Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

上野樹里が参加した映画『ビューティー・インサイド』の試写会が行われ、主演のハン・ヒョジュが舞台挨拶に登壇!

2016/1/15 11:50

2016.01.14 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

 

2016年1月14日、東京・ニッショーホールで映画『ビューティー・インサイド』の試写会が行われ、主演のイスを演じたハン・ヒョジュが来日しイベントに登壇した。

 180A8372-2a

 『ビューティー・インサイド』は、目覚めるたびに外見が変わってしまうウジン(パク・ソジュン)が家具店で働く女性イス(ハン・ヒョジュ)と惹かれ合っていく様子を描き、“愛の本当の姿”を考えさせてくれるファンタジーロマンス。男、女、老人、子供、外国人と姿を変える主人公のウジンを演じた123名の俳優には、パク・ソジュン、イ・ジヌク、キム・ジュヒョク、パク・シネ、イ・ボムス、ソ・ガンジュンら、そして、日本からは上野樹里も参加している。

180A8400-2a

観客の歓声と拍手に包まれながら、シンプルなネイビーのワンピースでステージに登場したハン・ヒョジュ。「皆さん、こんばんは、ハン・ヒョジュです!」と流暢な日本語で挨拶した。

映画については、「まず、とてもきれいな映画が出来上がったな、と思いました。ストーリーも映像も音楽もとっても美しく、大勢の俳優さんたちが出演されていますが、とても素敵な方たちばかりで、美しい映画だという印象を持っています」と語った。

180A8535-2a

劇中で主人公のウジンは目が覚めると外見が変わってしまうという設定のため、ハン・ヒョジュの相手役がシーンごとに変わるのだが、「一つの作品で、これほど大勢の素敵な俳優さんとお会いできることは光栄なことだと思いました。こういう機会は、もう二度とないと思いましたので、大変だったという気持ちではなく、毎日新しい俳優さんを迎える、という気持ちでした。もちろん、まだぎこちないな、とかはありましたが、私にとっては全てが大切な経験になりました」と話した。続けて、「大勢の俳優さんの中で、イスとウジンとして息がピッタリあった人は?」と聞かれると、日本語で「ツライです…ホントに難しい(笑)」と茶目っ気たっぷりに困った表情を見せた後、「パク・ソジュンさんも良かったし、上野樹里さんも良かったし…皆んな良かったです(笑)」と満面の笑みで答えた。

劇中のお寿司を食べるシーンから好きな日本食の話題になると、「納豆とはちみつ梅干しと焼き魚と(大根)おろしと、とろろ…そういうのが好きです。日本の朝食が大好きです!」と意外にも素朴な日本食の好みを明かし、会場から大きな拍手が沸き起こった。

180A8512-2a

また、本作が韓国映画初出演の上野樹里との共演について聞かれると、「ぜひ一度共演してみたいと思っていたので、それが叶って嬉しかったです!そして、あらためてすごい女優さんだなと思いました。彼女はたくさんのことを準備して、ウジン役に臨んでくれました。上野さんが作ってくれたウジンというキャラクターは私や作品にもたくさんの影響を与えてくれて、とても有りがたく思っています」と話し、「撮影現場では、上野樹里さんとは日本語で話したり、上野さんは韓国語を勉強しているので韓国語で話したりもしました」とエピソードも明かした。

最後に「この映画で皆さんにご挨拶できて嬉しく思います。冬にぴったり合う映画だと思います。そして、観終わったあと、愛についてあらためて考えて頂けたら嬉しいです!」と韓国語でコメントした後、日本語で「明けましておめでとうございます。『ビューティー・インサイド』を楽しんでください!また会いましょう!ありがとうございます!」と観客に向けて笑顔でメッセージを送り、イベントは終了した。

180A8405-2a180A8369-2a

『ビューティー・インサイド』は1月22日より東京・TOHOシネマズ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国でロードショー。

 

関連記事


Page Up