Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キム・ヨングァン、ファーストファンミーティング開催に歓喜の涙!!

2013/2/6 01:02

2月3日、東京・ラフォーレミュージアム六本木にて、韓国次世代の若手俳優として人気上昇中のキム・ヨングァンが、初のファンミーティング『キム・ヨングァン Fan Meeting in TOKYO』を開催した。

DSC_3810のコピー
ドラマ『ラブレイン』ではチャン・グンソクや少女時代のユナらと共演し、ユナの片思いの相手ハン・テソンを熱演。ミラノ、パリコレクションで活躍したトップモデル出身という経歴を持ち、188cmの長身に鍛え上げられた完璧なボディと甘いマスク、スマートな演技で大ブレイク。ドラマ『僕らのイケメン青果店』ではイ・スル役、昨年秋から韓国で放送された『僕たち結婚できる?』では、‘恋愛はOK、結婚はNG’という悪い男キジュンを演じ、次々と話題作に出演し活躍著しいキム・ヨングァン。

DSC_3936のコピー
黒のスーツに蝶ネクタイというフォーマルなスタイルのキム・ヨングァンが登場すると、会場は大きな歓声と拍手が響き渡った。やや緊張しながらも、歌『♪Rain』を披露し、「皆さんこんにちは。僕はキム・ヨングァンと申します。初めてのファンミーティングなので緊張していますが、皆さんにお会いできて本当に嬉しいです。」と挨拶。早速のフォトタイムでは、ファンの掛け声にはにかんだ笑顔を見せた。

DSC_3729のコピー
韓国、日本を通して初となるファンミーティングの開催について、「最初に話を聞いたときは、“わ~本当?”と驚きました。すごく嬉しくて、早く日本でファンミーティングをしたいと思いました。」と、とても楽しみにしていた様子。日本のファンを見てどうですか?と問われると、すかさず「かわいい!!」と日本語で答え、会場のファンもニコニコ。

キムヨングァン公式 (3)のコピー
イベントの数日前から来日し、ショッピングや食事を楽しんだというヨングァンは、「ドンキホーテに行ってジャージを買いました。原宿に行ってショッピングして、牛丼や焼き鳥など生ビールを飲んで、楽しく遊びました。」と嬉しそう。そしてなんと、「パチンコもしました。でもお金はスってしまいましたけどね(笑)。」と明かし、「以前、ドラマ『ラブレイン』の撮影で来日したとき、事務所のスタッフにパチンコが上手な人がいたので、撮影がオフの時に教えてもらったんです。『リーチ!』という言葉に中毒性がありますよね。面白くてハマってしまいました。」と、あっけらかんと話した。

DSC_3861のコピー
緊張も徐々に緩んできたところで、“ヨングァンから韓国語を学ぼう”というコーナーへ。「動物の鳴き声」をテーマにし、「にゃお~ん」と猫の鳴き声を真似ると、会場からは思わず「かわいい~!」と声がかかった。そして本題のお題は、「虎の鳴き声」。日本では「ガオー!」だと伝えると、韓国の「어흥(オフン)~」を色紙に書いて伝授。「オフンと鳴くからオフンです!」と、力説する姿に大爆笑、会場は大盛り上りとなった。

また、ファンからの質問に直接答えたり、ドラマの名シーンを一緒にステージ上で演じたりと、楽しい時間を過ごした。

DSC_3895のコピーキムヨングァン公式 (9)のコピー
そして、2月3日のこの日は節分ということで、ヨングァンの料理コーナーでは“節分恵方巻き”を作ってみせた。「料理は時々しますよ。キムチチゲとかキムチチャーハンなどを作ります。」とはいうものの、危なっかしい包丁裁きに、ファンもドキドキ。幸運にも抽選で選ばれたファン2名が、ヨングァンの作った恵方巻きを一緒に食べて節分を祝った。

愛蔵品プレゼントでは、直接買い物に出向き選んだ品や、ヨングァンが手作りしたアクセサリーをプレゼント。プロ顔負けの本格的なブローチの出来栄えに皆ビックリで、本人もご満悦(笑)。

キムヨングァン公式 (12)のコピーキムヨングァン公式 (6)のコピーキムヨングァン公式 (14)のコピー
その後、ファンに向けてしたためた手紙を朗読。「今日は、僕のファンミーティングに来てくださり本当に感謝します。ファンの皆さんと直にお会いし交流でき、胸がワクワクし手が震えます。ドラマ『ラブレイン』を通して僕を知っていただくことになり、たくさんの支持をいただき本当にありがたく嬉しく思います。また、その一方でもっと素晴らしい俳優になるために努力しなければいけないと思いました。もっと、もっと頑張って皆さんのご期待にお応えします・・・。ありがとうございます。」と、感謝の気持ちを伝え、途中、感極まって声を詰まらせる場面も。

最後に『♪チャムシマン アンニョン』を熱唱。大粒の涙を流しながら、「皆さんがとても温かく迎えて下さって本当に感動しました。本当にありがとうございました。」と、ヨングァン。会場からは、この日一番の大きく温かい拍手が送られた。

イベント終了後には握手会が行われ、ファンひとりひとりの目を見つめ、更なる交流を深めた。

小さな役から少しずつ前進し続けてきたキム・ヨングァン。昨年は、映画『チャ刑事』でスクリーンデビューも果たし、ますます活躍の場を広げている。だが、素顔の彼は、純粋で率直。そんなヨングァンを感じられる温かくアットホームなファンミーティングだった。

さて、今年はどんな姿を見せてくれるだろうか。今後の活躍に大いに期待したい。

関連記事


Page Up