5人組ボーイズグループBIGSTARが単独のライブイベントを開催!パワフルな歌とダンス披露!!

2014/3/31 12:21

2014年3月16日(日)東京ヤクルトホールにて、韓国の5人組ボーイズグループBIGSTARが「BIGSTAR LIVE EVENT IN JAPAN」と題して単独のライブイベントを開催した。

LIVE_4のコピー
ステージに白をメインに、黒と黄色を配したそれぞれの個性を活かしたカジュアルな衣装を身に纏ったFeelDog、RaeHwan、BaRam、SungHak、Judeの5人が姿を現すと、詰め掛けたファンは一斉に総立ち!1曲目の「RUN and RUN」からボルテージは急上昇!軽快なダンスとパワフルな歌にファンはノリノリ。続けて2曲目の「Solo」のイントロが流れると、客席からは「キャー!」という歓声が。応援の掛け声も沸き起こり、熱いパフォーマンスを見せた。

Baram_soloのコピー
FeelDog_soloのコピー
熱気が冷めやらぬ中、MCが登場し、まずは声を揃えてご挨拶。

「The Future Of Brave Sound BIGSTAR!!!! こんにちは!BIGSTARです!」

「魅力の塊、SungHakです!」「みなさん、元気でしたか?メインヴォーカル みなさんのReHwanです。」「こんにちは!やんちゃなリーダーFeelDogです。」「セクシーボーカルJudeだにゃん♪」「オシャレなラッパー、PaRamです!」

全員が今、熱心に日本語を勉強しているということで、トークも極力日本語で展開された。「緊張します。」と言いながら、一生懸命、日本語で話そうとする姿勢にファンも笑顔で応援する雰囲気。

Jude_soloのコピー
Raehwan_soloのコピー
SungHak_soloのコピー
「すごい衣装ですね~」とMCがBaRamが着ているファーの袖なしジャケットについて触れると「もしかして・・・オバさん?」「オバさんのファッション?」など日本語でツッコミも。

イスに座ってのトークでは、スクリーンで昨年の2月に北海道に行った際のオフショットが紹介された。空港でお菓子を食べている様子、北海道に着いてからの移動の風景、みんなで美味しそうにカニをほおばる様子、そんな中「エビ/カニアレルギー」のため、食べることができずにいるかわいそうなReHwan、ホテルの部屋でのスッピン披露など、ファンにはたまらない映像が満載であった。

映像の途中で、ReHwanが会場に向かって愛嬌を披露することになり「できない~」と言いながら「実はデビュー前に鏡に向かって、どんなポーズがいいか練習したんです。」と、あまりにもキュートな愛嬌を見せてくれた。

楽しいトークの後、自分たちで振り付けも考えたという「Think」、デビュー曲「Hot Boy」を披露。客席にせり出した花道にメンバーが出て行くと、ファンの熱気は絶頂へ。手を上げ、ジャンプし、ペンライトを振り、応援ボードも激しく揺れた。

会場一体となって盛り上がった後は、楽しいゲームのコーナーとなった。MCがゲームのルール説明をしている間に、トップスの衣装を着替えたBIGSTARが再度ステージに登場。チケットの半券を一人ずつが箱の中から選び出し、それぞれのパートナーを選んだ。歓声とため息の中、選ばれたラッキーな5人がメンバーとペアになって、風船を5つふくらませて、それをどんな方法でもいいから全部割って、最後にステージ前方に置いたマイクを持って、口笛を吹く・・・・。

「スタート!」の合図とともに、一斉に風船と格闘する10人。全部膨らませてから、一気に割ろうともくろむペアあり、早々に膨らませても、なかなか割れないペアあり、空気入れが壊れた!?と思いきや、大丈夫だったペアあり・・・・。MCの軽快な実況中継もあって、大いに盛り上がった。

結果は、最後の口笛が早かったFeelDogペアの逆転優勝!!!優勝者には、盛大な拍手が送られた。(笑)

LIVE_3のコピー
そして、最後の曲「Feeling」を「Hotboyとは、また違った曲です。」「男の人が聞いたらトリハダだけど、女の人が聞いたらかわいい曲です。」と紹介して、POPでキュートな曲をラストにプレゼント。

それまでほとんど声を聞いてなかったJudeが「日本語の勉強を・・・」と一生懸命に日本語で話し始めると、ファンもみんな息を止めて見守るように耳を傾け「(韓国語で)たくさんしているんですが、聞き取りが難しくて。でも、これから一生懸命にがんばります!」

メンバーからは「Judeは急に上手になるかもしれません。」「もしかしたら、これは演技?」など冗談が飛び出した。

LIVE_1のコピー
LIVE_2のコピー
そして、「ボクたちがプレゼントだとしたら、今日はその包装紙を1枚破いただけです。たくさん準備をしていますので、もっとすごい姿もお見せします。」

最後に「本当のプレゼントが包装紙を破いて出てくるまで、ファイティン!!!!」とガッツポーズでイベントを締めくくった。

そして、会場に詰め掛けた全員とハイタッチをして、ファンとの距離を一層近いものにした。

Hightouchのコピー
しばらく日本に滞在して、さまざまなイベントを通し、ファンと会う機会も増えることになるというBIGSTAR。圧巻のダンスパフォーマンスと歌声を多くの人々に届ける予定だ。

取材・文 yuzu

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事


Page Up