Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

山崎育三郎、超新星のユナクらが出演するミュージカル『プリシラ』公開ゲネプロ!

2016/12/9 08:12

2016.12.08  取材:記事・写真/RanRan Entertainment

 

オリヴィエ賞&トニー賞 最優秀衣装デザイン賞 W受賞作、ミュージカル『プリシア』が日本初上陸!演出 宮本亜門、主演に山崎育三郎、陣内孝則、Wキャスト ユナク(超新星)、古屋敬多(Lead)で、128日(木)から1229日(木)まで東京・日生劇場にて上演される。これに先立ち、8日の初日にはゲネプロ公開が行われた。 

9j9a3806-2a

――本物の愛を探す感動の物語。

オープニングは宙づりで登場する3人のDIVAによる「オーバーチュア」でショーの幕開け。そんな華やかな舞台とは裏腹に、不運続きで仕事も私生活もダウン気味な様子のドラァグクイーンのティック(山崎育三郎)は、別居中の妻・マリオン(和音美桜)の誘いで、砂漠の真ん中にある街、アリス・スプリングスで開かれるカジノでパフォーマンスをしようと決断する。せっかくだからと、2人の“仲間”を道連れに、1台のバス「プリシラ号」をチャーターし、砂漠を縦断する旅へ出ることに…。

9j9a3832-2a9j9a3869-2a9j9a3985-2a

悩めるドラァグクイーンのティック(芸名:ミッチ)を山崎育三郎が見事に演じ、夫を亡くしたばかりで沈んでいるトランスジェンダーのバーナデット役を陣内孝則、若くて美しいが生意気なアダム(芸名:フェリシア)役をユナク/古屋敬多が好演。山崎の表現力豊かな歌声はもちろんのこと、ゲネプロではユナクが魅せたアダムのセクシーダンスや次第に強まっていく3人の絆も見どころ。

9j9a3917-2a9j9a3944-2a

さらに、旅の途中で繰り広げられる珍道中をマドンナ、ドナ・サマーなど往年のディスコ・ヒッツにのせ、キラキラ輝くゴージャスでファビュラスな世界を展開。宙づりのDIVA&アンサンブルの素晴らしい歌声や懐かしいナンバーのオンパレードには、思わず膝でリズムを刻みだしてしまうほどだ。ドラァグクイーンの笑いあり涙ありの人生と、豪華絢爛な衣裳で歌って踊るエンターテイメント満載な舞台に心奪われること間違いなしだろう。

9j9a4036-2a9j9a4104-2a9j9a4117-2a

<ストーリー>

舞台はオーストラリア。

シドニーに住むドラァグクイーンのティック(芸名:ミッチ)(山崎育三郎)は、最近何だか不運続きで仕事も私生活もダウン気味。

そんなとき、別居中の妻・マリオン(和音美桜)の誘いで、砂漠の真ん中にある街、アリス・スプリングスで開かれるカジノでパフォーマンスをすることに。

せっかくだからと、2人の仲間―夫を亡くしたばかりで沈んでいるトランスジェンダーのバーナデット(陣内孝則)と、若くて美しいが生意気なアダム(芸名:フェリシア)(ユナク/古屋敬多)を道連れに、1台のバス「プリシラ号」をチャーターし、砂漠を縦断する旅に出ることにした。

道中、ティックは2人に、目的地で妻子が待っていることを告白する。

ティックにとって、自分の存在を知りながらまだ会ったことのない息子・ベンジーと対面することは、とても大きな決断であった―。

9j9a4286-2a

ミュージカル『プリシラ』

演出:    宮本亜門

<出演>
ティック(ミッチ):山崎育三郎
アダム(フェリシア)※Wキャスト:ユナク(超新星)/古屋敬多(Lead
バーナデット:陣内孝則  他


2016128日(木)~1229日(木)
日生劇場
ホームページ  http://www.tohostage.com/priscilla/


 

 

 

 

 

 

関連記事


Page Up