすごした。

チェジニョクFM15のコピー
『♪Just Once』を歌いながら登場すると、割れんばかりの歓声と拍手が彼を迎えた。「こんにちは、チェ・ジニョクです。ワイルドだろ~!」と覚えたてのジョークを交えて日本語で挨拶。お茶目な笑顔と魅力あるその低い声で、会場のファンはいきなりノックアウト。

「日本で皆さんにお会いできて嬉しいです。日本語はまだ下手ですけど・・・。でも僕かわいいでしょ~。」と続けた。

韓国でもまだやっていないこのファンミーティング開催に、一週間も前から緊張していたという。「こんなにたくさんの方が来てくれるとは思いませんでした。皆さんが楽しんでくれることが、僕の力になります。ありがとうございます。」と感激しきり。

チェジニョクFM5のコピー
歌手顔負けの歌声を披露したことについて、「上手いというより、歌が大好きなんです。近いうちに日本で音楽活動ができたらいいと思っています。」と意欲を見せると、会場からも大きな拍手が送られた。

長身の上に、魅力的な体型のことに話題がふれると、「韓国の男優さんは、筋肉を鍛えてないと食べていけないんです(笑)。有名なフィットネスクラブの会員の50%は俳優だと思いますよ。ここだけの話、カンナムの大きなフィットネスクラブに行けば、1日に1人は俳優さんに会えるはず・・・。」と笑った。

チェジニョクFM8のコピー
ドラマ『ロマンスが必要』では、「出演を決めることは悩みました。なぜかというと、ちょっとエッチなシーンがあって演じるのが大変だったので。初のキスシーンは何日も前から眠れないほど緊張しましたね。」とエピソードを語った。しかし、演技に対する気持ちはいつも真摯に向き合い、「演技する際に最も大切に思っていることは“真心”です。」と伝え、急きょジニョクから『진심(真心)』『사랑(愛)』のハングル発音を伝授。

「自分ではカッコいいと思ったことは一度もない。」とし、俳優をやっているのは、他人よりも感受性が強いのでそれを伝える俳優という職業がいいと思ったと、自己分析。子供の頃は、いたずらっ子でお母さんにいつも叱られていたという。

トークが進むにつれ、チェ・ジニョクの素顔が次々と紹介され、会場のファンも温かい視線を送っていた。ファンからの直接質問コーナーや、ドラマのワンシーンをファンと一緒に再現したりと大盛りあがりに。

チェジニョクFM9のコピー
再び、ジーンズ姿で登場すると、『♪ハヌルル、タルリダ』を熱唱。ファンの目をハートにしとろけさせると、『あなたの願いが叶う!』というコーナーに。「一緒に歌を歌いたい。」というファンのリクエストは、なんと韓国国家。胸に手をあて、「高校生以来に歌ったかも。」とジニョクもびっくり。また、直接本人が選んで購入したプレゼントが抽選でファンに手渡された。

最後は、真心を込めてファンに感謝の気持ちの手紙を読み上げたジニョク。『♪サランドチ』を歌うも、ファンからの熱い応援に感激のあまり涙で声を詰まらせる場面も。「たくさんの方が来てくれて心から感謝します。最近辛いことが重なり考えることも多かったのですが、今打ち勝つ努力をしています。今日皆様に頂いた深い感動は、一生忘れることはありません。」と言って膝まずき、韓国式のお辞儀をして最高級の感謝の気持ちを表した。

チェジニョクFM13のコピー
「生まれて初めての気持ちです。皆様の気持ちを裏切らないようにカッコいい姿をお見せします。」と誓うと、会場のファンから「ジニョクシ、ファイティン!」と声がかかり、感動のファンミーティングは幕を閉じた。

ファンの顔から終始笑顔が絶えない、チェ・ジニョクの人柄が表れた温かいファンミーティングとなった。今後のチェ・ジニョクの活躍に大いに期待がかかる。俳優としてだけでなく、歌手としての活躍も待ち遠しい。

関連記事


Page Up