ミュージカル俳優イ・ゴンミョン、キム・スンデが『親友物語〜その2〜』コンサート開催!<昼公演>

2015/6/30 11:06

2015.06.20 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

ミュージカル『ロミオとジュリエット』や『あの日々』で共演し、韓国ミュージカル界を代表する俳優イ・ゴンミョンと韓国ミュージカル界の“貴公子”キム・スンデが、6月20日に東京・草月ホールにて、ミュージカルコンサート「親友物語~その2~」を昼・夜2回開催。これまでに二人が出演したミュージカルからセレクトしたナンバーや、舞台裏のエピソードなどを明かすなど、ファンとの楽しいひと時を過ごした。

HDV_0351.MP4_000011111-13

オープニングでイ・ゴンミョンとキム・スンデが『ロミオとジュリエット』のナンバー「世界の王」を熱唱すると、さっそく会場はミュージカルの世界観に包まれた。歌い終わると日本語で二人が「こんにちは〜!」と挨拶。キム・スンデが「僕にとって『ロミオとジュリエット』といえば、イ・ゴンミョンさんと初めてであった作品です」と語り、「その時はそれほど仲良くなかったんですが、今は大好きです(笑)」とジョークを交え、会場の笑いを誘った。その後も『ロミオとジュリエット』から「僕は怖い」などを披露、力強い歌声で観客を圧倒した。昼公演は14時開演だったため、イ・ゴンミョンが「いま2時を過ぎたところですが、いつも食事をして活動し始めるくらいなので、2時に歌うのは大変ですね(笑)」と普段の公演とは違った大変さを明かすなどトークのお茶目さもたっぷりで、会場から笑いが起こった。

HDV_0354

HDV_0355.MP4_000554987-3

お互いの印象について、キム・スンデは軍隊にいた時に『RENT』のイ・ゴンミョンを観て、「ピカピカ輝いていて、カッコよくてスターそのものだった」と思ったそうで、イ・ゴンミョンは『ロミオとジュリエット』の稽古でキム・スンデと初めて挨拶した時に「カッコいいな、と思った」と語った。続けて、「キム・スンデは格闘技をやっていたので、当時腹筋がシックスパックあったんですよ!」と明かすと、キム・スンデはすかさず「今は秘密です!」と笑顔でごまかし、息の合ったふたりの掛け合いに会場は大爆笑となった。

そして、お互いの印象をテーマに選んだ曲として、イ・ゴンミョンは「憎らしい人」、キム・スンデは「イ・ゴンミョンさんがピカピカしていたので」と紹介したあと「シャバン、シャバン」をノリノリで披露。サビの「シャバン〜シャバン〜」では観客も一緒に大合唱となり、予期せぬ二人のトロット対決に会場は大盛り上がりとなった。

HDV_0355.MP4_001032431-7

その後も『ユリンタウン』、『モンテクリスト』からのナンバーをミュージカルさながらの歌唱力で披露し、ファンを熱狂させた。

トークコーナーでは、イ・ゴンミョンが「昔、『RENT』の公演中、歌の途中で歌詞が飛んでしまって、エイズの患者の役だったので、思わず胃が痛い芝居をしてごまかしてしまった」と明かし、キム・スンデも「『ハムレット』の1幕が終わり、オールブラックの衣装を着ていたのですが、客席がざわついていて変だなと思ったら、自分の汗を拭いた白いティッシュが股間に付いていたんですよ!!(笑)」というエピソードに、「これが舞台芸術です!」とイ・ゴンミョンがフォロー。めったに聞くことができない裏話に、ファンは大爆笑となった。

HDV_0355.MP4_001119084-8

 続けて『チェス』、『ヘドウィグ』、『ジャック・ザ・リッパー』、『モーツァルト』などからのナンバーを歌い上げた後、コブクロの楽曲「蕾」を二人の美しいハーモニーで聴かせ、会場は感動の渦に包まれた。

最後に、「いろんなことを経て、新しいスタートを切った気分です。お越しくださってありがとうございます!」(キム・スンデ)、「韓国でのコンサートよりも用意する時間が短かったので、ちょっと足りないかもしれませんが、僕たちはそのちょっと足りない所を二人で埋めようと頑張りました!」(イ・ゴンミョン)と挨拶し、「小さなイベントがあります!1分間だけ写真を撮ってください。そのためにスーツを着ました!」(イ・ゴンミョン)とジョークを交えた後、サプライズのフォトタイムが。その後、雰囲気は一変、『エリザベート』から「闇が広がる」を圧巻の歌声で歌い上げ、大歓声の中ステージを後にした。

鳴り止まない拍手とアンコールの声に、再び嬉しそうにステージに登場したイ・ゴンミョンとキム・スンデ。「クールにアンコールなしで終わりましょう!と言っていたんですが…(笑)。本当に最後の曲です」(イ・ゴンミョン)と、『ギャンブラー』の「ゴールデン・キー」を圧倒的な歌唱力で披露し、ステージの幕は降りた。

<昼公演セットリスト>

1部

M-1 opening 世界の王(ロミオとジュリエット)(イ・ゴンミョン キム・スンデ)

M-2 二人が始めて共演した作品 /どうやって伝えよう(ロミオとジュリエット)(イ・ゴンミョン)

M-3 二人が始めて共演した作品 / 僕は怖い(ロミオとジュリエット)  (キム・スンデ)

M-4 お互いの初印象 /憎らしい人 (イ・ゴンミョン)

M-5 お互いの初印象 /シャバンシャバン(キム・スンデ)

M-6 二人の絆/Run,Freedom,Run(ユーリンタウン)(イ・ゴンミョン キム・スンデ)

M-7 お互いの作品の中でこれはやってみたい/地獄に堕ちろ (モンテクリスト伯)(イ・ゴンミョン)

M-8 お互いの作品の中でこれはやってみたいI Can’trecall(二都物語)(キム・スンデ)

M-9 これは負けない/Anthem(チェス)(イ・ゴンミョン)

M-10 これは負けない/The origin of love (ヘドウィグ) (キム・スンデ)

M-11新しい姿・挑戦/ 風とともに (ジャック・ザ・リッパー)(イ・ゴンミョン)

M-12 新しい姿・挑戦/ 悪の交響曲(ロックオペラモーツァルト) (キム・スンデ)

M-13 新しい姿・挑戦/ 蕾(イ・ゴンミョン キム・スンデ)

M-14 ENDING/闇が広がる(エリザベート)(イ・ゴンミョン キム・スンデ)

M-15 アンコール/ゴールデンキー(ギャンブラー)(イ・ゴンミョン キム・スンデ)

 

 

関連記事


Page Up