Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

U-KISS、レギュラー番組「KANZUME TV MAGAZINE SHOW」制作発表会に登場!

2013/2/9 06:30

TOKYO MX TVでスタートするU-KISSのレギュラー番組 『KANZUME TV MAGAZINE SHOW』(2013年2月9日土曜日から19時~19:30)のスタートを記念し、2月7日、東京・K-STAGE-Oにて制作記者発表会が行われ、番組に出演するU-KISSのメンバーのスヒョン、ギソプ、イライ、ケビン、ドンホ、フンが登壇。また、会場には、ファン150名も参加し番組開催を一緒に祝った。

9J9A5136-2のコピー
『KANZUME TV MAGAZINE SHOW』は、韓流芸能ニュースの他、韓国の文化や流行、娯楽、料理、ショッピング、ファッション、ビューティー、観光などを体験しながらリアルに情報を提供する番組。韓流マガジン『韓ヅメ』出版社を背景に、編集長と記者達が最新情報を取材し、マガジンを完成していく過程を描いていく。

本番組では、2月13日に6枚目のシングル『ALONE』をリリースする、韓国のみならず日本、アジアでも人気沸騰中の7人組のK-POPグループU-KISSと、日本で活動を始めた5人組ヴォーカルグループの5tionが記者団を、韓国の若手ポップアーティストのマリキムが編集長役を演じる。

9J9A5003-2のコピー
会見では、総演出を手がけたキム・グォンファ監督は、「U-KISSメンバーたちが、この番組への出演を快く引き受けてくれたことに感謝しています。」とし、「彼らが雑誌の記者として奮闘するところが見どころです。堅苦しい番組ではないので、気軽に観て欲しいです。」と紹介。

U-KISSのメンバーが、黒のスーツにネクタイ姿で登場すると、悲鳴にも似た大歓声があがり会場を包み込んだ。

9J9A4860-2のコピー9J9A4886-2のコピー9J9A5038-2のコピー9J9A4932-2のコピー9J9A4875-2のコピー9J9A5031-2のコピー
早速、番組について「いつも、ステージではカッコイイ姿をお見せしていますが、番組では、僕たちのナチュラルな姿をお見せしますので期待して下さいね。」「あと、日本語を間違えて、変なことを言うかも(笑)。」とフン。ケビンは「罰ゲームも面白いですよ。」と見どころを伝えた。

番組についての意気込みについて、ドンホは、「皆さんにステキな情報を教えてあげられるように頑張ります。堅苦しくない番組で、僕たちの面白い姿をお見せしますので、ぜひ期待してください。」とし、キソプは、「僕たちの色々な姿、本当にリアルな姿を見せるので応援して下さい。」と、コメント。

この番組でぜひチャレンジしたいことは?との問いに「ファンの皆さんが参加できるような企画がいいですね。」とスヒョンが言うと、大きな拍手が。具体的には?と聞かれ、「U-KISSの練習室を見せたり、一緒に食事をするのは?」とスヒョン。ケビンは「ファンの方と一緒にチムジルバンに入って紹介したいですね。」、イライは、「ファンの皆さんと一緒にレコーディングをしてみたいですね。歌声とかラップとか・・・。」と伝え、会場のファンは期待に胸を躍らせ、メンバーたちもやる気満々の様子。また、ドンホは、「最近ちょっと趣味の手芸をしていないのですが、また始めてファンの皆さんと一緒にやるのもいいですね。」と笑った。

さらに、「韓国には素晴らしいスターの方がたくさんいる中で、どうしてU-KISSが記者として選ばれたのだと思いますか?」と尋ねられると、すかさず「カッコイイから!」とキソプ。会場の笑いを誘うと、ケビンは、「僕たちが韓国代表として選ばれたのは、日本でも活動をしているし、色々な国の出身のメンバーが集まっているので、外国人としての目からも韓国の文化を紹介することができるからではないかと思います。」と真摯に答えた。

最後は、「僕たちは歌手ですが、これから記者にもなりましたので応援して下さい(笑)。本当に面白く撮影しますので、ぜひ観て下さいね!」とメッセージを残し、会見を締めくくった。

★放送情報

韓国の芸能、観光、文化まで、見る!触る!味わう!感じる!

彼らのドタバタ韓国取材記を伝える新しいルポバラエティ『韓ヅメ!! TV マガジンショー!!』

TOKYO MXテレビ

放送時間:午後7時~7時30分

2013年2月9日初回放送

隔週 月2回放送

※韓ヅメは、韓国の「韓」と缶詰めの「詰め」の合成語。韓流のすべてが詰められている意味です。

関連記事


Page Up