Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

チョ・ヒョンジェ、チャ・エリョン主演『女優はつらいよ』プレス試写会、チャン・ヒョク、オ・ジホら出席!

2014/2/28 02:47

2月24日、ソウルのロッテシネマ建大入口店にて、チョ・ヒョンジェ、チャ・エリョン主演の映画『女優はつらいよ(仮題)』のプレス試写会が開かれた。

ソオネュ[ソゥケ霑・ツ ウハケォヌリ]ステサ・ (4)のコピー
映画『女優はつらいよ』は、演技の下手なトップスター、ナビ(チャ・エリョン扮)とエリートで実力派新鋭監督だが、映画での18禁シーンで有名なホン監督(チョ・ヒョンジェ扮)が出会い、繰り広げられ愉快でふしだらな?ロマンチックコメディ映画。二人の新しいジャンルでの演技に挑戦した。試写会後はマスコミ関係者を対象に質疑応答が行われた。

ソオネュ[ソゥケ霑・ツ ウハケォヌリ]ステサ・ (2)のコピー
コメディに挑戦した感想についてチョ・ヒョンジェは「ドラマではコメディをする機会がありませんでしたが、今回この映画で気楽な姿をお見せできてよかったと思います」と語った。

撮影しながら俳優たちの演技変身について監督は「ヒョンジェさんは今までまじめな役柄が多かったのですが、実際会ってみて今度はコメディをしたらと思うほど魅力を感じました」と伝え、チャ・エリョンに対しても「とても上手に演じて瞬発力もあり、とてもよかったですね」と良い評価を与えた。

ソオネュ[ソゥケ霑・ツ ウハケォヌリ]ステサ・ (1)のコピー
鼻の高い主人公ナビ役で新しいイメージ変身を図ったチャ・エリョンに対して、演じながらどのようなところに神経をつかったかという質問が飛ぶと「ドジでもあり、ぬけている役は初めてでしたが、とても楽しく撮影しました。まるで自分がナビ自身になったように演じましたし、誰が見ても憎めない、愛らしいキャラクターを作るよう意識しました。新しい姿をお見せできとても幸せだったと思います」と感想を伝えた。

ソオネュ[ソゥケ霑・ツ ウハケォヌリ]ステサ・ (3)のコピー
久しぶりの映画復帰についてチョ・ヒョンジェはこの映画に出演した動機について「約8年ぶりの映画ですが、映画はいつも沢山出演したかったし、ドラマや軍入隊などもありしばらくできませんでした。今後も是非やっていきたいです。爽やかなロマンティックコメディはドラマでも扱われますが、映画ではより自由で身近に感じられました」とこの映画の魅力を伝え、また今回監督役ということで「新しい感覚を受けた」と感想を話した。

ソオネュ[ソゥケ霑・ツ ウハケォヌリ]VIP  (1)のコピー
ちょっと抜けた役を演じてみて実際と役柄の差についてチャ・エリョンは「今まで都市的で冷たくて強い役のイメージが多かったんですが、実際の私はナビに似ているほうだと思います。自分から話しかけるほうだしいたずら好きなので、演じるにはナビ役はとても楽だったと思います。冷たい演技も魅力がありますが、ナビ役は楽しかったし、今後もっと砕けた役柄も演じてみたいですね」と豊富を伝えた。

撮影の雰囲気についてチョ・ヒョンジェは「チャ・エリョンさんは相手を気楽にさせてくれる面がありました。演技なのか本当かわからないほど。お疲れ様でした」と慰労する場も見られた。

また、チャ・エリョンは「アイドル出身の演技のへたな女優役でしが、実際に踊りが下手なんです(笑)。歌も歌えない役柄で鼻血を流したりする演技もあったり、撮影中笑いが耐えませんでした。私がより崩れた演技をしたときに現場の雰囲気が盛り上がっていたように思いますね」と撮影中のエピソードを披露した。

ソオネュ[ソゥケ霑・ツ ウハケォヌリ]VIP  (2)のコピー
最後に「もうすぐ春ですが、気楽に2時間楽しくご覧いただけたらと思います」(チャ・エリョン)

「気軽にご覧いただけます。是非応援してください」(チョ・ヒョンジェ)と挨拶した。

同日午後8時から『女優はつらいよ』VIP試写会が開かれ、少女時代のティファニー、ブラウンアイドガールズのゼア、チャン・ヒョク、オ・ジホ、ハン・チェヨンらが参席し、試写会に華を添えた。

映画『女優はつらいよ』は韓国で2月27日から公開する。

ソオネュ[ソゥケ霑・ツ ウハケォヌリ]VIP  (3)のコピー
ソオネュ[ソゥケ霑・ツ ウハケォヌリ]VIP  (6)のコピー
ソオネュ[ソゥケ霑・ツ ウハケォヌリ]ステサ・ (5)のコピー
 

 

 

関連記事


Page Up